カナダ留学

My mind〜わたしの考え方

自己紹介の投稿をしてから随分と時間が経ってしまいました。
今回も自己紹介の延長で、わたしの考え方について勝手にご紹介したいと思います!!

というのも時々「わたしって変わってるかも」と思うことがありまして、悪く言うと社会不適合者でしょうか…
でも、だからこそ見れた景色が沢山あって、こんな考え方の人もいるんだ…って感じで読んでいただけたら嬉しいです。

「いつか」はいつまでもやってこない

元々わたしはとても真面目で、学生時代は成績でオール5を取るような典型的な優等生でした。社会人になってからも毎日仕事仕事、休みの日も仕事するような忙しい毎日を送っていました。あるとき夜ベットに入ったときに、「いつか行こうって思ってる所っていつ行けるんだろう」という言葉がふと頭に浮かんできました。
ちょうどテレビで名前も知らないようなヨーロッパの小さな街の特集を見た後でした。
元々海外にすごく惹かれていて「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」系の本をたまに見てはいつか行きたいなぁ…と思う日々。
でも実際には、ブライダル業界で働いていたわたしはとても多忙で、お客さんを担当している以上長期休暇を取るのは難しく、海外なんてもってのほか。

やることが多すぎて、書かないと管理できないくらい忙しかったです。
もしこのまま仕事を続けて結婚して子供を産んで…思ってるいるよりも時間はないし、気づいたらおばあちゃんになって、もっと若いときに色々行っておけばよかったと嘆くのではないかと思ったのです。

少し大げさですが、いつでも行けると思っているところってなかなか行く機会がないと行かなかったりしませんか?
東京の人が一度も東京タワーに登ったことがなかったり、わたしも仕事で原宿に勤務していて、行きたかったオシャレなカフェなど仕事帰りに寄ろうとか思っていましたが、行くことなく通勤定期が切れ、結局行かずじまいでした。

 

自分で行動を起こさないと、いつかはやってこない。
いつでも行けると思っていても、突然状況が変わるかもしれない。
わたしはこのままでいいのかなという思いが強くなり、すぐにとはいきませんでしたが会社を退職し、思い切って世界一周の旅に出ました。

誰もがいつか行きたいな、いつかやりたいなって思ってることってあると思いますが、わたしは思ってるだけじゃなくて行動に起こしてしまいます。
ちょっと前もラプンツェルのランタンが上がるシーンのモデルになった、タイのコムローイ祭りにどうしても行きたくて、行ってきました。


周りの人に「すごいねー」とか言われたりしますが、全然すごくないです。

大抵の人は「仕事が…」とか「お金が…」とできない理由を並べると思います。
これが普通なのかもしれませんが、わたしはできない理由じゃなくて、できるように解決策を無意識に考えています。時間とお金を作ればいい、難しいことではありません。

価値観は人それぞれですが、本当に行きたいところややりたいことがあるなら、絶対に行動した方がいい!!
仕事ばかりしてきて、お金はあるけど後悔をしている人を沢山みてきたので、強くそう思っています。

 

働き方は自由に!!

以前は会社に就職して週休2〜1日で決められた時間に通勤していました。
でも今は少し特殊な仕事で、休みが取りやすく、時間も比較的自由なので、海外にも気軽に行けるようになりました。

他にも小さいですが稼ぎ口をいくつか持っています。
自由ということは逆に安定性には欠けていますが、やり方次第では会社員時代よりも稼ぐこともできます。
会社員のように保証も何もないけれど、もしこの仕事を失ったとしても他の仕事にすぐに就くことができる自信があります。

わたしの場合は高学歴でも特別なスキルがあるわけでもありませんが、今まで作ってきた人脈と、色々な仕事をしてきた経験から、仕事を失うことへの心配はありません。
この気持ちが自由に働く原動力になっています。
今の時代、正直大企業でも先がわからないことが多くあります。
こんなスタイルが新しい働き方になっていくのではないかと思っています。

 

他にも、満員電車はできるだけ避ける、テレビは基本観ないなど…ちょっと日本の社会とはズレてるかなと思うことがありますが、正直気にしていません。

このような考え方を元に今の自分があり、頻繁に海外に行ったり、留学したりしています。

もしこのブログを読んでくださっている人で留学を迷ってる方がいらっしゃいましたら、ぜひチャレンジしてほしい!!と声を大にして伝えたいと思います。

長々と書いてしまいましたが、お読みいただきありがとうございました!!

