スラヴの伝統って?ーいにしえのロシア🇷🇺①ー【Tales of Letters】

皆さん、こんにちは。

お久しぶりです。

本日は、ベトナム講座を脱線してロシア🇷🇺についてご紹介いたします。

(あちこち、飛んで申し訳ございません><)

 

私が友人と

ロシア文学を専門に扱う超ユニークな少年です!

機会があれば、みなさんにもいつかご紹介✨)

一緒に参加してきた

いにしえのロシアースラヴ人の伝統ー

というセミナーを皆さんとシェアします。

 

 

時間の関係上2回に分けてご紹介いたします。

今日は第1回✨

 

そもそもスラヴって?

東スラブ

西スラヴ

南スラヴ

実は結構広い。

 

インド=ヨーロッパ語族スラヴ語派という分類に

属する言語を話す民族。

もともとは言語的な分類なのだとか。

 

謎の多いロシアなんてよく言われますが、

(現在は)国土の広いこの国には、

東西各地様々な文化が入り混じって、独特の文化を形成しています。

そして民俗衣装も可愛い💗(←

 

そんなロシアの今回のテーマは

スラブの伝統について。

さっそくご紹介します。

 

講師の方も実際にロシアの民俗衣装を着て登場。

やはりロシアの民俗衣装はロシアの方が一番似合う!?

 

衣装に関連してこんなことも教えてくれました。

ロシアではみんなで円形をつくり踊るという踊りの方法があります。

ロシアといえばこのイメージでしょうか。

結構有名ですよね。

ホロヴォッドと呼ばれます。ロシア語ですね。

 

 

ロシア語で書くとХОРОВОД

ロシア語では、英語でいういわゆる が実質 r に近い発音に

なります。音は巻き舌

そしてよく顔文字に使われる最後の文字Д

実はロシア語に使われているキリル文字だったんですね。

英語になおすならDと表記されます。

 

そしてスラヴの民族衣装はこんな感じ→