ヲタクOne(58)「友だちは大切」留学期間延長も考えていたけれど、2ヶ月ぽっきりで帰国しました②

 

夏が止まらない。

 

どうも、6代目フィリピンOne てんです。

 

留学中に当てていたHiHi Jetsのチケットが数枚、先日の一般発売で新たにゲットしたチケットが7枚、そして今日、また新たに夏のげんげんをゲット出来て、今もキャンセル分のチケットが取れましたわ。私の夏の予定がどんどん決まって行って、平成最後の夏が絶対絶対楽しいです。

 

 

今回は、「留学期間の延長はしなかったよ」という内容でお送りした前回のブログの続きです。

 

 

2.延長を断念した理由②

 

理由①は、少し重めに捉えていましたが、理由②は非常に私らしくて単純です。私が留学期間の延長はせずに、One Projectの期間2ヶ月ぽっきりで帰国した理由は、

 

大好きなお友だちに「キスマイのライブに一緒に行こう!」

誘ってもらえたことが、物凄く嬉しかったからです。

 

 

全く、バカな話しですわ。

今後の人生においても重要な経験となる”留学”を、”キスマイのライブ”という単発のイベントで延長を断念しました。

せっかく英語を身につけ始めたばかりなのに、キスマイに会いに行くために中断しました。

 

 

勿体ないと思います。か。

 

 

勿体ないですよね。もちろん理解しています。「たった数ヶ月ぐらいライブ我慢しろよ」って感じですよね。再び奮起して「もう一度留学へ行こう」となっても、往復航空券を買って、荷物を詰めて、入学手続きをしてって、何倍も手間になります。その点で留学期間の延長は、延長料金を払って、帰国の航空券を取るぐらいの手続きで済みます。

 

ただそれを、「友だちとキスマイのライブに行きたい」という趣味を理由に、帰国しました。

 

「ああ、あの時に留学を延長してもう少し英語を勉強していれば」と思う未来は、絶対来ると思います。しかしその度に、「でも友だち4人でキスマイに行かれて、楽しかったな~」って、温かい気持ちになる自信もあります。

 

第一に、大好きなお友だちからのお誘いって、めちゃめちゃ嬉しくないですか。断る理由の方が圧倒的少数でした。

 

 

大切なことは、なんだろか。

 

生きていくうえで、教養はとても大切です。特に英語を身に付けていれば、仕事の幅も、趣味の幅も、友人の国籍も広がります。旅行に行った時だって、英語を身に付けていた方が格段に充実したものになります。

 

しかしそれらは、少し先の未来のことです。

未来を見据えて、今から準備をすることも必要なことではありますが、でも私は”今”を生きています。事故は起こるし、事件に巻き込まれるし、地震も起こるし、病気も発症するし、明日どころか1分後も生きている保障は100%ではありません。そしてそれは私だけに限らず、友だちにも、キスマイにも、均等に起こり得ることです。

 

友だちと一緒に行かれるキスマイライブは、もう二度とないかもしれません。私がフィリピン留学中に日本が沈没して、日本にいた家族も友だちもキスマイもいなくなってしまったら、私も一緒にみんなと死にたかったって絶対思います(発想が中学生w)。大げさなことではありますが、私は「これが最後かもしれない」ぐらいの気持ちでライブに行きますし、お友だちにも会います。

 

まあ、フィリピン留学中に気の合う人が見つけられなくて、お友だちに飢えていたという点も少なからずあります。

 

 

学生時代って、学校に行けば毎日友だちに会えましたが、社会人になるとそう簡単にはいきません。みんな仕事の休みはバラバラだし、引っ越した友だちもいるし、私の歳になれば家庭を持った友だちもいるし、年齢を重ねればいろいろタスクが増えて。中学時代の友だちに会ったのは2年前、高校の友だちは去年、短大の友だちは3年前かな。学校で出会った友だちと会うことが、1年に1回もなくなりました。吹奏楽部の全員が集えるなんて、もう思っていません。その点、ライブを開催してもらえたら、全国のオタク友だちに会えるのは大変有難い機会です。

 

そう、みんなそれぞれに忙しいから、お友だち数人に会うって、色々なミッションをクリアしないと会えないんですよ。

 

今回、ただキスマイのライブだけだったら、留学は延長していたかもしれません。でも今回は、ずっと会いたかったお友だちのお友だちと、私の職場の後輩ちゃんと、ちょっと異色な3人と(キスマイファンではない)私の4人で、一緒にキスマイのライブに行くことが出来ました。そしてこれは当日入場してから分かったことですが、当選した席がものすごくステージの近くで、東京ドームという大きな会場に居ながら、キスマイ全員を肉眼で見ることが出来ました。

