[#留学] ダブリンdeランチ

Hi

 

エドガーと毎晩、日本語なら3分で済む会話を2時間かけてしているKeitaです。

 

エドガーって誰?って思った人は、こちら

もしくはエドガーについて詳しく知りたいと思った人は、こちら

アイルランドにはあまり興味がないけど、エドガーに興味がある人は、こちら

 

さて今回はアイルランドでの生活シリーズ第2弾ということで

『ダブリンdeランチ』をお送りします。

はじまりはじまり

 

 

本気出せば、€3

アイルランドでの食事は、ホームステイをしている私の場合、

朝夜はホストマザーが用意してくれていますが、昼は用意がないので各自で食べるスタイルとなっています。

 

昼ごはんの価格帯は様々で、普通に食べようと思うと€5(役650円)くらいはかかります。

ヨーロッパの物価は高いイメージがありましたが、アイルランドは日本と同じくらいです。

 

しかし、日本食を食べようと思うと話は別。

ラーメン一杯、€10。

 

ざっけんなよ。とチャルメラのおっちゃんも思っていることでしょう。

しかし日本でアイリッシュレストランにいったら、同様の現象がおきているはずなので文句は言えません。

当然珍しいものは高くなるのです。

 

てなわけで、毎日お昼に10€も使っていたら大変なので、私は大体、

Chicken Fillet Roll なるものを食べています。

飲みものついて、驚きの€3。

 

気に入ったものはほぼ永久にリピートし続けられる私は、基本毎日これを食べています。

その事実を知ったエドガーは「……Super crazy」と呟きながらどこかに去って行きました。

 

 

 

未知との遭遇

基本的にはchicken fillet rollを高速で食べて、そのまま図書館に直行、ひたすら勉強をする生活を送っていますが、

クラスメイトと食事に行くこともあります。

 

先日はブラジル出身のクラスメイトに誘われて、ブラジル料理に初挑戦。

終始、自分が何を食べているのかわからない、未知のflavorでしたが、super美味しかったです。

<謎のカレーみたいなやつと、謎の草、謎の粉、そして謎のサラダ。唯一理解できたのは米のみ。>

<しかし味は最高に美味。>

 

わりとブラジル料理の虜になってしまった私は、

さらに本格的なブラジル料理を求めて、ブラジルに行くことを決意したのであった。

 

まとめ

・初心者にはChicken Fillet Roll

・ブラジル料理は美味しいけど終始謎

・だいたいランチは€3〜6