One project

One Project 選考振り返り 選考内容編 ☻

 

こんにちは☻ イギリスOne さわです:-)

 

前の記事に引き続き、今回はOne Project選考内容について振り返っていこうと思います!

タイムスケジュールについても是非、併せてご覧下さいね☺

→ One Project 選考スケジュール

 

今回は前置きなしで早速いきましょう(^^)/


 

◎書類審査について

私の時は3つの質問について文字数制限無く答えて、応募フォームに入力して送信! でした🦋

 

3つの質問は、あなたが留学したい理由、人生で成し遂げたい夢、もうひとつがごめんなさい、データが消えてしまって思い出せないのです…。誰か覚えている方、教えて下さい😢

 

私は一度ワードを使ってそこにある程度書いてからコピーして、それを貼り付けました!

 

でも貼り付けた後も推敲して、応募時間ギリギリまで手直ししてましたね~。

 

 

私が意識したのは

 

・与えられた質問に自分の考えや気持ちを自分の言葉で答えること
・文字制限に左右されず、言いたいことが伝わりやすい文章に
・手間を惜しまず納得できるものにする

 

 

という本当にシンプルな事です👯‍♀️✨

これらのシンプルなことをするにもシンプルな事をする為の準備は必要でした。

 

 

与えられた質問に自分の考えや気持ちを自分の言葉で答えること

それ以前に自分と向き合う必要がある

・文字制限に左右されず、言いたいことが伝わりやすい文章に

書き手としてだけでなく受け取る側として見なくてはならない

・手間を惜しまず納得できるものにする

何度も読み返して時間の許す限り向き合う

 

という具合ですね(^^)

 

それ以外にもこの時点から沢山歴代の方のBLOGを読んだり(勉強半分、趣味半分です 笑)、

youtubeにある動画を観てみたり、

One Projectとエンジニアさんについて知り理解しようと、理念などのページは確認していました🙆‍♀️

 


 

◎徳井さんとの面接

歴代Oneさののブログなどで流れはわかっているはずでしたが、最初の面接でとっても緊張しました…。

徳井さんとの面接が一番手応えがありませんでした…。笑

 

事前準備としては

とにかく自分の考えをひたすら書き出してまとめたりしていました!

 

キーワードを1つ書いてそこから連想されることを書いて、またまとめたり、相関図にしたり…。

スティーブ・ジョブズ Connecting the Dots風 方式です 笑

↓字が雑なのですが参考にしてください!実際にはこれよりももっと沢山のことを ぎゅうぎゅうに書いてました!

大切な単語を書いて、思いつくことを文・単語問わず書いて…

 

繋げます!!!というか繋がるはず☺

 

 

質問内容としてはこれももう 緊張しっぱなしでうろ覚えなのですが

 

・自己紹介
・どうして留学がしたいのか
・どうしてイギリスなのか
・イギリスにいった経験はあるか

 

などベーシックなものでした!

これらの質問に自分の考えや気持ちで答える中で、徳井さんが気になった部分部分を詳しく聞かれるというような形でした。

 

 

質問は予想できるものでしたし、仮にも希望国を決めて応募している立場なので答えられて当然のものです。

徳井さんはすごく和やかな雰囲気で進めて下さいますし、深掘りされても自分の考えや気持ちを言えばよかったので特に無言になったりはせずに話せた記憶があります!

 

ですがいかんせん緊張していたので 記憶通りかは曖昧ですし、

自分としては終わった後可も無く不可も無くかな?という感じだったので、

私は受かる!とは思っていませんでした。

 

それに1つ後悔している点があって、

わたし自己紹介をお願いしますと言われた時に緊張しすぎて+何も考えていなくて

 

”自己紹介・・・すみません 何をお話しすれば・・・(;。;)”

 

状態だったんです。自己紹介や自己PRもありそうだな位予想できるのに(;。;)

 

そんな私に優しく徳井さんは終始優しく接して下さいました👼👼👼

お話しするのが苦手な方も、選考最中失敗したなと思ってしまっても

皆さん優しいのでそこは不安にならなくて大丈夫かと思います☺

 

でも、本当に、出来る準備は後悔しないように準備して下さいね✊

 

 

どんなに準備してもし過ぎるなんてありませんし、終わればもっとこう出来た!と思うものです

 

 

 

そしてこの面接の最後には次回の面接についても徳井さんがお話して下さりました!

