【アメリカ留学者必見】NYと日本の違い


==ニューヨーカーの価値観==

 

こんにちはAKIEです

毎日暑いですね~ 😯 

この猛暑の中、先日は私が教えをしているお教室の

ダンス発表会でした!!

家族やお友達など、身近な方に観に来てもらえる

場所で発表会をしたいとのことで、

地元の市民会館の舞台でやりました 😎 

みんな最高の笑顔で、思い出に残る

一日となりました(^^)

こうして芸術に身近に触れ合う場があると、

興味を持つきっかけになりますよね!

日本では、ピアノやバレエ、ダンスなどは

沢山習っている人がいるので身近ですが

バイオリンやチェロなど楽器の生の

音を聞く機会って本当に少ないと思う。

特に子供は、知らなければ興味ももてない・・・。

その点海外に行くと、地下鉄や電車の中

公園などで色んな楽器の生音が聴ける!!

それって素晴らしいと思うんですよ(^^)

今日は芸術の最先端を行く町NY

私が感じた感覚の違いについて書きたいと思います

日本でやれないことをやろう!!

という事でNYのセントラルパークで

日舞のストリートパフォーマンスをしました 😀

いや~本当に勇気がいる(笑

誰か興味をもってくれるかなぁ・・

ドキドキハラハラ

日本でストリートパフォーマンスは

大道芸か歌の人くらいしか見かけませんが

海外に行くとパフォーマンスのジャンルもバラバラ 🙄

大きな音を出す場合は料金がかかるとのことだったので

携帯のスピーカーで音を出すという

地味すぎる方法で(笑)踊り始めると・・・

人だかりができた!!

はじめに立ち止ったのは子供でした

それからファミリーや若いカップル、

おじいちゃんに至っては、1分半くらいの舞を

何クールも何クールも最後まで見ていってくれました(笑

そこで感じたのは、

日本の文化に興味を持っているという人が沢山いるということ。

それから評価=対価の図が自然だという事。

パフォーマンスの感想に加えて

「僕は日本が大好きなんだ!」とか

「日本文化に興味がある」とか

沢山の方が言いに来てくれました!

また、着物に興味を示してくださる方も多く、

着ているだけで、

どこに行っても親切にしてもらった(笑