[#ラグビー] 祝ラグビークラブチーム加入

Hi

 

<お詫びと訂正>

先日投稿いたしました記事『アイルランドの洗礼。』におきまして、誤りがございましたので訂正させていただきます。

誤:ガリガリくん

正:ガリガリ君

ご迷惑をおかけした読者の皆様、ならびに関係者各位に深くお詫び申し上げます。

2度とこのようなことが起こらぬよう、再発防止に勤めてまいりますKeitaです。

 

ということで今回は、

洗礼の儀も済んだ僕がアイリッシュにまたしても一歩近づいたお話し。

『祝ラグビークラブチーム加入』はじまりはじまり

 

 

祝・入団

この度、ラグビークラブチームの加入が決定いたしました。

ついに念願だったアイルランドでのラグビーデビューです。

 

今回は入団までの過程と練習の感じなどをざっくりお伝えしきます。

どうぞ最後までお付き合いくださいませ。

 

 

 

Suttoninas

が今回、私が所属することとなったチームの名前です。

Suttonは、おそらくアイルランドに住んだことのある人なら一度は訪れたことがあるであろう、綺麗なビーチがあることで有名な所です。

我らがSuttoniansは、そんなGood locationに本拠地を構えており、ピッチから歩いて5分でビーチにアクセスが可能です。

 

1924年創立のSuttoniansは、1st XV と呼ばれる1軍が、Leinster League というアイルランドのリーグの一つに所属しており、現在はそのリーグの中でDivision 1Bでプレイしています(このリーグには上から、Division1A, 1B, 2A, 2B, 3Aの5つが存在します)。

日本サッカーでいうJ2のチームといったような感じです。しかし、プロリーグではないので給料は貰えません。

 

1st XV以外にもSuttoniansにはシニアチームが2軍と3軍、加えてユースチーム、レディースそしてキッズの合計6チームが存在しており、それぞれ別々のリーグに所属しています。

 

23歳の私は、年齢制限が20歳のユースチームには入れないので(容姿だけ見たら、おそらくこちらの18歳くらいと同等ですが)、シニアチームに所属しています。何軍に所属できるかはまだわかりません。。

 

 

試合は9月から、練習はきつめ

チームメイトの証言によると、リーグは9月ごろから開幕し3月まで続くようです。

 

先日オフシーズンが終了し、現在は9月に向けて本格的な練習が始動しています。

内容自体は、基礎的なスキルの練習と基礎的な筋トレといった地味なものが多め。

正直なところ大学時代にやっていたものと、さほど大きな差は感じません。

 

しかし、6ヶ月のブランクと、周りの選手が自分より上手い、もしくは強いという精神的なプレッシャーから練習はきつく感じます。

特に筋トレについてはやはり皆、体が大きいだけあってとてもパワフルです。

小柄ながらパワーにもそこそこ自信のあった私ですが、現状はチーム最弱と言っていいでしょう。

 

 

加入に必要なのは飛び込む勇気だけ

加入するために簡単なトライアルのようなものもありましたが、実際は名ばかりで余程のことがない限り初心者でも落ちることはないでしょう。

というのも(あくまで僕の推測ですが)、先にも述べましたが、プロリーグではないので給料は発生しませんし、逆に会員費のようなものを月々払う必要があります(1万5千円くらい)。

そのためメンバーが増えること自体はクラブにとって有益なことで、トライアルで落とすということは考えにくい。というのが私の推測です。

 

つまり、ハードルが高いようにも見えるクラブチームへの加入は、勇気さえあれば誰でも簡単に乗り越えられるものです。

 

 

 

しかし、そびえ立つのは言語の壁

加入は誰しも簡単にできますが、チームメイトと意思疎通を図るのは容易ではありません。

メンバーの98%はアイリッシュで、アイリッシュ間の会話スピードは尋常ではないほど早く、全く理解できないこともしばしば。

 

簡単な日常会話程度なら問題なくこなせるくらいにはなってきたつもりでしたが、それは大きな間違いだと気づかされました。

僕の英語力など、所詮ネイティブが本気を出せば一捻りです。

これまでSEDAで培ってきた英語に対する自信はことごとく粉砕されました。

 

なにより痛烈に感じることは、アイリッシュはとても親切ですが、僕がただ困った顔をしていれば助けてくれるほど親切でもありません。

分からないと伝えれば彼らは助けてくれますが、分からないと伝えない限り彼らは助けてくれません。

 

助けを求め、そして再度説明してもらっても、それでもなかなか理解できないのが現状で、言語の壁の高さを再度認識している今日この頃です。

 

 

1st XVでプレーするのが今の目標

アイルランドで『ラグビーをする』というゴールを目指してしてきた私にとって、

ひとまずラグビーができる環境に身を置けたことについては大変満足しています。

 

しかし残念ながら、「アイルランドでラグビーができるだけで幸せ!もうなにもいらない!」となるほど無欲な男ではないため、

『ラグビーをする』というゴールは、新たな目標へのスタートラインに変わります。

そして次なるゴールは、

『1st XV(一軍)でプレーすること』です。

 

「体が小さいから〜」とか「言語の壁が〜」とかいろいろとできない理由を挙げるのは簡単ですが、

それでもあえて断言しましょう、9月のブログで『祝 1st XV』というブログを必ずや皆様にお届けいたしますと。

 

 

 

まとめ

・我らがSuttonians

・言語の壁は高かった

・目指すは1st XV

・『祝1st XV』を乞うご期待