ハリケーン Lane Part2

 

Part1はこちらから

ハリケーン Lane Part1

 

 

 

 

 

 

 

時系列の続きをして行きます。

 

 

【木曜日】

・ハリケースはそこまでオアフ島に接近していなかったので、この日は学校がありました。少し風が吹いていましたが、そんなに強い風ではなく少し木が揺れる程度でした。パブリックスクールとプライベートは違うんだなと思いました。パブリックの学校・大学は全て休校でした。

・オアフ島の全ての市営バスが夕方から運休になりました。なのでバス通学している人は帰れなくなっちゃうので、パブリックスクールが中止だったっていう事もあります。

・いくつかの高速道路も通行止になりました。

・学校の友達も数人ホテルに滞在したり友達の家に避難していたりしていました。

 

・私は午前中学校に行って午後からムールメイトと合流しました。

・近くのスーパーでホテルに持っていく食材を買いに行きました。非常食も兼ねて

もちろんビールもしっかり買いました(笑)!

 

 

ハワイに来る人は誰でも知っているアラモアナショピングセンターもこの日は16時で閉まってしました。

もうすでにお昼過ぎには何店舗か閉まっていました。

アラモアナショピングセンターが閉まるなんてビックリです!

 

食材を買ってホテルへ向かいました。

このホテルはアラモアナセンターの近くにあり徒歩圏内でスーパーがあり、尚且つ山からも海からもある程度距離がある場所でした。

そんなに値段も高くなく、安心しました。

 

この日から2泊ホテルに滞在しました。

 

 

【金曜日】

・夜中は風が少し強く吹いており、窓の隙間風から音が少し聞こえる程度でよく寝れました。

・朝起きてテレビをつけたらBig Islandは既にハリケーンの被害を受けていて深刻な状況でした。

川が増水し、ショッピングセンターが水浸しになっている状況でした。

・ハリケーン自体の威力は少しずつは弱まってきていたけど、逆にスピードが遅くなってしまい被害が拡大していました。

・この頃はまだ、オアフ島にはハリケーンが来ていなくてこれからオアフ島に向かって来るという状況でした。

・実際にオアフ島のある地域では停電が起こっていました。私が滞在していたアラモアナセンター周辺は大丈夫でした。

なのでムールメイトと近くのスーパーに買い物に行きましたがほとんどのお店がしまっていました。

・アラモアナショッピングセンターも閉まっていました。

・ガッツのあるお店が数件やっている状況でした。

・スーパーはこんな状況で食べ物がまばらな状況でした。

缶詰、パン、インスタントカップラーメンなど即席で食べることが出来るものは大抵ストックがなくなっていました。

私たちもパンやスナックを少し調達してホテルに戻りました。

 

ホテルではずっとニュースを見たり、ゴロゴロしたり昼寝したりと缶詰状態でした。

ハリケーンの威力は落ちてカテゴリー1、2とかまで落ち着いていました。

夕方になるとこれからハリケースが来るなんて思えないくらい静かな夕日でとても綺麗でした。

 

 

ちなみにハリケーンになると家にいて外に出られないので、こっちの人は大体大量にビールやスナックを買い込み家でパーティーをします。

その時に食べるハリケーンポップコーンと飲み物があります。

(友達が食べてて写真を送ってくれました)

 

普通のポップコーンとは違って遊び心があるポップコーンです。

やっぱりアメリカはハリケーンの時も明るいですね。スーパーに売ってて私たちも買おうとしましたが、$12もしたので辞めました。

ホテルに帰って大人しく寝ました。

 

 

【土曜日】

・朝起きてテレビをつけたらハリケーンが熱帯低気圧に変わっており、進路もオアフ島とは別の方面へ進路を変更していました。

予定通り、ホテルをチェックアウトして家に帰りました。

ハリケーンの影響で少し風は残っていましたが、雨も降ることなくいつもと変らない状況でした。

・バスも土曜日から全線で復旧しました。

・私たちは荷物が多くてUberで帰りました。

でも何も大きな被害が本当に安心しています。

 

 

 

もちろん日本で台風があったらそれに備えますが、ハリケーンは初めてだったのでどれくらいの対策をしたらいいのか分からず、不安との戦いでしたがルームメイトが助けてくれたので本当に安心しました。

 

でもまた一ついい経験ができました。