絵本作家のへらり旅最終日「イギリス・ロンドン→アイルランド・ゴールウェイ」

へらり旅最終日が一番混沌としてました。

くうーーー!

それでは最終日の振り返りです、どうぞ!

 

 

前回までの記事はこちら

絵本作家のへらり旅1日目「アイルランド→エストニア」

絵本作家のへらり旅2日目「エストニア・タリン」

絵本作家のへらり旅3日目「エストニア→ラトビア・リガ」

絵本作家のへらり旅4日目「ラトビア・リガ→リトアニア・ヴィリニュス」

絵本作家のへらり旅5日目「リトアニア・ヴィリニュス」

絵本作家のへらり旅6日目「リトアニア・ヴィリニュスその2」

絵本作家のへらり旅7日目「リトアニア・ヴィリニュスその3」

絵本作家のへらり旅8日目「ポーランド・ワルシャワ」

絵本作家のへらり旅9日目「ポーランド・ワルシャワ→イギリス・ロンドン」

 

 

8時目覚ましの音で起床。

お風呂に入ったり、準備。

昨日選択したパンツはうすら湿っていましたが、

昨日はいたパンツ<<<<<<<<湿ったパンツ

なので、お尻の熱で乾かしながら履きました。

 

今日も朝まで爆睡でしたよ。

この快適さで、無料なのほんとありがたい。

ほんの少しのお礼として、定番の折り紙渡した。

鶴折るの慣れたし、一見複雑なので喜ばれるありがたい伝統文化。ORIGAMI。

 

 

そしてここから怒涛の予定変更連発しました。

昨日の夜の時点では朝から自然史博物館(ナイトミュージアムのところ)に行くプランでした。

 

あかんやん、市内から空港からまで1時間以上かかるやん。

自然史博物館から空港に行くのバス停まで結構かかるやん。

開館と同時に行っても1時間ほどしか見れへんやん。

ほんで飛行機のバウチャーを印刷しなあかんし、

その場所を探さなあかんやん。

 

ということで、まず1回目の予定変更。

自然史博物館をやめる。

その代わりにパディントン駅に行こう。

 

 

カウチさんに、「自然史博物館やめた」というと、

近くのショッピング街まで車で送っていくから、一緒にコーヒーでも飲む?という案ももらったぞ。

パディントン駅を目指すために、すぐ断ったぞ。

 

 

パディントン駅からバス停まで歩いて30分もあればつくし、

近くに公園もあるからゆっくり散歩でもしよか。

ネット情報だと、印刷屋さんは結構ありそうだし、大丈夫やろ。

いや、そういえば、自然史博物館の前後どっちかで

会おうぜ~的な友達がおったな。

自然史博物館に行かんのならその人に連絡したほうがええか……。

 

 

9時20分ごろにカウチさんとお別れして、

そこから市内へ行くバスまでにロンドン在住の友達に電話してみる。

Theロンドンハウスを見ながら電話。

 

友達と言っても、以前ダブリンに行ったときにパブで話しかけてきてくれた人なんよな。

人が好さそうだったので、トイレ帰りに連絡先だけ交換した5分くらいだけ話した人なんよな(仮名:5分さん)

 

5分さんとも前日から、会う?どこで?どうする?みたいな話をしたあげく、

「自然史博物館行くからその前後に会おうぜ」

「あ、ごめんその後すぐバスに乗らなあかんからやっぱり無理くさい」

と予定変更しまくってました。

それなのに、朝から電話。

 

で、結局。

私のバスが11時ごろにトラファルガー広場へ着くので、

5分さんとその時間にトラファルガー広場で会おうぜとなる。