このプロジェクトやエンジニアさんについて、留学について自分の出来るプロモーション活動について考えておいてくださいね

 

との事でした☻

 

 


 

◎西澤さんとの面接(プロモーションについて)

西澤さんとの面接前に事前に徳井さんからのお話があったのと、西澤さんからメールでも連絡頂いていた通り

この面接では自分がOneとして選ばれた際に出来る・しようと思うプロモーションについて でした。

 

事前準備としては、

 

・そもそもプロモーションをする意味や意義について考える

→私はこれを考えた結果、ただ留学やOne Projectさんの良さを広めるのでは無く、その理念や思いに共感して欲しいと思いました。意味や意義を理解したり自分でしっかり持ったりすることで、慣れて来た頃にプロモーションという作業になることを防げると思いました!

 

・他のOneさんがしているプロモーションの調査

 

・上記の良い点・悪い点を考える

→良い点は参考にしつつどう真似では無く自分流にするか

→悪い点を自分はどうように対処するのか

 

・その上で自分がしたい・出来るプロモーションを考える(実現可能かも吟味)

→私が楽しんで出来てかつ宣伝になるような事をしたかったので自分の好きなことや強みを考えました

 

 

こんな事をしてこんな事を考えていました(o˘◡˘o)

 

特に最初に書いたようにプロモーションの内容以前にそのことの意味や意義、それをしてどうしたいのか考えて欲しい

あとは奇をてらうことばかり考えずに自分らしさを大切にして欲しい

 

と思います。

(こんな事いって私が全部出来ていたわけではないですけどね 笑)

 

それと

視覚資料の準備 もしました!

単純にパワーポイントスライドを付くって印刷しました!

理由としては

 

・聞いている側がずっと聞くことに集中するより楽になりそうだし、理解してもらえそう
・言いたいことを飛ばすことの防止
・混乱せずに話すため                            です☻

 

他の方はわかりませんが私は作ったパワーポイントを面接終了後に送って下さいと言われて送りました☻

 

 

印刷したものを面接時にお見せするだけで無くて、こんな風にゆっくり見て頂ける可能性もあるので作りがいがありますね!

(私はもっと丁寧に作ればよかったなぁ、と後悔したクチです)
(しかも面接中にお見せした紙媒体も文字が小さすぎて、西澤さんにほとんど見えないという)
(ツメが甘い)

 

 

用意していた紙媒体をお見せしながら一通り話終えると本来は更に質問などがあるようだったのですが、

私は時間を使いすぎてしまいありませんでした😹😹

皆さん時間配分も気にして下さいね!(経験者は語る)

でも終わりに西澤さんがターゲットなどもしっかりしていてよかったよ、とお褒めの言葉を頂いて嬉しかったです♪

 

私がひたすら話しているだけ、というスタイルだったのに相づちを打ちながら聞いて下さって、これまた感謝でいっぱいでした。

というものの合否が来るまでは結果はわからず、気になって仕方なかったです!

 

 


 

◎ラスボスFujiさんとの最終面接といいつつこの後三度お話しました)(最終という名のはじまり)

 

Fujiさんとの最終面接に関しては準備という準備はしていなかった気がします。

前述のように歴代Oneさんのブログをみても

 

Fujiさんとの面接の持ち物は精神力だけ、とか

今まで出会った中の数少ない人を見抜く力がある方

クールな方でポーカーフェイス

 

などの面接前から胃がキリキリするような、

 

人間性をみているような内容なんだろうな

 

と思われる情報を得ていましたので、面接までは

 

自分について、留学について、One Projectについて

自分の中で再度考える時間は設けました☺

それらの事について 自分の言葉で伝えられるようにもなんとなくしてました!

