カナダ留学

カナダでワーホリ。キャンモアに引っ越し。仕事を変える。36

こんにちは。
ずっとサボっていたので、どこから書こうかという感じですが、とりあえず元気でやっています。

カナダに来てもうすぐ4か月が過ぎようというところです。

ブログサボってまるっと1か月なのですが、その間にを引っ越しました。

3月までいたバンフという町から、隣のキャンモアという町に引っ越しです。

車で20分くらいの距離なのですがバンフよりも、「住む町」という印象があります。

バンフよりも小さな町ですが、街がかわいくて気に入っています。

 

バンフでのハウスキーパーは辞めて、
今は地元のベーグル屋さんで働いています。ちょうど1か月経ちました。

街のメイン通りにあるベーグル屋さん

レジで注文を取る、ドリンクやサンドウィッチを作ったり、掃除や皿洗い全部をやっています。

お客さんの90%が地元の人で、街の中では(客観的に見て)1番の繁盛店です。
地元に住む日本人もスーパーbusy店というくらいだそうです。

1ケ月の空欄があるので

まずは引っ越しと仕事を変えた理由。から。

 

前回書いたようにハウスキーパーは時間も固定されていて、前回書いたようにお金もたまります。

もくもくとできる仕事だし、個人としては嫌いな仕事ではなかったです

バンフでのハウスキーパー

日差し大好き、地元民!

ではなぜ変えたか。

生活・働く環境ともに、日本とあまり変わらんな~と思ったこと。

次につながるかな、と考えたときに、YESとは言えないな、と思ったこと。

それが仕事を変えた理由です。

ベーグルからマフィン、売り物の多くを手作りにこだわっています。ベーグルは12種類。

まずは前者。ホテル側の配慮で、ルームメイト・仕事を教えてくれるトレーナーともに日本人でした。

これは、周囲の話しを聞いても、割と多い傾向のようです。

初めての「海外で仕事をする」だったので、良き面もたくさんでした。

でも、家では日本語、仕事場では1人作業でもくもく。口自体動かす機会が少ないな~という印象でした。

そして、これはたぶんというかほぼ日本でも実現可能な状況だな、と判断。

いろんなメニューがあって、お客さんの注文も様々です。

次に後者。

カナダに来て4か月。毎日のようにカナダ後は何をしよう、私どうなるのかと考えています。

その中で、仮にほかの場所で働きたい、何かしたいなってなったときに、自信をもって行けるかなと考えました

 

今のままだと、毎回1からスタートってなりそうだな~毎回毎回それって、なんてもったいないんだろう、って思ったし、

ここまで来たので、次はもう1以上からスタートしたいな~っていう気持ちが大きいかったです。

お店の中はこんな感じ。

1からスタートしたときに得られる

喜びや失敗と

10からスタートして得られる喜びや失敗って、また違うと思うのです。

 

日本ではいろんな面で1からのスタートもあれば10からのスタートも経験していますが、

海外ではたいがい、いつも1から。10まで行っても、結局また1からの繰り返しです。

 

でももう、それは終わりにしたいなっていう願いも込めてのワーホリなので

思い切って退職!になりました。

 

 

こちらの人も慣れているので

辞めるって言っても、日本のように重い空気にもならなかったし

重く考えて損だなっていうくらい笑

 

そんな感じで、バンフにいる間にせっせと職を探し

今に至るというわけです。

オープンキッチンみたいになっていて、ドリンクやサンドウィッチを作ります

 

満足できた~\(^o^)/って思っても

やっぱりこうしたいな、ああしたいなってなるのはなんで?

そんなこと思わなければ、仕事を探す苦労もないのに。

なぜいつも、わざわざ苦労するほうを選択するのかと、そういう思考になっていくのかと嫌もなっています。

 

でも最近よく考えるのが、(何を急に悟っているんだという感じですが笑)

おばあちゃんになって、お茶でも飲みながら昔を振り返ったときに

今の時間なんて、あっさり語り終わってしまうくらい一瞬の出来事なのだろうな、といつも思います。

だから、引っ越して自分が満足ならそれでいいと思うし、悩むのも別にいいかとも思えたりしています。

というか、そう思うようにしています。

先を考えるのも大切だけど(特にわたし。)