 

そして実は私のお目当ての人は、キスマイというよりも、バックについているTravis JapanのげんげんヲタクOne(50)参照)だったのですが。げんげんの団扇を振って、げんげんカラーのペンライトを振っていたら、げんげんに気付いてもらえたんです。。

 

留学延長していたらもっと英語力は得られたかもしれませんが、げんげんと2人だけの世界になれるチャンスの方が、よっぽど今後起こり得ない!!!だったら基盤は2ヵ月の留学で学んだんだから、後はこれから勉強するわ。

 

 

いざ死ぬってなった時、「ああ、留学して過去分詞の勉強したな」ってニンマリ死にますか私。「英語を身に付けたから色々な出会いがあったな」とは走馬燈ると思いますが、今の私なら「6月17日にSちゃん・Yさん・Aちゃんと一緒に行ったキスマイライブの席がステージに近くて、私もげんげんに手を振ってもらえて、みんなで幸せになれたな」って微笑みながら死ぬことが出来ます。
(しかしまだ9月まで現場が決まっているので僕は死にましぇん)

 

でもだからと言って、”今”ばかりにフォーカスを当てることも出来ません。うっかり長生きしてしまうかもしれません。

 

その時には、留学に行っていたことは大事な大切な経験となります。もちろん英語力は上がりましたし、自分で日本で勉強しているだけでは絶対に身に付けることが出来なかったことばかりを学びました。まだダイバーに復帰することは出来ませんが、今後のアイドル応援資金も、もちろん自分自身の生活費も、留学で学んだ英語を活かしながら稼いで行きたいと今までよりも強く思うようになりました。

 

 

今回、One Projectの6代目フィリピンOneとして、無料留学にいかせていただきました。

何千人もの中から選ばれた留学生が、この私でした。「ダイバーという仕事のために英語を身に付けたい」を掲げたOneが、「ライブに行きたい」と言ってOne Projectの満期ぽっきりで帰国してしまいました。ブログという発信の場をいただき、留学とはどのようなものかを更新して来ましたが、「友だちとライブに行きたくて、期間を終えたらあっさり帰国した」なんて、他にOneとして適切な方がいらっしゃったかもしれません。いや、絶対いましたわ。

 

でもこれが、私が初めて留学して感じた、正直なことでした。

 

 

留学・語学の勉強も、大切な経験でした。けれども、日本のそこら中にも大切なものは転がっていました。要はだな、

 

後悔しない選択を!!

 

これに限るかしら。

 

 

私は今回贅沢にも留学に行かせていただけて、英語の勉強以外にも様々なことを経験して、「旅行じゃない渡航・留学って濃いな」って思いました。しかし同時に、お友だちとキスマイライブに行くことも諦めなくて本当に良かったと思っています。今なら私、8割は成仏出来ます。

 

 

生きている人たちには、

互いに生きているうちにしか会えないから!!

 

 

 

 

さて、2回に渡すことでもなかったかもしれませんが、留学を延長しなかったことについて更新しました。

 

留学から学ぶことは、語学だけではありません。むしろ「語学の習得なんて全体の5割程度なのでは」と思うほど、生活の拠点を一時的にでも海外にしてみることは、発見発見大発見の連続でした。そういった点も含めて、留学という人生のオプションは意味のあるものでした。普段ドライな私、アイドルに対しては常に恋しく思っていますが、留学の延長を止めるほど友だちが恋しくなるとは思っていませんでした。

 

 

そんな今週の私のスケジュール、次に働き始めるまでも時間があるので、

29(金) 妹と、インドネシア人のオタク友だち(←NEW)と、キスマイライブin大阪京セラドーム

30(土) いつもの二宮ファンと、嵐のワクワク学校in東京ドーム

1(日) いつもの二宮ファンと、嵐のワクワク学校in東京ドーム

オタ活三昧してきますテヘペロ。一緒にライブ・イベントを見るのは2人だけですが、会場ではお友だち数人と会うことが出来るので、フィリピンのお土産持って集って来ます。

 

アニメオタクは死ねないらしい。次回のアニメの続きが気になるから。

アイドルオタクは死ねないらしい。次の現場が決まっているから。

 

でも同時に、アイドルのライブに行っても、「ああ私のエンジェルがこんなにも輝いているのだから、私も留学に行って輝こう」って思えていたので、人生無駄なことは、親不知ぐらいしかありません。

 

以上、下の親不知は抜歯したのに、最近は上の親不知も台頭して来たてんでした。

〼ヲタスタグラム〼

〼ツイッヲター〼