なんで英語学びにフィリピンへ??

សួស្ដី(スオスダイ~!)

まゆです

今日はどうして私がフィリピンを留学先に選んだのか?について発信します!

ちなみにどこのリゾートかと思われるであろう写真は、留学先の語学学校、CPIです。

留学予定の学校CPIの紹介もする予定なので、CPI考えている人は是非💛

 

そう、よく言われるんです。

「え?イギリスの大学院進学を目指してるのに、フィリピンで英語勉強するの?」

「アメリカの植民地だったんだから、アメリカ英語の色が強いんじゃない~?」

「なんか、日本人いっぱいいそうだけど大丈夫??」

 

 

 

…………………………………。

 

 

 

 

 

このような意見が多数ある中で、私がフィリピンを選んだ理由はずばり…!

 

 

スパルタさを求めていたから

 

ほぼこれが決定打

 

毎日大学やインターン、アルバイトなどでまとまった時間が確保しにくい今、勉強したくて仕方がない

今が一番勉強すべき時なのに、なかなか時間が確保できない…

これはスパルタ教育を受けられる環境に身を置くべきだ!

しかも短期間でガーーーーッとやりたい!

そう思ったのであります

 

8代目当時の募集要項には下記のように書いてあったんです。

短期間でスパルタで集中して英語を学びたい。

そんな人にぴったりなのがフィリピン。

マンツーマン授業で講師を独り占めできるのに加え、1日6時間以上もの授業をこなす。

これを見てからは自分の中で完全にフィリピンに的が絞れました

 

その他の理由を挙げるとしたら、

 

フィリピンなら食費や滞在費も支援対象であること

南国の気候が恋しい

2年前の教育ボランティアの国がフィリピンで、フィリピンなら初心を忘れずいられそうだった

ホストファミリーも近くにいるしで安心ってのもある 

などなど

 

 

 

 

ちなみに私はCPIという名前の語学学校へ通います。

CPIとは一体…?

コンセプトは、「ホテルリゾート+ESL」

市内中心部に位置するショッピングモールまで5分のロケーション。
オーシャンビュー、マウンテンビュー、そしてシティビューと絶妙に調和した美しい学校です。(公式HPより)

https://www.cpicebu.jp/

 

スパルタ校に分類され、平日は外出禁止でみっちり勉強

でもストレスを溜めないよう施設も充実しており

ホテルリゾートタイプの部屋でリラックスでき

自然と調和したキャンパスの中で勉強に集中できる環境も整っているとのこと

ネイティブの先生も多数在籍しており、かつ国籍制限があるので日本人で固まってしまう心配もなし!

 

 

ではそんなCPIのメインの2コース紹介します。

◇ESLコース

ESLコースは3つに分かれており、General ESL(マンツーマン4コマ、グループ3コマ、他スペシャルスタディ)とIntensive ESL(マンツーマン5コマ、グループ3コマ※うちネイティブ1コマ、他スペシャルスタディクラス)、そして2週間以内の留学生向けのRapid ESL(マンツーマン6コマ、グループ3コマ、他スペシャルスタディクラス)です。

 

◇アカデミックコース

TOEICやTOEFL、IELTSの試験対策を行うアカデミックコースは大きく3種類あります。これから試験対策を始める方向けの対策コース(マンツーマン4コマ、グループ3コマ、他スペシャルスタディクラス)と一般コース(マンツーマン4コマ、グループ2コマ、模擬試験2コマ、他スペシャルスタディクラス)、集中コース(マンツーマン5コマ、グループ2コマ、模擬試験2コマ、他スペシャルスタディクラス)です。

 

 

私はアカデミックのコースで、

IELTSのスコア獲得に向けて3ヵ月みっちり勉強してきます!

そのスパルタ具合はいかに?

また私は一体、どれだけスコアを伸ばせるのでしょうか?

成長度合いにご期待ください!!

 

 

MAYU