イギリス生活で気をつけること!【交通機関編】

 

 

 

こんにちは!アキナです。

 

 

前回、イギリス生活で気をつけること【お金編】

を更新しましたが今回は交通機関について

更新していきたいと思います。

 

 

前回の記事はこちら

https://ryugaku-gear.com/2018/08/akina-endo/61688

 

 

 

 

1.ストライキに注意!

 

日本では経験したことがないのですが

ロンドンだと割と頻繁に起こるのが

tubeのストライキ。。

 

 

これが原因で待ち合わせに遅れてしまうこともしばしば。

 

 

なので重要な待ち合わせなどは

事前に交通状況を調べて確認してから

ルートを決めるようにしています。

 

 

しかし、そこまで急いでいないならば

近くにバス停があると思うので

バスのルートに変更すれば大丈夫です!

 

 

ただtubeに乗れなかった人で混んでいると思うので

到着はいつもより遅れてしまう可能性が高いです。

 

 

それかロンドンのundergroundであれば

一駅一駅が近い為、歩いていくことができます。

 

 

なので近い駅まで歩いてそこから乗る事もできます!

 

 

 

私の友達で、電車の影響で

日本行きの飛行機を逃してしまった人もいるので

 

日本にいる時以上に

余裕を持った行動が大事です。

 

 

 

 

 

2.バスの行き先には常に注意!

 

 

目的地までバスを使う際、

自分が乗りたいバスに乗っても安心してはいけません!

 

 

なぜかというと、

 

途中でルートや終点が変わることがあるからです!!笑

 

 

日本では考えられないですよね??

 

 

 

朝学校に行くときに変更した事は今までないのですが、

学校帰りや夜は1.2回あるので注意です。

 

 

 

友達と夕食を食べてあとは帰るだけだ~

 

 

と気が緩みがちですが、

 

 

家に帰るまで気をつけてくださいね!!

 

 

 

くれぐれもバスの中で寝ないように!!

 

突然のルート変更に起きたらどこかわからない!

という事もあるので必ず確認しながら乗りましょう。

 

 

 

ちなみに、寝ている間に携帯を取られた人もいます。。

 

なので日本の感覚で交通機関を使わないように!

 

 

そして夜遅い場合は

出来るだけ運転手の近くに乗りましょう。

 

 

特に週末は酔っ払いもいるので

巻き込まれないようにしてください。

 

 

 

もし、バスで違うルートへ向かってしまった場合は

焦らずにバス停で降りたら、バス停にあるマップで

確認して違うバスに乗りましょう。

 

 

 

もう一つ注意点なのですが、

ロンドンのバスは乗るときに手を横に出して

運転手に合図をします。

 

 

最初わからず、そのまま立っていると

明らかに待っていて運転手と目が合っていたのに

普通にスルーされました。笑

 

 

なのではっきりと合図をするのを忘れずに。

 

 

 

 

 

3.乗り越し厳禁!

 

 

これは以前にも記事に書いたと思うのですが

大事なのでもう一度。

 

 

日本の電車に慣れていると

非接触ID(Suicaや PASMO)に

お金が少ないだろうな~と思ってても

 

ついた駅で、足りない分を払えばいいや!

 

と急いでいるときは特に、乗り越し精算をしていました。

 

 

 

しかし、ロンドンの場合

少しでも足りなかったら罰金として

80ポンド払わなければなりません。

 

 

 

なので急いでいても、チャージ(Top up)

は必ず忘れないようにしましょう。

 

 

またバスも現金が使えなく、

オイスターカードになるので

バスを使用する際も駅でチャージしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上。

 

 

ロンドンの交通機関についての注意点でした(^^)/