BLI徹底解剖【全まとめ】

BLIの授業、先生、校舎、放課後、まるっとまとめました。

 

校舎は徒歩圏内にふたつ!

ノートルダム大聖堂に近いのは旧校舎。

新校舎は、旧校舎とノートルダム大聖堂の間の道を入っていき、徒歩数分。新校舎への行き方は、旧校舎の受付で簡単なマップをもらえます。

 

旧校舎の入口前には喫煙スペースもあります。

 

入口です。

 

入ってすぐのところ。身だしなみチェック用でしょうか(?)

 

 

旧校舎について

メインはこの旧校舎のほうで、受付や事務所はすべてこちらにあります。

教室の壁紙はオレンジ色が基調となっており明るい雰囲気です。

 

ポップな廊下。

 

ポップな教室。

 

誰かがものすごくオレンジ色が好きだったとしか思えない空間。

 

 

新校舎について

ビジネスビルの一室なのでとても綺麗。

注意点としては、お手洗いに鍵がかかっていることでしょうか。共用スペースの棚に男女それぞれの鍵があるので忘れずに持ちましょう。

 

BLIのイメージキャラクター(名称不明)

 

 

時間割やルールについて

こちらを参照してください。

 

窓が大きいお部屋っていいですよね。

 

 

教科書代について

こちらは事前に支払う授業料には含まれていません。有料です!

現金支払いのみなので注意してください。

レベルごとに教科書が違い、1冊30ドル。旧校舎の受付の方に頼んで購入します。クラスレベルが変わると買い足す必要があり、わりと出費がかさみます。

 

 

 

先生やクラスメイトについて

詳しくはこちらをご覧ください~。

 

誕生日をお祝いしてもらいました~

 

 

事務スタッフさんについて

日本人スタッフさんも2~3名いらっしゃり、とても親身にお話を聞いてもらえます。日本語でお話してOKなので安心してください。

また現地のスタッフさんたちもとても親切です。基本的に旧校舎の事務所にいらっしゃるので、いつでも尋ねてみましょう。

 

 

 

アクティビティについて

無料のもの、有料のもの、週末は泊まりがけのもの(行き先はオタワやナイアガラの滝)など、毎日なにかしらが用意されています(たまにお休みの日もあります)

受付で予定プリントを貰えるので立ち寄ってみてください。

イベントによっては最小敢行人数があり、人数が満たない場合は中止のこともあります。クラスメイトを誘って参加してみてください。

 

みんなでチャイナタウンに遊びにいったりもします。

 

 

共用スペースについて

新旧ともにラウンジスペースが用意されています。旧校舎のほうが広く、自動販売機もあるので便利です~。

どちらにもマイクロウェーブがありますか、旧校舎のほうは結構混んでいます。

 

広々としたくつろぎスペース。

 

ポットやお水やキッチンペーパー。

 

自動販売機は助かります。

 

 

お昼ごはんは自由に!

学校の近くにはマクドナルドやsubway、カフェもあります。ただ家から持ってきている子が大半だと思います。

天気の良い日はノートルダム大聖堂の前の広場で食べるのも気持ちが良いです。腰かけるところがたくさんあり、楽器を演奏している方もよく見かけます。

 

もちろんラウンジで食べてもオーケーです。

 

 

 

学校の周辺について

詳細はこちら。目の前にチェーンのお酒屋さんもあって楽しいです。

学校から有名なノートルダム大聖堂までの行き方はTwitterに動画をアップしています!

 

 

放課後について

詳しくはこちらをどうぞ。

旧市街を観光しやすい、ほんとうに恵まれた立地です。

 

ノートルダム大聖堂や

チャイナタウンや

セント・ローレンス川は徒歩圏内。

 

 

語学学校ってどうやって選べばいいの?どれも同じように思えて悩んでしまう、選べない!と悩んでいる、これからカナダに留学予定のみなさん。

先生やレッスン、学校自体の雰囲気については相性としか言いようがありません。

 

しかしモントリオールで最も立地の良い語学学校はBLIです!

これはもう間違いない。なぜなら他の語学学校の生徒さんからの証言が複数あります(笑)

 

アットホームな少人数制クラスに惹かれる方は、ぜひぜひBLIにきてくださいね。

 

Twitter :@user_addr

Instagram:user.addr

 

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考