[#留学] はじめましてアイルランド。

Hi

 

成田空港に着いたあたりからホームシックの予兆を感じていたKeitaです。

 

前回の『One projectを振り返って』から色々ありまして日が空いてしまいましたが、

SO,この度、私Keitaはアイルランドに無事、到着いたしました!!!

 

というわけで『はじめましてアイルランド。』はじまりはじまり

 

 

出発は4月30日。まさかの試練がKeitaを襲う。

出発は4月30日。言わずと知れた私の誕生日である。ちなみにこれは狙ったものではなく、なぜかGW真っ只中なのに私の誕生日だけ航空券が安かったのだ(ちなみに航空券の取り方は こちら を参照)。

 

忘れもしない、21:25発のTK053便(ターキッシュエアライン)。

アイルランドでどれほどの苦難と試練が待ち受けているのか、少しビビっていた私は若干の帰りたさを抑え、成田空港第2ターミナルへと向かった。

しかし事件はまさかの日本で起きたのだった。

 

搭乗手続きのお姉さん「帰りの航空券持ってないとアイルランド行っても入国できませんよ」

 

、、、うそだろ。おわった。まさしく、THE・ENDだ。

そう、Keitaは帰りの航空券を持っていなかった。

決してアイルランドから帰らないという決意の表れでも、航空券代をケチったわけでもない(むしろ片道の方が割高だし)。知っている人もいるかと思いますが、帰路は飛行機を使わずに船と鉄道で帰る予定だったので帰りの航空券を持っていなかったのです。

必死にその旨をお姉さんに伝えると、お姉さんはすんなりOKをくれました。しかし、

 

「わかりました、しかし入国できなくても当社は一切の責任を負いませんので、それでご了承いただけるのであれば、こちらにサインしていただいてもよろしいでしょうか」(契約書スッ)

 

この状況でサインできる者はおそらく今の日本にはいない。

完全にビビったKeitaはすかさず、お姉さんに確実に入国できる方法を提案してもらった。

 

 

ミッション:インポッシブル 〜帰りの航空券なしで入国せよ〜

お姉さんの提案してきた作戦は、

①この場で帰りの航空券を購入

②入国審査ではその航空券を見せて審査をパス

③入国後、その航空券はキャンセル(料金は手数料を除く全額が返金される)

名付けて、『ダミー航空券作戦』だ。

 

この作戦は手数料分の費用(4000円くらい)は無駄となってしまうが、入国はかなりの確率で保証されるという作戦である。

思い返してみれば、以前、留学Enginnerの作戦参謀エージェント・Tに相談した時も同様の作戦を推奨された気がする。。。

 

しかしダミー作戦を決行しようとした矢先。物語は思いもしない展開を迎える。

 

 

全然ポッシブル

ダミー航空券を購入するためにお姉さんから担当が他の人に変わった。

そこで再度事情を説明すると、

 

さっきとは別のお姉さん「それだったら帰りの航空券なくても余裕っすわ」

*そんな言い方はしていない

 

そのお姉さんが言うには

・旅行者などの短期間滞在が目的の場合、帰りの航空券がないと入国が認められないことがある

・留学などの長期滞在が目的の場合、残高証明や学校の入学証明書などを見せることで帰りの航空券は提示する必要はない場合が多い

とのこと。

私も事前のリサーチで上記の内容は知っていたので、強気の姿勢(ストロングスタイル)で帰りの航空券を取得していなかったのだが、どうやら一人目のお姉さんには留学に行く旨がうまく伝わっていなかったようだ。

 

と、いうわけでダミー作戦も使用せず、なんなく搭乗手続きを終えたのであった。めでたしめでたし。

ちなみにこの一連の事件を、さもKeita一人で解決したかのように語っているが、実際は色々な人のアドバイスや協力によって解決した。なんなら私はオドオドしていただけというのは内緒。

 

次のページにつづく↓