🤺🐨~”One Project”とは:”One Project”だからこそ学べた事と大きな違い~🐶🍚

皆さん、最近なぜか頭に残っている”一言”ってありますか?😁

僕は先日祖母が社会人になる僕へ向けて言った”郷に入りては郷に従え“です!

(千鳥ヶ淵緑道!)

郷に入りては郷に従え“ってポジティブな意味なんですかね?それともネガティヴな物語が背景にあると思いますか?🤔

個人的な結論は「分からないけど、郷に従いながら自分を表現し、目標と向き合えたらもっと最高だな〜」でした(答えじゃなくてすみません😅)

ですが文化を理解・吸収しながら自分の個性と向き合えた。留学の醍醐味はそこにあったと確信しています!

そしてOne Projectでの留学はそのワクワク・興奮度合いが通常の留学よりも凄まじかったんです!!

今回はその「One Projectと通常の留学の違い」についての本音を勝手に述べさせて頂きます!😜

まず”One Project“とは、ロンドンを含む8都市へ留学希望の候補者から各地1名ずつ選抜・送り出し、最大3ヶ月分の授業料を全額サポートして下さるEnginnier Limited主催のプロジェクトです!

☆詳しくはこちらからどうぞ!😊
https://www.enginnier.com/one-project/

<そして僕が感じた違いは大きく下記の3点です!>
1, 留学に懸ける想い
2, 好奇心・探究心の向上
3, 殻を破るキッカケをくれる

1, 留学に懸ける想い

まず”One Project”で留学をする為には、数ヶ月間に渡り「自分がいかにOneに相応しいか」を表現する為に独自のプロモーションを考え、複数の面接に本音でぶつからなければいけません。

その数ヶ月間、まだ見ぬロンドンの地にて「誰よりも楽しみ、駆け抜けている自分」に想いを馳せながら、本気で悩み抜いていた事は確かです😊

正直、面接に関しては就活中より緊張したかもしれません😂

ですがそのお陰でアメリカ留学時より「現地の文化などを事前に把握」し、「自分の本音や個性と向き合えていた事」、そして「俺がOneになるんや!という想い」が通じた喜びが相まり、ロンドン到着初日から最高のスタートダッシュを切ることが出来ました!(参照:🤺🐨~ロンドンでの出会いと生活!!①〜🐶🍚、

到着して様子見をしなかったからこそ、最初の数週間で掛け替えのない出会い・想い出を作れたのは間違いありません😁

(まだ記事にしていない想い出の一部!)
<”パンケーキDAY”に大食いチャレンジ!>

<”フラットメイト”おすすめのDrinking Game!>

<Chinese New Yearとロンドン1サービスの悪い中華店!!>

それでもどれだけ「僕の夢: 経営者と従業員の負の連鎖を止める」に近づけたのかは分かりません。。。

ですがOne Projectに応募した当時の自分とそれを完遂した自分をまずは褒めてあげたいと思います😁

2, 好奇心・探究心の向上

”アメリカ留学期間中”では面白い気付きや事件が起きても仲間内でシェアするだけで、日々淡々と生活をしていました。

ですが”One Project”での留学では「お、これ記事に出来るかも!」と常にアンテナを張りながら生活するようになり、元々強めの好奇心がより強固になった気がします。(その割に記事に起こしてないですが😅)

(最初の疑問は「ロンドン市民の毛髪、異常に水分なくない?」で、答えは「水道水に石灰が多く含まれており、天パ多いし若ハゲも多い」との事でした😜)

(イギリス人俳優Jason Statham。禿げてても様になるのは卑怯。。。)

未知の世界・分野でもビビらず自分の好奇心を抑え込まない。そしてその興味を逃さず捕まえ、深掘りをする事の楽しさ。この「知的好奇心を満たし、挑戦する事の重要さ」はOne Projectだからこそ学べたことです!

3, 殻を破るキッカケをくれる

”One Project”に出逢うまで「自分の考え・ブログをSNSで拡散する事は、ある種の自己満足」だと勝手に決めつけて生きてきました。

その為「イギリスOneに選ばれた」旨をFacebook上で拡散・初投稿をした際には、変なむず痒さがあった事を強く覚えています笑

もし僕がOne Projectと関係なく記事を書いていたら、恥ずかしさや飽きから辞めていたかもしれません😅

それでも”投稿を継続している理由”は偏に「僕以上に夢・本音と向き合っているOneの方々がいた」からで、「赤信号皆で渡れば怖くないよね?」と思い込む事で、自分の考えを宣言・拡散出来るようになりました😂

「有言実行」宣言した以上、目標・やりたい事を叶える為にどうすればいいのか。そのヒントを職業・夢も異なる他のOneの方から吸収・参考にさせて頂いた事もあります。

もちろん人の考えは変わるものだし、10年後に自分で読み返し赤面するかもしれません笑

ですが当時はそう思っていましたし、面識は無いですが他のOneの方と共に今の本音をぶち撒けられた事は”学生時代最後の青春時代”だったのかもしれません😜


正直僕はEnginnier Limitedにとって「特別貢献したOne」ではなかったと思います。

「書きたい時が書き起こし時。ムリやり書く記事は退屈・後悔しか生まない。」

この考えから僕のブログ更新頻度は他のOneより少なく、ブログというより自分の想い・考えを綴る日記みたいになってしまっています😅

それでもこんな僕を受け入れ、帰国後も暖かいお言葉をかけて頂いたEnginnier Limitedの方々には感謝してもしきれません!

今後、社会人になってもブログは継続していくつもりですので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

そしてこれから”One Project”に応募・携わる方々の本音や挑戦を拝見できる事を幸せに感じつつ、学生としては筆を置かせて頂きたいと思います😊

拙い文章でしたが、ご覧頂きありがとうございました!

次回、社会人としてお目にかかれる日を楽しみにしています😊

P.S. 藤岡さん、もしかして一昨日9時ごろ156でラーメン食べていらっしゃいましたか?もしそうでしたら、ご挨拶すればよかったです!😭😭😭

🐨前回の記事

🐨次回の記事

 

もし”あなた”が何か留学を躊躇している理由や不安があるのであれば、いつでもお話しますので連絡くださいね😊

Skype: tada3240

E-Mail: [email protected]

facebook: https://www.facebook.com/tadaaki.watanabe.7

AKI