憧れの人物。私が英語を頑張れる理由はこれ!!

 

 

 

 

こんにちは!アキナです

 

 

 

 

留学前からずっと憧れていたbarber

 

johnny’s chop shop

 

に行ってきたことを書き忘れていたので

記事にしていきたいとおもいます。

 

 

 

 

 

 

時はさかのぼって

ロンドンについた、翌日。

 

 

もちろん最初に行く場所は

johnny’s chop shop 。

 

 

 

このお店の事は前のブログにも書いてあるので

是非見てください(^^)

https://ryugaku-gear.com/2017/06/akina-endo/20795

 

 

 

 

Googleマップにそって道を進んで行くと、

お店の看板が見え、立ち止まってしまいました。

 

 

(この瞬間本当に感動)

 

 

率直な感想は、

 

世界は広いけど、以外に近い。。

 

 

 

今まで携帯の画面で見ていたお店が

目の前にある事が本当に不思議で

当たり前だけど実在することに感動しました。

 

 

 

 

 

 

ロンドンに着いたのが土曜の夕方で、

翌日は日曜日だったのでお店は休みでしたが、

とりあえず目的を果たしたことに満足です。

 

 

 

 

 

そして後日、学校が近いと言うこともあり

何回か見に行って(完璧不審者)

 

 

お客さんがいない隙を見計らって

お店に行ってきました!!!!!(T ^ T)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1番憧れている女性に

 

○憧れて日本から来たこと。

○今までの事と将来のことや夢。

 

などを英語でなかなか上手く言えなかったのですが

熱意はとにかく伝えることができました。

 

 

 

 

 

すると彼女のお兄さんが、

東京で英語の先生をやっているらしく

その場で電話してくれて通訳をしてくれました。笑

 

 

 

 

なので、なんとか思いも伝わりましたが、

 

やっぱり自分で自分の思いを伝えるようになりたい。

 

 

 

 

 

自分にとって英語が必要だと言うことを再確認できました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして極め付けがこれ。。

 

 

 

 

 

 

お兄さんからの伝言を聞いた彼女は

 

 

 

 

 私も技術を教えてあげたいし、一緒に働きたい。

 

 

しかしお客さんや私たち自身もコミュニケーションが取れないと仕事は難しいよね。

 

 

 

できることなら私が日本語を話したい。

 

 

 

 

 

 

、、、、、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悔しすぎる

 

 

 

 

 

 

英語が話せないことで自分のチャンスを無駄にしている。。

 

 

 

 

 

 

日本語を話したいと言ってくれて

嬉しいよりも、気を遣わせてしまって

申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

 

 

 

 

この日のことを思い出すと、

どんなにやる気が無い日でも悔しさで頑張れます。

 

 

 

 

 

 

 

彼女と英語を話せるようになって

ここに帰ってくることを約束し、

 

彼女はいつまでも私の憧れである為に頑張ると

約束してくれました。

 

 

 

 

 

 

その夢を果たすために今回の留学では

ひたすら英語を勉強して、

ロンドンを楽しんで、

 

 

 

いつかワーホリなどでロンドンに戻ってきて

彼女と働けたら最高です(^^)

 

 

 

 

 

まだまだこれから。

頑張って行きたいと思います!!!!

 

 

 

 

 

では~