【イギリス留学】イギリス人がよく使っている言葉

 

 

 

こんにちは!アキナです

 

 

 

今日はイギリス人がよく使う言葉について

更新していきたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

といっても、友達にイギリス人は少ないので

先生がよく使う言葉だったり

日常的によく聞く言葉を紹介していきますね(^^)

 

 

 

 

 

 

1.lovely

 

この言葉は本当にどこでも聞こえてきて、

 

 

最初は、 え?ラブリー?どこが?笑

みたいな感じだったのですが

 

 

美味しかったり

授業で正解したり

何かが良かったときなど

 

 

とにかくlovelyでokです!!!笑

 

 

 

意味的には、すてき や OK など

great,fineと同じ感覚です。

 

 

男の人でも使っていますね!!!

 

 

 

 

2.guy

 

どの先生も毎朝、教室にはいってくると

Hey!guys!と言っていて、

 

guy = 男?と思っていたのですが

 

 

イギリスでは、複数形で使うと

やあみんな!と男性女性両方を指します。

 

 

 

 

3.crispus

 

 

これはよく使うわけではないのですが、

勘違いしやすい単語です。

 

 

クラスメートと、公園へ行く際

スーパーでchips(チップス)買ってから行こうよ!

 

 

と言ったら、なぜかフライドポテトのコーナーへ。。

 

 

これはポテトチップス?!と写真を見せて尋ねると

 

 

イギリスでは

 

 chips  = フライドポテト

crispus=ポテトチップス

 

を意味するみたいです!!

 

 

だからフィッシュ&チップスというのか!

と一人で納得してしまいました。笑

 

 

 

 

 

4.bill

 

bilはお勘定を表す言葉です。

 

レストランに行った際は必ず言うので

とてもよく使う言葉だと思います。

 

 

しかし、The Bill というとpoliceを

表すみたいなのでついでに覚えておきましょう!!

 

 

 

 

 

5.fit

 

fitはイギリスのスラングみたいなのですが

スラング=悪い言葉と言うわけではなく

先生や、日常的にも使われている言葉です。

 

 

クラスメートにfitという名前の人がいて

この話題になり教えてもらった単語なのですが

 

スタイルがいい(男女共)を意味するようです。

 

 

 

 

 

6.exactly

 

これは留学してすぐに、

やたらみんなこの単語を使うなあ。と思ったのが

このexactly

 

 

多分留学生もみんなこの単語は

使い慣れたかな?と思うぐらい頻繁に使う英語です。

 

 

ブリティッシュ以外でも使うのかどうか調べたところ、

やはりアメリカだとsureの方がよく使うらしい。。

 

 

意味は、その通り!確かに!の他に

 

否定文だと ちょうど、まさに

疑問文、命令文だと強調する時に使うことができます。

 

 

しかし大体は、授業で正解した時や

日常会話の中でその通り!という時に

使われているような気がします(^^)

 

 

 

 

 

7.sorry

 

 

よく日本人は、謝りすぎる

と言われてるイメージがあったのですが

結構イギリス人も謝ります。笑

 

 

例えば、会話が聞き取れなかった時は

pardonではなくsorry?

 

 

道が塞がっていて通れない時には

Excuse me ではなく sorry

 

 

という感じで、日本のすみません!に

似た感覚で使うことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ざっと書き出して見ましたが

皆さんは全て知っていましたでしょうか?(^^)

 

 

 

 

また何か気付いた単語があれば

書いて行きたいと思います!!!

 

 

 

 

では~!!!