ロストバゲッジに注意!

こんにちは:)GWも終わり気付けば5月も半ば。暑かったり寒かったり不思議な天気が続きますね。そんな今日は飛行機に乗るときに誰もが心配になるロストバゲッジについて書こうと思います。

みなさんロストバゲッジに遭ったことってありますか?ちなみに私はこれまでに2回。ロストバゲッジとは言わずもがな預け荷物が到着先の空港で出てこないことですが、荷物受け取りレーンで自分の荷物が出てこないと不安になりますよね。搭乗者が飛行機を乗り継げば預け荷物も飛行機を乗り継ぐこととなりますので、乗り継ぎ回数が多ければ多いほどロストバゲッジのリスクは残念ながら高くなってしまいます。

ちなみに私の経験をお話すると、1回目は留学先のエジプトから日本に帰るとき。このときはトルコ航空を利用したのでトランジットはトルコですが、もともと1時間半程しかなかったトランジットがエジプト発の飛行機の遅延により30分程に。私は走って乗り継ぎに間に合いましたが、荷物が間に合わなかったようで関空で荷物を受け取ることができませんでした。(ちなみにトルコ航空自体は本当に良い航空会社で、また利用したい航空会社第1位。荷物は翌日の便で帰ってきたので無事自宅へ郵送されてきました。)

そして2回目は今年の3月。視察先のマルタから日本へ帰るときです。日本⇔マルタは基本的に2回の乗り継ぎが必要となるのでそれだけリスクは高いのですが…。中国国際航空とエアマルタを利用し、帰りはマルタ→イタリア→中国や→羽田。今回ももともと1時間半程のトランジットがイタリア発の飛行機の遅延で30分程となり、私はなんとか間に合ったものの荷物が間に合わなかったということでした。(ちなみに行きは羽田発の飛行機が遅れ中国発のフライトに間に合わず、半日を北京空港で過ごすということになりこのときの私は中国国際航空に疲れ果てていました…。そのときのわたしこんな感じだったかも。)

荷物は結局翌日の便で羽田へ到着しその日のうちに自宅へ届いたのですが、羽田空港のスタッフさんいわく中国国際航空はロストバゲッジが多いとのこと。遅延やロスバゲが多いとなると、安さとどっちをとるか…というところにはなってきますね…。

意外遭遇するロストバゲッジ。留学の際にももちろん起こり得ますし、中でも乗り継ぎの多いマルタ留学ではその可能性も考えてさらに対策しておきたいですよね。


私は何度荷物がなくなろうとこの景色が見られるなら何度でもマルタに行きたい…。

ロストバゲッジを自分で防ぐことは難しいですが、荷物が出てこなかった!というときにも対処できるよう対策することはできます。(アリタリア航空は多いといわれていましたが、最近はエミレーツも多いとか?ただ特にエミレーツは5つ星のレベルを誇る航空会社なので質に問題があるということではないかと思います。)

①海外保険に加入する

こちらは補償の点からおすすめしていることですが、海外保険って特に長期になればなるほど意外と金額も張るものです。ついつい入らなくてもいいかな…とか、クレジットカード付帯でいいかな…とか、日本で入っている健康保険が適用されるみたいだしいいかな…となってしまいがち。ただ、体調不良ばかり考えてしまいがちですが海外保険は飛行機の遅延やロストバゲッジ、盗難等もカバーしてくれるので1番安心。海外保険に加入した際は、診察等だけでなくこういった飛行機に関連したことの補償内容もしっかり確認しておきましょう。

②1日分の着替えは手荷物に入れておく

こちらは特に往路の場合。復路はお家に帰るだけなので特に荷物がなくて困ることもあまりないかも知れませんが、留学や旅行に行って荷物が出てこないと、その日着替えるものがない!なんてことになりますよね。そのときのために最低1日分の着替えは手荷物に入れておくと安心。是非ご参考くださいね:)

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考