[KIMIKADOOR] 9代目フィリピンOneがOneになるまで!②

Hi! 9代目フィリピンOneのきみちゃんです🇵🇭

前回に引き続き、3次Skype面接以降の話を書いていきたいと思います!!

 

前回はプロモーションを考えておくように!というところで終わったんですが

その約1週間後、今度は面接官の高野さんから合格の連絡が来て

同時に、3次Skype面接の日程調整に入りました!

 

実はこの辺から新学期に入ってしまって、なかなか時間がとれない。

そこで僕は真昼間に所属しているサッカー部の部室で、一人で面接を受けました⚽笑

携帯さえあれば面接ができる!

これがOne projectのいいところだと思います!!

 

それで僕はプロモーションについて色々と話をしました。

実は3月は1ヶ月間ドイツでドイツ語を勉強していたんですけど

その時にInstagramで1日1ストーリーを自分自身に義務付けて

自撮りでドイツでの生活を友達に届けていました。

 

そんな経験や、今までの国際交流の経験、また、その報告会等の経験から

僕はそういうことが得意で、PRに適しているというアピールを行いました。

 

その甲斐あってか、無事に合格。

藤岡代表との最終Skype面接に挑みました。

このページを見てください、皆さん。

 

面接の前にこのページを読んでしまって、藤岡さんが怖そう。。。

というイメージを持ってしまって、すごく萎縮していたのを今でも覚えています笑

 

そして最初の質問は、

 

1億円あったら何に使いますか?

 

更に、

 

あと1週間で死ぬと言われたら何をしますか?

 

怖い。笑

 

なんの対策もできないこの質問。

でも僕は世界を見たいという強い欲望があったので

これらの質問にもなんとか答えることができました。

 

そんなこんなで最終面接を終え、数日後に渡航時期や条件などの最終確認のために再度Skype面接。

最後に追加で、自分はどんなプロモーションができるのかを記入した

プロモーションシートの提出を経て、見事、9代目フィリピンOneになることができました☺

 

何事も挑戦してみるものだなと思います。

僕がもしこのプロジェクトに参加していなかったら、きっと9月はドイツでドイツ語を勉強していただろうし

フィリピンで英語を学んでいるなんて思ってもみませんでした。

でも一歩を踏み出したからこそOneになることができました。

選考の途中で徳井さんや高野さん、藤岡さんと話を進めていく中で

自分の思いを整理できて、夢も具体的なものになりました。

応募するだけで自分自身の成長に繋がるOne project。

是非皆さんも11代目のOneを目指して頑張ってください!

 

 

ここで最後に、いつも僕のブログを楽しみにしてくれている友達を紹介しようと思います。

彼は高専サッカー部の同級生で、サッカー部では主人と犬の関係でした笑

本科を卒業後に琉球大学へ編入し、今はエイサーに明け暮れています😆

今でも自称ファンクラブを名乗って、更新はまだかと僕を急かして来ます😩

でも楽しみにしてくれる人がいるというのは嬉しいことですよね!

そんな彼の期待を裏切らないようにこれからも頑張りたいと思います!!

皆さんも応援宜しくお願いします🙇‍♂️

 

どなたでもSNSフォローしてください😉

質問やコメントもお待ちしてます☺

Twitter

Facebook

Instagram

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考