ロンドン生活で気をつけること【お金編】

 

 

 

 

 

こんにちは!アキナです。

 

 

 

 

以前盗難にあった際に、

盗難についての記事を書きましたが

 

 

今回は、盗難以外でイギリスで気をつけることを

更新していきたいと思います!

 

 

携帯盗難についての記事はこちら

https://ryugaku-gear.com/2018/07/akina-endo/56834)

 

 

 

1.ぼったくり

 

これは日本から友達が来ていだ時の事なのですが、

タバコを吸う友達だったのでタバコ買おうと思ったら

 

値段が約日本の3倍だったので巻きタバコにすることに!

 

 

そこで近くで巻きタバコの紙を帰る場所を探しました。

 

 

 

観光地をまわっていたので

周りには沢山のお土産屋さんがあって

そこにその紙も売っていました。

 

 

 

店員さんに値段をきくと 

 

“30ポンド”

 

 

 

、、、。なわけない。笑

 

 

 

違うところに行こう!と帰ろうとすると

 

 

3ポンドならどう??

 

 

といってきました。

 

 

 

どうなったら10倍になるの?と

怒りを通り越して笑えてきました。

 

 

こんな馬鹿にされて

たとえ1ポンドでも買いたくないと思い違う店へ。

 

 

 

 

このようにアジア人や、観光客は

ぼったくられる確率が高いので

 

お土産屋さんなど、値段が書いていないところは

要注意です!

 

 

一度疑ってみて、高いと思ったら

他も見てみることをお勧めします。

 

 

お土産ならまだしも、お菓子やジュースなど

スーパーにある物ならスーパーで買った方が安心です。

 

 

 

 

 

 

2.ATMに注意!!

 

 

留学最初にびっくりしたのがATMがほとんど外にあること。

 

 

日本だと銀行の中や、ショッピングセンター、

コンビニなどの中にあり

外でおろすことはほぼほぼ無いイメージですが

 

 

ロンドンは外にあることがほとんどです。

 

 

一人だとお金を下ろすのが怖いので

私は出来るだけおろさないように

普段はカードを使うか、

 

友達と一緒にいる時のみおろすようにしています。

 

 

 

 

なぜそんなに警戒しているかというと

 

・単純におろしたあと現金を奪われるかもしれない

 

・暗証番号を見られていて、カードを奪われるかもしれない

 

・スキミングされていてあとから引き落されるかもしれない

 

からです!!

 

 

 

 

1.2つめは、常に周りを警戒し、

 

おろすATMの場所も人が並んでいるところや、

外にお店の人が立っていたりするところを

選ぶよう予防しています。

 

 

 

そして、暗証番号を入力する時は

必ず手で隠して入力するようにしましょう。

 

 

お店などでカードで買う際も

必ず手で隠して入力します!!!

 

 

そしておろしたあとはすぐに現金や財布はしまって、

周りを確認してすぐに立ち去るようにしています。

 

 

3つめのスキミングは

クラスメートでも2.3人被害に遭っている被害なのですが、

 

お金を下ろす際、

カードを挿入する所にスキミングの機械がつけられていて

暗証番号もハッキングなどによって

手で隠していてもバレていて

数日後に10万円前後(1日の限度額?)

おろされてしまっていたようです。

 

 

これはもう防ぐのが難しくて、

先生に予防法をきくとカードを挿入する所を

引っ張ってみて取れないかを確認するといいみたいです。

 

 

それでも新しい方法でつけられる可能性もあるので

確実ではありません。。

 

 

 

なのでロンドンの人は

リボルートやモンゾーといったカードを使っていて

アプリで簡単に自分の口座から

送金(チャージみたいなイメージ)して

コンタクトレスで使っている人が増えてきています。

 

 

なるべく現金を使わず会計も素早く終わる。

 

 

かなりキャッシュレス化が進んできていて

カードじゃなきゃ支払えなかったりする場所もあります。

 

 

オイスターカード(日本でいうsuicaやpasmo)

としても使えるので、めちゃめちゃ便利です!!

 

 

そして、友達間の送金もアプリで簡単にできるので

友達は割り勘などをしてお金を返すのも

アプリでやっていました!

 

 

このカードは短期留学生でも

簡単に作ることができるのでおススメです!!

 

 

 

それともう一つ。

 

 

ATMでおろしたら、メールで通知を来るようにしておくこと。

 

 

私の友達がスキミング被害にあったときは

バイト中におろされた通知がきて

スキミングされたことに気付いたそうです。

 

 

 

なのですぐに銀行に連絡をし、カードを止めることができたみたいなのですが

 

 

他の友達は、

次にクレジットを使ったときに使えなかった

銀行でおろそうとしたら残高がかなり減っていた

と、数日後に気付いたようで

何日間に渡って引き下ろされていたようです。

 

 

なので1日におろせる限度額の設定やメールでの通知設定は

海外にいる間だけでもよく考えて設定してください!

 

 

スキミングの予防にはならないかもですが

被害が大きくならないための予防にはなるかと思います。

 

 

 

そしてもしスキミングにあった際は警察に行き、

カード会社に連絡をすると

戻って来るみたいなのですが

 

 

友達曰く、調査が難しい問題なので

数ヶ月はかかってしまうようです。

 

 

ワーキングホリデーなどできている方は

毎月の給料でその間の期間も何とかなるかもしれませんが

 

 

私のような語学留学のみの場合(しかもお金もやっと貯めて留学してきたので。。)

 

 

一気に20万円くらい無くなったらと思うと

考えていたプランが崩れて

数ヶ月後に返ってくるとはいっても

誰かに助けを求めなければ

生活していくことができません。。泣

 

 

 

そうならない為にも予防をしっかりして

楽しい留学にしましょう!!!

 

 

では~!!