マルタの歴史⑦ーマルタ騎士団ー【Tales of Letters】

マルタの歴史第7回!

 

今回の時代は前回に続き
栄光の騎士団時代(1500年-1800年)

いよいよマルタ騎士団です!

 

1530年マルタに入った騎士団は
現在のスリーシティーズを拠点にします。
聖アンジェロ砦を建て
海に面する部分をすべて城壁で固めました。

 

その後マルタはオスマン帝国から
大規模な侵攻にマルタは見舞われます。
圧倒的な戦力差のためにオスマン帝国の圧勝かと思われます。
マルタ騎士団はすぐに西欧諸国に援軍の要求
しかし援軍が到達するまで耐え抜けとの回答でした。

 

当時のオスマン帝国は現在のヴァレッタにある
エルモ砦の陥落に力をいれました。
エルモ砦陥落後もマルタ騎士団と
マルタの住民達は必死の抵抗を続けたと言います。

その結果、シチリアより多くの軍勢が援軍に到着
オスマン帝国の艦隊を打ち破ることに成功したのです。

これこそが有名なマルタ包囲戦です。

 

マルタの包囲戦後、オスマン帝国のさらなる攻撃に備え
1566年に新たな城塞都市の建設が決定されます。
それが今の城塞都市ヴァレッタとなります。
建設には奴隷8000人と12歳から60歳の
マルタ人が関わったと言われています。

このヴァレッタという名はマルタ包囲戦を
勝ち抜いた当時の騎士団長
ジャン・パリゾ・ド・ラ・ヴァレットに由来します。

マルタ騎士団はこのヴァレッタを中心に
今に残る様々な重要な建築物を建造していきます。
1573年には聖ヨハネ大聖堂が完成
1592年はイエスズ会の神学校
後のマルタ大学が建設されました。

 

同年1592年にマルタ騎士団は
エルサレム時代の経験を生かしヴァレッタの海沿いに
騎士団施療院を建設、当時のペスト患者の治療に当たります。

 

マルタ騎士団は騎士修道会として
キリスト教以外の宗教は認めていませんでした。
このマルタ島にユダヤ教の商人が多くやってくる
こともありましたが
一切キリスト教以外は認めなかったと言われています。
逆にこのマルタ騎士団は戒律として
キリスト教徒への攻撃も禁止されていたそうです。

 

しかしこのマルタ騎士団による統治も
1789年フランスのナポレオンの台頭で終焉を迎えます。

 

今回はここまで!
マルタ騎士団の活躍を皆さんにご紹介しました💗

 

Miku

 

前の記事

次の記事