Nanae

 

 


Nanae

投稿者の記事一覧

元バレエダンサー。
世界を見たくてピースボートの船に乗って世界一周しました。
世界に出て英語の大切さを改めて実感し、セブ島に短期留学。今度はカナダへの留学に向けて準備奮闘中です!!

関連記事

  1. 25. バンフとキャンモア、バス移動。
  2. 世界に賢く飛び立とう!No.15
  3. セブ留学 AYAKA☺︎ 〜分からない単語の調べ方〜
  4. 【永久保存版】One Project選考①
  5. 新居は○○なお家
  6. 留学費タダ!?One project~5代目フィリピンOneに選…
  7. ◆カナダで世界中の医療者と医療英語を学ぶ◆
  8. 行くぞカナダ

ランダム 運命の10記事

イギリス人から見た日本人って!?No.29

こんにちは~Yukiです!10月はじまりました!!…

〜あなたならどうする?〜 肌の色で何が決まる!???

みなさん、こんにちは。もう7月ですね。ジメジメしてて…

アイルランド SEDA college 授業紹介!

どもKoheiです。今月は色々とあり…

アイルランド留学中のヨーロッパ旅行計画

こんにちは!もう、クリスマスですね!大好きなクリスマス♡なぜ、温かくて幸せで…

ナースのギリホリ留学 〜リングオブケリーpart 2〜

こんにちは!やりたいことがありすぎるのと、体力がなさすぎるのでバランスが取れないMihoです!!…

世界一周体験記〜SIMカード買うの思っていたより簡単過ぎた〜

こんにちは!Tomで…

ヲタクOne(40)セブパシフィック航空【現場の声】荷物制限の実状とWeb Check-inは絶対絶対絶対絶対絶対

キーボード「O」の隙間に、アリさん入ってった。どうも…

Hawaii32日目ライオンコーヒーの工場見学ツアーへ~ShiiのHyggelog*~

moi、こんにちは。携帯が壊れてしまってちょっと(大分)ショックです。。不便!&nb…

眉毛は明るい茶色の粉末-ボルネオ・スタディ・ツアー⑤-医学生SuzuBLOG㉕

こんにちは!Suzuです!Suzuの自己紹介へ☞間が空いてしまいましたが、長く連載し…

イギリスでの食事事情。

こんにちは!アキナです&nbsp…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  2. 慶應女子の武者修行日記~留学GEARを選んだ理由~

    1月もあと半分。 ボーッと生きていると、 留学なんてあっという間で チコちゃんに怒られないように イスラエルに行く前に改めて自分の目標を振...

  3. 【永久保存版】男女別・海外の靴サイズ換算表(一覧表)

    永久保存版 海外での靴のサイズ換算表(一覧表)!!   こんにちは、はろです。 僕は、日本から靴を2足持って来ました。ブーツとスニーカ...

  4. 訪問介護士ナカダのバンクーバー生活~嫁とデート~

    嫁の話を楽しみにしてくれている方がいるので、嫁との生活を書きます。嫁とデートと言えば、スーパーに買い物に行ってご飯を作る。嫁は「どっか行きたかったら連...

  5. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Minaの自己紹...

  6. 釜山トランジット9時間!町に繰り出してみた。 〜沖縄からセブへ

    やっほーいいいいいいいい🌺 先走って語学学校入寮の4日前にセブ入り。 来て2日目の本日は、両替しに勇気だして街に繰り出したら、日本円を部屋...

  7. 慶應女子の武者修行日記~イギリスのカップル事情~

    こんにちは、青山です。 夕食はいつもホストファミリーと食べているのですが (相変わらず胃袋はがっちり掴まれているので 家に帰るのが遅くなってもご...

  8. マルタでSIMを買ったら….でびっくりーALL IS WELLー

    こんにちは!まきです\(^o^)/ 蚊に刺されて、かゆいです。いっきに10箇所やられました。     違う...

  9. アイルランド留学中!!私のお気に入りBEST5 〜カフェ編~

    みなさん♡ あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします!! 昨年はブログを読んでくださり、 ありがとうございました! ...

  10. 訪問介護士ナカダのバンクーバー生活~カルチャーショック編~

    年末年始よりバンクーバーで訪問介護士として働き始めました。日本人看護師でカナダでも免許をもっている社長の暖かいサポートを受けながら始まった訪問介護の仕...

PAGE TOP