【海外の常識】意外と知らない、知らないと困るチップの習慣 No.18

こんにちは!Yukiです。

 

 

 

お陰様で7月のブログランキング

 

 

 

第3位でした!!!!!

 

 

本当にありがとうございます。

 

今月もブログ更新頑張っていきます!

 

 

ぜひ読んでくださいね!お願いします

 

 

そして僕のブログを読んで海外に興味をもってもらえたり、

 

 

僕のように留学に行ったことがないけど行ってみたいな

 

 

行ってみようかなって人が一人でも増えて世界に飛び立つ人が日本からたくさん増えていけばいいなって思ってます!

 

 

人生一度きりです!

 

 

思いっきりやりたいことを思う存分やりましょう!

 

 

やりたいことを必死に我慢するんじゃなくて

 

 

やりたいことをやれるように必死になった方が日々の人生も充実しますよ!

 

 

 

 

 

海外に行ったことある方は何度も感じたことあるかとおもいますが、

 

 

日本と海外は違います!

 

 

前回記事で似ているって話したのですが、、、

【イギリス留学】英国と日本って似ていた!? No.17

 

 

もちろん似ているところもあります。

 

 

 

基本的には習慣や文化はもちろん常識は国ごとで大きく違い、

 

 

その国に行く際は現地の常識に合わせるのが普通です。

 

 

 

たとえば、日本に外国人が旅行しに来て国際運転免許証を提示してレンタカーを借りたとします。

 

 

その外国人の国では右車線を走るのが常識だったとしても日本ではその常識は通用しませんよね?

 

 

日本に来たからには日本の常識に合わせるのが普通で、

 

 

自分が他の国に行く際はその国の常識をしっかりと知る必要があるのです!

 

 

そこで今回は日本では全く馴染みのない海外での常識を1つピックアップしました!

 

 

チップについてです!

 

 

聞いたことある人は多いはず!

 

 

 

大学4年の時1か月間アメリカに行った際に教えてもらったことを実体験をもとに紹介します!

 

 

 

チップとは?_____________

 

スタッフのサービスに対して支払うお金のこと

 

 

日本でいうサービス料的なものに当たると思います。

 

 

日本ではもともとサービス料込の金額が提示されていますね。

 

 

 

追加で支払う手間は一切ありません。

 

 

チップの文化のある国ではスタッフもチップのために頑張ったりもするそうです!

 

 

日本にいたら体験できない文化、常識ですね。

 

 

 

サービスの質によって支払うチップの金額が変わったりもするようです。

 

 

チップに対するQ&Aしっかり覚えておきましょう!

 

知らないと失礼だったり、損をしたりしないようにしてくださいね!

 

☞NEXT PAGE☜