これぞ異文化理解!アイルランドにいながらにして、イタリア人に本場の家庭料理「マルゲリータとティラミス」を習った話!簡単、激うまレシピ付♪

こんにちは。珍しくここ4日ほど晴れていて、やっと春が来た感じがする、アイルランド。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

本日は、仲良しのイタリアンガール、メリッサとイレーニャにピザとティラミスを習った話です!

さて、ことのきっかけは、以前紹介したジャパニーズフードパーティー。
以前の記事はこちらからどうぞ↓

日本食は偉大‼アイルランドで、味噌汁&から揚げ&だし巻き卵&焼きそば&寿司を作った話。in Bray

このとき、人数も多く、ゆっくり作り方を教える余裕なんてなかったのですが、
「わたしたち、イタリアに帰ったら、家族のみんなに寿司をつくってあげたいのー!つくりかた教えてー!」というラブコールが。
その代わりに、ピザとティラミスを教えてあげるよ!となり、
ジャパニーズイタリアンクッキングの会をひらくこととなりました。

そしてもう1品。やきそばが2人のお気に入り。こんな簡単なものでいいのかと思いましたが、寿司と焼きそばを教えました。

2人がびっくりしたポイント。「お米を水で洗う」・・・笑

そうなんです、ヨーロッパではお米、水で洗わないんですよね。
ドイツに行ってご飯を炊いたときも、お米研いでいたらとてもびっくりされたのを思い出しました。

ではここからは、イタリアン2人に習った、絶品ピザとティラミスの作り方を紹介します!
意外と簡単だったので、是非皆様も作ってみてください!笑

<イタリアの家庭でつくるマルゲリータピッツァ>

【生地の材料(大きいの1枚)】
小麦粉・・・500g
イースト・・・7g
塩・・・20g
砂糖・・・10g
水・・・300g
オリーブオイル 少々

【トマトソース】
トマト缶(ピューレタイプ)・・・390g
塩・・・少々
オリーブオイル・・・少々
オレガノ・・・少々

【トッピング】
モッツァレラチーズ
フレッシュバジル
お好みでサラミ

 

①小麦粉を広げ、真ん中にくぼみをつくり、塩・砂糖・イーストを入れる


②水を少しずつ入れ、丸くこねる。


③生地が固くすぎたら、オリーブオイルを入れ、生地を柔らかくする。
入れなくても大丈夫なときは、オリーブオイルは入れないそうです!
④ボールに生地を入れ、濡らしたふきんをかぶせて1時間以上ねかせる。


⑤伸ばす!しかも、マルじゃなくて四角。
聞いたら、お店では丸いけど、家では四角よ。って言ってました。笑


⑥ソースをつくる。トマトソースに、オリーブオイル、塩、オレガノを入れる。
なんと、目分量ということで、分量不明。ですが、適当らしいです。
モッツァレラチーズは角切りに。


⑦生地にトマトソースをまんべんなく塗り、チーズをのせて200度に熱したオーブンで20分~30分、様子を見ながら焼く。


⑧途中で今回はサラミをのせました。(ちょっと焼きすぎたらしい笑)


本当はフレッシュバジルが必要なようでしたが、今回はなかったので、断念。
サラミにいい感じに火が入ったら完成です!

これがもう生地がカリカリでおいしかったー!!!
日本では、生地が薄く、トッピングが大量に乗ったピザがたくさんですが、イタリアではシンプルなソースのふっくらしたピザを家庭ではよくつくるそうです。

では、お次はティラミスのレシピです!

<ティラミス たぶん6人前>
【材料】
卵・・・4つ
砂糖・・・100g
マスカルポーネチーズ・・・500g
インスタントコーヒー・・・適当←ww
ビスケット
ココアパウダー
チョコレート

①お湯でインスタントコーヒー(ちょっと多め)をとき、砂糖50グラムを入れ濃いめの甘いコーヒーを作り、冷ましておく。


②卵を卵黄と卵白に分ける。

③卵黄に砂糖50gを加え、泡だて器でよく混ぜる。


④マスカルポーネチーズを少しずつ、5回ほどに分けて入れ、よく混ぜる。

 

⑤卵白を泡立て、ふわふわのメレンゲを作る。

ボウルがなくって、鍋・・・笑

⑥マスカルポーネソースとメレンゲを混ぜ合わせる。このとき、せっかく泡立てたメレンゲがしぼまないように、ふんわり混ぜる。


⑦お皿にうすーく、作ったティラミスクリームをひき、

そこにコーヒーに3秒浸したビスケットを素早く並べる!3秒!それ以上付けるとほろほろと崩れてしまいます!


⑧ビスケットをすべて敷き詰めたら、その上からクリームを薄くぬっていく。


⑨これを何度か繰り返す。何そうにするの?と聞いたら、何そうでもいいとのこと。4層ぐらいまでできるとよいそうです。このとき、最後上に塗るクリームを残しておく。

⑩最後にクリームで終わるようにし、ココアパウダーとお好みで刻んだチョコレートを乗せれば完成!!

これがおいしーーーーい!特に、1日冷蔵庫で寝かせると、もっとおいしくなるそうです。

お好みでイチゴをいれてもいいよ~と言っていました。

 

寿司と焼きそばとピザとティラミスという、なんともアンバランスな夕食でしたが、
おいしくて、外に食べに行くよりずっと安上がりで楽しい時間でした。

日本に帰ったら、つくりますね!

こうやって、他の国の文化を体験的に学ぶことができるのも、留学に魅力の一つです。
世界は本当におもしろい!

今度は、スペイン出身の友達に、スペイン料理を教えてもらうことになっていて、そちらも楽しみです。

 

今週、イケメンで優しいフランス人のルーカスが帰ってしまってショックをうけていますが。

皆様、また1週間がんばりましょう。

なんて書いていてなかなか投稿できずにいたら、今日雨が降りました。

がーん。ではまた!

 

Twitterはこちらhttps://twitter.com/tomoyo_bp?s=09
インスタはこちらhttps://www.instagram.com/tomoyo_bp/
↑よかったら、覗いてください♪