【アイルランド留学ボリビア旅行記】恐怖体験談!ボリビアで強盗にあいました

海外に来てつくづく思うこと。

 

 

 

日本は世界的にみても治安が良い国で

平和ボケしているとまで言われています。。

 

日本では女性が1人で終電で帰ることも

多くみられると思います。

 

ですが海外に行くとなると、、

 

自分は その国で 外国人 になるのです。

 

外国人であるがために 目をつけられることもあると思います。

 

今回は本当に起きた 恐怖体験についてお話しします。

 

 

20歳の時 ボリビアに1ヶ月滞在していました。

ボリビアってどこ?というと↓

 

 

南米で、マチュピチュで有名なペルーの近くです。

 

今でこそ ウユニ塩湖が有名で、

ツアーも開催されるほどになっていますよね(^-^)

 

まだ当時はウユニ塩湖が有名になる少し手前で、

ボリビアを訪れる日本人は少なかった時でした。

 

ボランティアで渡航したのですが

オフィスについて早々に、現地スタッフから地図を見せられ

 

(・∀・)  ここのエリアは1人歩きは危険だから、

昼間でもタクシーを使ってね。

リュックは前にして持つこと。

後ろに持っていたら ナイフで切り刻まれて

強盗にあいます。

パスポートなどは持ち歩かないでね。

あと、この公園は首絞め強盗があるので

気をつけてね。

 

との説明が。

 

昼間でもタクシー?

 

首絞め、、?

 

ナイフ、、?

 

😥

 

やはり、南米、

 

あまり治安は良くありませんでした。

 

その他にも

(・∀・)  ニセ警察やニセタクシーがあるので、

この紋章がついていない車や警官は 偽物よ!

と写真を見せられました。

 

警官もニセモノがいるなんて、、

 

もう何を信じていけば、、、

 

と着いて早々に 嘆きモードに。

 

ですがこの説明のおかげで 気をつけて生活できたので、

被害に合うことはありませんでした(*^^*)

 

しかし 慣れとは恐ろしいものです。

 

少し滞在先にも慣れてきたころ、それが一番気を引き締めなくてはいけない時期です。

 

滞在してから三週間くらいが経とうとしていたころ、

同じホームステイ先だった フランスの女の子に

みんなで飲みにいこうと誘われ、夜ご飯のあと街に出かけました。

 

街灯はあるけれど人通りが少ない帰り道、22時くらいだったと思います。

 

まあ1人歩きじゃないし、大丈夫かなあ?でも暗いし少し遅いかなあ、、と

思った記憶があります。

 

その時はフランス人の女の子と アメリカ人の男の子と三人で歩いていました。

 

(今考えると、南米の地からしたら

The 外国人

というくらい 目立つ組み合わせですね、、)

 

もうすぐホームステイ先の家に着く、

 

その時 前方から

 

 

3人の黒ずくめの若い男の子が。

 

あ、ヤバイ。

咄嗟に思いました。

 



続き→