【カナダ留学フランス留学記】パリでライフルを突き付けられた

==絶体絶命恐怖体験==

 

こんにちはAKIEです 😛

今日は私の「フランス事件簿ランキング

堂々2位!!!の、

地下鉄ライフル事件について

書きたいと思います。

日本人には馴染みのない銃。

とくにライフルは大きいし

迫力が凄い。

宝塚在団中はお芝居で持つこと

突き付けられること(笑)

多々ありましたが、やっぱり本物は怖い!!

(舞台で使うのはもちろん偽物w)

この作品の設定舞台も

そういえばパリだったなぁ。

腕を怪我しながらも

最後まで戦うスープ売りの役(笑

そして最後は皆殺しになるという・・・・笑

悲しすぎる! 😥 !!!!

実際の旅行記ではもちろん私、死にません(笑

 

前回のブログで、いきなり帰りの

飛行機の話から書き始めてしまいましたが(笑

そんなもんでは終わらない

いや、終われないフランス事件簿・・笑

後にも先にも、こんなに

恐怖を感じることはないだろう・・・。

事件が起こったのは

旅行4日目。

この日はパリ市内の観光

を予定していたのですが

謎の市民による行進が起こっていた為

どこも封鎖状態。

労働者のストライキではないか?

というウワサも聞いたけど、

フランス語も英語もちんぷんかんぷんの

私たちには、最後まで正解はわからず 😆 (笑

(爆竹がなったり、横断幕のようなものを

掲げて、たくさんの人が行進していました)

この影響で、ミュージアムは休館に。

道路が通行止めになったので

フリーパスを買っていた市内バスも使えず 😥

あれもダメこれもダメで

楽しみにしていた市内観光は

ほどんどできず(笑)予定が狂った。。

結果、想定外の場所を巡ることになり

帰るのがちょっと遅くなってしまった私たち(汗

5年前当時のパリは、

あまり治安が良くなかったので

冬は21時以降は女性だけで外を

出歩かないこと、と

旅行会社からもクギを刺されていました。

でも狂いに狂った予定の結果、

その日私たちが地下鉄に乗った時は、

すでにもう22時前でした。

ヨーロッパの地下鉄って、薄暗くて

駅のホームから階段をさらにおりて

レンガのトンネルの様な所を

ぬけて乗り継がなくてはいけない事が多く

昼間であっても、

あまり良い空気とは言えない感じ。。

時間も時間だし、乗客もまばらだし。

とにかく空気が悪い・・

さっさと乗り換えをすまし

ホテルの最寄駅まで急ごう!!

となったのですが、

その時に一緒に行っていた同期のララが

旅行中に足を痛めてしまっていて

足をかばいながら、

ゆーっくりしか歩けない状態

だったんですよ。 😥

帰国後判明したんだけど

彼女どうやら肉離れしてしまっていたみたい。

千秋楽の次の日の始発でフランスへ

飛び立った私たち。

直前までのハードな公演の影響で、

本人も気が付かないうちに

故障してしまっていたみたい・・

ララちゃん~~

逆に旅行最終日までよく頑張りました(;;)

ということで、この危機的状況を

打破するために、私はとりあえず彼女

よりも先に行き、階段を降りたところにある

道案内で乗り換えを確認しようと

スタスタ降りていきました。

周りには誰もいない。

薄暗い駅に私一人。

曲がり角をまがった瞬間・・・・

迷彩服の屈強な男性が

3~4人で道を塞いでいた。

手にはライフル

私の心臓、、凍りました・・・・・

↓↓next↓↓