[#月間収支報告] アイルランドでの生活費をまとめてみたよ May

Hi

 

えのきがめちゃ歯に詰まるKeitaです。

 

前回は アイルランドに来るまでに必要な費用 についてお話ししました。

ということで今回は、アイルランドに来てから1ヶ月でどれくらいお金を使ったのかについてお話ししたいと思います。

 

それでは 「月間収支報告」はじまりはじまり。

 

 

 

収支とは名ばかり、圧倒的“支”

「月間収支報告」と銘打ってはいますが、これは単にごろが良かったから使用したに過ぎません。

バイトなどしていない私は、当然、”収”はありませんので、

本稿の正式名称は「月間支払い報告」となります。

しかし、それではなんだかカッコ悪いので、近い将来”収”が増えるのを祈願する意味も込めて、

本稿は「月間収支報告」と名乗らせていただきます。

 

 

早速ご覧いただこう

以下の表およびグラフが5月の(収)支である。

 

Itemamout
transport€ 75.00
food€ 189.95
phone€ 40.00
daily€ 29.25
study€ 43.00
extra€ 309.00
total€ 682.2

 

カテゴリー解説

transport : 交通費、主にバスなど
food:食費、昼ご飯・飲み物に加えPubなどの飲酒費も含まれる
phone:携帯の通信費
daily:日用品、シャンプーやらなんやらの消耗品が該当
study:学校のテキストやそのほか勉学にかかった費用
extra:上記以外の支出、服や自転車などが該当

 

 

 

 

 

大半を占めるのはextra

上記のグラフをご覧いただくとわかる通り。

今月の支払いの大半を「extra」が占めている。

この項目は主に、自転車や洋服、その他の電子機器などが該当する。

 

extraのうち今月の大きな買い物はスバリ「自転車」。

しかし、自転車はどう考えても必要必須アイテムなのである。

どうして必要なのかは以下で考察(言い訳)していく。

 

 

 

初期投資で賢く節約

「おいおい、なんで自転車なんて買ってるんだ」と思っている人(母親)のためにご説明しよう。

 

ダブリンでの移動は基本的には徒歩、バス、そして自転車のいずれかとなる。

 

まずは徒歩について考える。

僕の住む家は中心街から5kmほど離れたところに位置している。

不可能な距離ではないが毎日徒歩で1時間かけるのは現実的ではないので却下。

 

次にバス、

Student leap card という日本でいうSuicaを使うとバスでの移動で割引が適用される。

当然僕も持っているが、割引といえど週に最低でも20€かかってしまう。月間80€。

少なくとも3ヶ月はエドガー宅に滞在するので、仮にバスで通学しようとすると、80€×3ヶ月で240€は最低でも必要な計算になる。

 

最後に自転車

自転車は買ってしまえば維持費はかからない。

しかし、バスが240€というのを考えると、自転車の購入額が240€をオーバーしてしまっては意味がない。

しかし、Keitaはとっても素敵な自転車に出会うのである。

 

 

なんと85€。めちゃくちゃ綺麗だし、乗りごごちも最高。

この自転車に乗っていると他のライダーからも「かっこいい自転車だね!」と声をかけられるほどである。

この自転車85€に加えて、アイルランドでは必須の自転車ロック(鍵)とライトなど諸々合わせて140€。

安いとは言えないが今後交通費がかからないことを考えると悪い選択ではないだろう。

 

しかし、この後”ダブリンの洗礼”を受けることになるのだが、それはまた別のお話、、。

 

このように、一見高くつく買い物だが先を見越して計算してみると最終的には安くつくこともある。

僕のようなお金のない貧乏留学生は初期投資でうまく節約していきましょう。

 

 

来月期予算

今月の支出を踏まえて来月期の予算を算出する。

Itemmayjune 予算
transport€ 75.00€ 20
food€ 189.95€ 200
phone€ 40.00€ 20
daily€ 29.25€ 20
study€ 43.00€ 40
extra€ 309.00€ 50
total€ 682.2€ 350

概ねどの項目についても前月に比べ支出を抑えられそうです。

おそらく€ 350での生活は可能でしょう。また1ヶ月後に結果はシェア致します。。

 

 

まとめ

・初月は高くつく

・初期投資は大切

・6月は€ 350で抑える