35.【カナダ留学】ワーホリ。ハウスキーパーの仕事内容と職場環境

 

自己紹介ブログ

私が働くホテルのハウスキーパー集団は

ワーホリか移民の人々です。

たぶん多くのホテルがそうではなかろうか。

職探しブログ。4つほどあります。

🙂 🙂  🙂  🙂  🙂

住むところ・食事を提供してくれるのが大きい理由かと思います。

前回ブログ。ハウスキーパーの1日

韓国・台湾・フィリピン・オーストラリア・チリ・ハイチ・スペイン・チェコ・イギリス・フランス・アフリカ・ポーランド・・・などなど

かなりワールドな職場です。

バンフの町にいる鹿さんシリーズ

上司もカナディアンだけではなく、フィリピンだったりドイツだったり

小さい地球のような職場です。

(これもたぶんどこも同じ。)

 

あとは、バンフに限ったことではないと思いますが

働くことで、地域の人と見てくれるので

様々なところで割引を受けられ、とてもやさしいです。

突如現れます

ちなみにハウスキーパーだけでなく

ホテル併設のレストランや受付の場合も同じです。

いろんな人がいて、様々な職種に分かれています。

これが現在働いているホテルの様子です。

図書館外も横切る

🙂 ー 🙂 ー 🙂 ー 🙂

補足として

スタッフ用の宿泊所

寮のタイプ(キッチンなし)や、アパートタイプで1人部屋や2人部屋いろいろあります。

スタッフ食堂には24時間あいていて

電子レンジや、トースター、冷蔵庫などがあり

ドリンクバー・パン・シリアルは無料で24時間OK です。(ホテルは24時間営業ですしね)

サラダ系もあったりします。

お昼と夕食は食事が出ます。3ドルくらい。食券があるので

それを使います。食べる人もいるし、好きじゃないものだったら、パンを食べたり。

仲間連れてきた

スタバコーヒーも3ドル超えるし、安いハンバーガーだって5ドルはするので

そう考えると、お安いのではないだろうか。

お口に合うか合わないかは別にしてね。

まるで、隣人

滞在費はタイプによって違いますが、普通に借りるよりは安かなと。

(これもホテルに限らず、各職場で違う。)

でもキッチンは欲しいとか、部屋は1人がいいとか

譲れないところってあると思います。

アバイトとは違ってtちゃんとフルタイムの仕事。

長く住むわけだし考えどころかなとも思います。

雇用主にきちんと聞いたり、遠方の場合は写真を送ってもらったり

工夫が必要かなって思います。

 

 

ちなみに

ホテルはもちろん、マックやコーヒーショップ・お土産屋・レストランでも

アコモデーションを持っていることが多いです。

仕事をする場所や、自分の条件にもよると思いますが

アコモデーションが欲しい人は、遠慮せずに聞いたほうがいいです。

 

😎  😎  😎  😎  🙂

たった2年だけど社会人を経験、

でもやっぱり海外に行きたい。

こんなに早く会社辞めていいのかな、私どうなっていくんだろう。

不安だけれど、でもやっぱり今しかないんじゃないか。

という時に読みたかったなっていうブログをかけたらいいなと思っています。

Sunnyのブログ 一覧

会社辞めるか辞めないか ブログ

フィリピン留学で感じたこと。あれこれ、気持ちのブログ。いくつかあります

バンフ生活



留学ブロガーにあなたもチャレンジ!

名前

メールアドレス

電話番号

留学検討中の国

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考