ここが違う日本とフランス🇫🇷

==文化の違い==

 

こんにちはAKIEです 😛 

6月も間もなく終わり、もうすぐ7月!!

夏が来ますね♪

去年の今頃、私はフランスにいました 😎 

先週まで3回にわたって書いてきた

フランス珍道中事件簿から4年後・・・

縁あってまたフランスの地に行くことになったんです

タダで♥

というのも、フランス体験レポートという

企画に選んでいただき、

カメラマンやスタッフさんと一緒に

フランスへ行き、その魅力を伝えるという

ミッションに挑んだんです♪

現地の方にアテンドして頂いたり

企画会社の方で通訳をしてくれる方も一緒にいたので

前回とはまた一味違う経験ができました!

今日は皆さんに、2度目のフランスで

感じた文化の違いについて

シェアしていきたいと思います 😀 

 

この旅、基本のメンバーは

企画会社のカセさん(フランス在住経験ありの日本人)

カメラマン黒川さん

エドヴァール(フランスノルマンデーの観光案内人)

アンディー(宝塚の同期)

AKIE(私です♥)笑

の5人でした。

向かった先はフランス・ノルマンディー地方

モンサンミッシェルが有名な地域ですね♪

5人で一週間近く毎日一緒にいると、

仕事に対してや、生活リズム、いろんな面で

文化の違いを感じることが沢山ありました

 

 

食事のマナーについて

ノルマンディーに到着してすぐ

町のレストランで軽くランチを食べよう

となったのですが、私たち

ぜんっぜんお腹がすいてなかったんですよww

1人前は無理なので、サラダとパスタを頼み

アンディーと二人でシェアしたい、と伝えると

エドヴァールがなにやら困った様子・・

エ「聞いてみるけど・・・どうかな・・?」

と。そして店員さんと相談して帰ってくると

「やはり、一人一品ずつ頼もうね」

と言われました。

日本では当たり前にやっているシェア。

むしろ日本だったら店員さんが取り皿を

持ってきてくれたりするけど、海外では

”席に座ったらその人数分頼むのがマナー”

だと。残してもいいから一人一皿

自分の分を注文しようと教えてもらいました。

「コース料理はもちろんNGだけど、

カジュアルなレストランでもシェアはダメなんだ 😯 」

と驚いていると

「シェアするのは家庭で料理を食べる時だけだよ。

パパが子供たちによそってあげるんだ。

君たちは今日は僕の子供という事かな?」

とジョークを言いながら教えてくれました(笑

また別の日・・・

いつもお天気が安定しないノルマンディー。

カメラマンの黒川さんは太陽が出る

一瞬を狙い、景色の撮影をしていました。

晴れていようが曇っていようが

気にしないエドヴァール(笑

どんなに撮影が押していても

ランチの時間をたっぷりとります。(笑

食事の間も黒川さんはソワソワw

雲の隙間に太陽が出てきた瞬間!!

黒川さん、いてもたってもいられず

お肉をかきこんで外に飛び出していきました

エドヴァールはその様子を見て

とっても不思議そうにしていました

エ「彼は食事を楽しんでいないのでは?」と。

そして店員さんも目を丸くしていた

店「食後のコーヒーも飲まずに彼はどこへ行ったの?」

と。(笑)

「たとえ仕事でもランチはランチでしょ?

食事を楽しまないなんて!」

と話していたので、日本には”立ち食い蕎麦”

があって、安くて早く食べれるのが

人気なんですよって教えてあげたら

すごいびっくりしてた(笑)

そんなに急いで、食事は楽しめるの?って。笑

改めて日本人って働きすぎって思いました(笑

そして、食後のコーヒーを飲んでいない

黒川さんを気遣って、道路に面したテラス席に

ちょこんとコーヒーを置きに行ったエドヴァールの

執念が少し面白かったww

(この動画に映っている町での出来事です(笑

https://youtu.be/8kke72pzPiY

ちなみにエドヴァールは今回ずっと

運転手もしてくれていたんだけど

食事のたびにワインを飲むの(笑

エ「フランスでは1杯までは大丈夫さ♪」っていって

たけど。。。(かお 笑

↓↓続く↓↓