今はワーホリっていう30歳までしか使えなくて、しかも人生で1回しか使えない特権を使っている。

だから、とりあえず、今は今でいいか!って思ったり。

 

そんな感じで、満足しつつも

また欲と不満が出てきたキャンモア生活2か月目に突入寸前であります。

 

以上。

 


関連記事

  1. セブ島留学 AYAKA☺︎ 〜カモテス諸島に閉じ込められた!!〜…
  2. セブ島留学 AYAKA☺︎ 〜It’s a small worl…
  3. 第7章 SunnyとYumemiの間に。
  4. 【9代目イギリスOne】海外での○○だったこと!!!NO.3
  5. 私が留学しようと思った経緯 Vol.1
  6. エアメール カナダ留学〜エアメール〜
  7. 10代目イギリスone 〜社会人やめて留学するって あり or …
  8. ヲタクOne(4)指令「バギオとセブの違いとは」…バ…

ランダム 運命の10記事

知る人ぞ知る!アイルランド・ダブリンにあるおすすめギフトショップ!!!

お久しぶりです!ダブリンは、ようやく暖かい日が続くようになり春を感じられます!!天気が良…

婚活看護師ナカダ、カナダで看護師への道③〜再面接〜

面接官のJinalさんは結構厳しいですと、エージェントの担当者より。インド訛りもキツい…。Skype…

From sunrise to sunset ~No.9~

Hey! Yukiです!From sunrise to …

無料留学One project〜オフィスに遊びに行って来ました♪〜

<p>Liliです!</p><p>今日は、とってもとっても嬉しい…

『DMM英会話』 オンライン英会話 体験レッスン特集 vol.6 by Aika

Aikaです♪オンライン英会話体験レッスン特集✏第六段は『DMM英会話』…

ワセジョ、羊飼いになる??? Part30 -Kanarisaおすすめニュージーランドのお土産特集①-

こんにちは、Kanarisaです( *´艸`)学校が1週間休みで幸せなんです💛タウポとクイー…

10代目マルタone [出会えて良かった!!]~留学へのきっかけは突然に?!~

(さらに…)…

無料留学 One project~送別会@アイリッシュパブ~

<p>Liliです。</p><p>栃木のボランティア仲間が開いて…

なんでハワイ留学?? by Aika

ついに12月ですね♪2017年、いろんなことがあったなぁとすでに思い出にふけっているAika…

アイルランド語学学校 SEDA college レビュー 現役SEDA生の徹底評価!

ダブリンの語学学校 SEDA college を徹底レビューこんにちは、はろです!今、ダブリ…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. トルコのクラブ事情と闇。

    トルコに来ました!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 🇹🇷   実は昔からターキッシュカルチャーに強い憧れがあって。 ...

  2. リル、Forever🐱

    マイメン・プーリーから     “ねえねえ、エミー。この間の誕生日にね、ジャックからオコウ貰ったんだー。” ...

  3. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  4. ダブリンからみるロンドン🤪

    Flybe(イギリスのLCC航空会社)が オータムセールを期間限定で開催🛩 特に旅行の予定がなかったものの、なんとはなしにちらっと航空券をチェ...

  5. 新居は○○なお家

    こんにちはAKIEです! 今月ずっと書き続けていた家さがし・・ 先週ついに契約が出来ましたーー!! てなことで、今日は私の新居について 書きた...

  6. シェアハウスを内覧したら・・・だった

    こんにちはAKIEです 今回も、、、続!!! モントリオールで家さがし!!! 伝えたいことが多すぎる(笑 現在フルタイムで学校に行っている私は...

  7. 【永久保存版】男女別・海外の靴サイズ換算表(一覧表)

    永久保存版 海外での靴のサイズ換算表(一覧表)!!   こんにちは、はろです。 僕は、日本から靴を2足持って来ました。ブーツとスニーカ...

  8. デンマークの保育園に行ってみたらこんなとこだった

        どーも! 世界一周中の旅する保育士ともひろ(@tomtomtomohiro)です!   ...

  9. 電車で一本!!ニューヨークからモントリオールまで電車の旅をしてきました!

        どーもーー!ゆうちゃんです!     前回、『カナダ行く前に起こった悲劇』を書かせていただい...

  10. トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

PAGE TOP