Excuse me厳禁!困ったときの”必殺技”

10代目フィリピン代表のさとKです。

今回はコミュ障でもできる初対面の人に話しかけて返答のもらえる話しかけ方を紹介します!

ちなみにYouTubeで「出川イングリッシュ」と検索しても、参考になる動画がたくさんありますのでぜひ!

 

①ポイントは最初の一言!

皆さんは海外で道を聞いたり、ものを尋ねるときに何と言って声をかけますか?

多くの方が ”Excuse me?” だと思います。

今日からこれをやめましょう!

その代わり ”Hello(^^♪” と笑顔で言いましょう! 多くの場合返答があります!

そしたらすかさず、困っていることを話しましょう。

 

②2,3人のグループに声をかける。

一人でいる人よりも、複数人でいる人たちの方が相手も警戒心が薄れますので、聞いてもらいやすいです。ちょっとした現地の情報も手に入るので積極的に声をかけましょう!

 

③Can you take a picture?

このセリフはほぼ100%立ち止まってくれます!

「一緒に撮ろうよ!」と言ったら向こうも喜んでくれます。

世間話をするきっかけにもなり、聞きたいことを結構深く聞ける絶好のチャンスです。

 

いろいろな手段がありますが、日本のように「すみませ~ん」という入り方ではなく、相手と友達になるようなトーンで行ったほうが海外では自然なことも多いです。日本での自分を捨てて思いっきりはっちゃけてください(^^♪