マルタの歴史①②ー独立そして現在ー【Tales of Letters】

マルタの歴史もなんと12回目!

本日は最終回です。

最終回の時代はもちろん
現代のマルタ

独立の歴史から現在まで(1950年―)を
見てゆきます。

 

第二次世界大戦では
一度も降伏することなく活躍したマルタ。

しかし、戦時後
イギリスにとっての地中海の要所としての
マルタは価値は下がってきていました。

マルタは戦後、自治政府の復活とともに
この後イギリスへと入るか、独立するか議論がなされます。
結果、独立の道をたどることとしたマルタは
イギリスに対し、独立の主張をします。
1964年マルタは10年間の防衛と財政協力をもって
独立が認められました。

 

1964年9月マルタは主権と独立をもった
イギリス連邦の国家となります。
1974年には憲法の変更
マルタはイギリス連邦内で共和国を宣言しました。
1979年にはマルタのイギリス軍が完全撤退
イギリスからの完全独立が果たされます。

その後、このマルタは観光業に力をいれていきます。
2004年にはヨーロッパ連合の加盟国に
今でもヨーロッパの中でも人気の高い観光地です。

 

約7000年間の歴史を持つマルタ
これまで12回に渡って見てきたように
様々な文化が入れ替わりマルタの地に入り、
独特の美しい文化を作り上げてきました。

 

9月からゆくマルタはこんな国。
皆さんも今すぐ航空券を探してみてはいかがでしょうか?

 

それでは!また!
最後まで一緒に歴史を追ってくださり
本当にありがとうございました💗

 

Miku

 

前の記事

 

(*今回のマルタの歴史シリーズをもって、ページ繋ぎを

終了させて頂きます。

直接私のページから選んで頂いた方がアイキャッチ画像も

確認でき、見やすいというのが理由です。

私のページからは全ての過去のブログに飛べますので

ご安心ください✨)