【カナダ留学外貨両替】カナダドルは現地調達

じつはカナダドルの両替は日本国内よりもカナダでするほうがお得なこと、ご存知でした?

今回はモントリオールでおすすめの両替所をご紹介します。

 

 

それがこちら、GLOBEX2000

No fees & No Commissions」、要するに外貨両替の際に普通はかかる手数料が取られないためとてもお得な両替所なのです。

 

 

モントリオール市内にいくつか店舗があるのですが、わたしが行ったのはコンサートホールの近く。

 

狭い一角に入口があるのですが、このドア、スムーズに開きません。

一度手をかけるとブザーが鳴り、そのあと自動解錠。数秒かかります。防犯対策なのでしょうが、なにも知らなかったので「なんで開かないの!?なんでブザー鳴ったの!?」とすこし焦りました。

 

中も狭く、イメージ的には宝くじ売り場のような。

窓の向こうにお姉さんが一人、お客さん側のスペースは二人くらいが限界。

 

前の人が終わるのを待ち、英語でご挨拶。フランス語圏のモントリオールのショップでは大抵「Bonjour,Hi!」と両方の言語で最初に声をかけられます。この最初の挨拶に客側がフランス語と英語のどちらで答えるかによって、フランス語ならフランス語、英語なら英語で接客してもらえます。

店員さんのなかには英語がわからない方もいますが、今回は大丈夫でした。

 

日本円をカナダドルに両替したい、と伝えると、まずはGLOBEX2000の利用が初めてかどうか聞かれます。

 

初めてです。

ではこれに名前と住所を書いて。

ホームステイをしているのですが、そこの住所を?

日本の住所でいいですよ。

日本の住所でいいんですか?

はい。

 

ネットで両替体験談を調べたときは(別会社の両替所でしたが)、ホームステイ先の住所を書かれていたためてっきりカナダ国内の住所でないといけないのかと思っていましたが、どうやら日本のもので大丈夫なのだそう。

もっとも会社や店舗によるのかもしれないで確認してみてください。

 

名前と住所、電話番号(これも堂々と日本の携帯番号にしましたがオッケーでした)を記入し、いよいよ両替。

 

今回はとりあえず20,000円をカナダドルと交換します。

お姉さんがレートをチェックし、口頭での確認にこちらが同意すれば終了。お札の枚数を一緒に数えて終わりです。

封筒は?と聞かれたので、一応もらっておきました。

 

20,000円を渡して233ドル。

これは1カナダドル = 約85.8円ですね。

 

 

滞在期間や目的にもよりますが、なにかあったときのために日本出国前には10,000円前後くらい両替しておいて、残りはカナダで両替するのが一番良いと思います。

わたしは5,000円で両替しようとして、カナダ紙幣をちょうど60ドルにするために結局5,500円だか5,600円だか、そのくらいでした。1カナダドル = 91円~93円ほど。

カナダで両替したほうが1ドルにつき約5円ずつもお得なのです。

 

 

さて、ここまでモントリオールの両替についてご案内しましたが、トロントの場合はチャイナタウンのレートが良いそうです。

逆にモントリオールのチャイナタウンのレートはあまり良くないらしいので気をつけてくださいね。

 

学校生活の様子を毎日お届けするTwitter :@user_addr

 

 

 

街並みや観光地の写真に自信のあるInstagram:user.addr

 



留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考