スカイチケットでの航空券の取り方

カナダへ留学すると、週末や留学後にアメリカ旅行を楽しむケースが多いのではないかと思います。

 

いきなり余談で申しわけないのですが、エア・カナダでカナダとアメリカを行き来するとき、受託手荷物は0pc / 0kgなので気をつけてください。ほぼ国内線扱いなのでしょうか…。

チケットによっては(つまりランクによっては)たしか預けられたはずなのですが、日時変更不可のエコノミー席はだめだった気がします。

 

もしスーツケースなどを預けたい場合は追加料金がかかりますので、自分の航空券とHPを事前に必ず確認しておきましょうね。

わたしはカナダ→アメリカ間の移動はエア・カナダしか使わない予定なので他の航空会社は調べていませんが、大荷物での移動の際は要注意です。

 

 

 

さて、肝心の航空券の予約の仕方ですが、Skyticketなどから自分で手配すれば旅行会社の手数料も取られず費用をおさえられます。

「海外 航空券」で検索すると格安航空券のサイトがごまんと出てきますが、わたしが使っているのはこのSkyticketです。取り扱っている航空会社が多く、検索がわりと楽なんですよね。

片道・往復・周遊のチケットを調べられるので、行きたい場所と日時を選択。
複数の航空会社のチケットを一気に見ることができます。

※画像は適当です※

ここから選んで予約→予約確定→お支払、という順序。予約が完了しても確定するまでは航空券はとれていません。予約確定には時間がかかることもあります。また、予約確定からお支払までの期限が短い場合もあります。

 

この「残り○○席です!」という表記ですが悪い意味であまり信用しないほうが良いです。

わたしは一度、予約はしたけれど空席を確保できず、結局チケットをとれなかったことがありました(なにを隠そう、これから使うモントリオールからニューヨークへのチケットです)。

また、「この席を確保した場合のお支払期限があまりにも短すぎて予約をとれません」ということもありました(なにを隠そう、これから使うロサンゼルスまでのチケットです)。

 

Skyticket入金前ならキャンセル料は発生しませんので、人気シーズンなどはいくつかチェックしておいたほうが良いかもしれませんね。なにしろ予約が確定するまでは意外と安心できません。

入金後のキャンセル料は航空会社+Skyticketの事務手数料となりますので注意してください。

 

そして今回もうひとつ経験したのは、【至急】というタイトルで「4時間以内に振り込んでください!」というもの。

もしこのとき寝ていたら完全にアウトでした。みなさんもメールボックスはこまめに確認しておきましょう。

 

 

最後に支払い方法について。

手数料1,080円

 

 

 

 

手数料無料

 

個人的にはクレジットカードで振込手数料がかかってしまうのがSkyticketのデメリットです。たかが千円、されど千円…。

Twitter :@user_addr

Instagram:user.addr

 

留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考