 

あとは歴代のOneさんのブログに書いてある質問された内容も参考にしていました。

でも過去に尋ねられた事でもそれを聞かれるとは限りませんし、各回・候補者ごとに変わりうるものですよね。

なので過去の質問項目をみて私がしたのは、

 

それに対する模範解答の作成では無くてその問いを通してFujiさんが何をみたいのか・知りたいのか

 

を、私なりに考えました。

 

つまり質問の意義や意味を考えるということですね。

例えばどなたかのブログでは最終面接で

自分をフルーツに例えると?🥝🍌🍓

という質問があったとありました。

この質問の本当の意図はFujiさんしかわかりませんが・・・

 

 

私は瞬発的に返せることやユーモアで上手く返すというより、自分を例えるんだから結局 自分がどういう人間かを知りたいということがメインなんだなぁ、と捉えました!

 

みたい・知りたい・聞きたいと思われるであろうことを自分なりに理解出来ればあとは質問されたことからズレずにかつ、自分の気持ちや考えを話すだけなので、本当に特別な準備はせずに臨みました。

こんな感じで歴代OneさんのFujiさんに対する印象に怯えつつ、 お話出来ることに嬉しさと有り難さを感じながら最終面接の日を迎えました。

電話を待っている間どんな方なのか緊張しながら待っていると

 

 

 

私の最終面接の日もしっかりRedBullのやつ、ありました。なんであるのかは知らないのですが、エンジニアの皆さん激務というイメージがあるので、RedBull × エンジニアの皆さんを見ると お疲れ様ですという気分になります。

 

 

想像してた以上に優しそうな方\(^O^)/

ちゃんと微笑んでくれている\(^O^)/

 

という印象でした 笑。

気になる面接内容については

 

・自分をお寿司のネタに例えると?
・自分の夢
・留学をしたい理由
・人生で大切にしていること

 

 

 

 

 

などでした。最初の質問以外はある程度それまでの面接でもお話させて頂いていたり、話す機会はなくても選考を通して考えていた事なので、

 

 

そのままの自分で

ただ支離滅裂にならないよう

そして今まで言い忘れたことや 選考を通してうまれた新しい考えを可能な限り伝える

 

 

を意識してお話ししました(^^)

(といいつつ多分必死でめちゃくちゃになっていたと思いますけどね☻)

 

どのように答えたかについては敢えてここには書きません。それぞれの人にそれぞれの個性や人生がある訳で、

ここにOneに選ばれた私が書くことで、それが模範解答みたいになって欲しくないなぁ…と👵🏻

 

それに実際に体験するまで少しくらい謎がある方が、楽しいと思います←

それぞれの答えを考えて、自分の言葉にしてみてくださいね♪

 

私はFujiさんが噂以上に優しそうな雰囲気だったのである程度緊張したりはしましたが、はじまってみると伝えたいことを自分の言葉で話しているうちに終わっていました!

何を言ったら評価されるかとか、選ばれやすいかとか、アピールすること(これは大切ですけどね)、

そういう事は一旦置いておいて、本当に伝えたいことを伝える事に集中してみてください\( ˆoˆ )/

 

 


 

◎そしてやって来た”直筆プロモーション送付のお願い”

 

タイムスケジュールの記事にも書いたように、最終面接後により詳細な審査の為追加対応としてこれからどのようなプロモーションをしていくか直筆で送って欲しいとのお願いのメールが届きました。

 

私は直筆で書いたものを、写真で撮影→携帯から送信しました🙂🙃

 

↓こちらが実際のもの♪

 

 

気を付けた事としては

・プロモーションについての方法や頻度、ターゲットなどをしっかり書く
・プロモーションの意義や自分の取り組みに対する心構えについても書く
・見やすさ、わかりやすさを意識する
・自分らしさを出す

です。

 

 

特に下3つについて。

ただプロモーションの詳細を書くだけでは西澤さんとの面接と変らないですし、なにより自分の気持ちなども活字に起こして伝えたかったので私は書きました!

それと自分らしさを出す + 相手側の気持ちになったときに、ブラック&ホワイトなTHE書類よりも、

カラフルなものの方が自分らしい&見ている側も楽しいかなと思ったので、クレヨンやシールも使いました😉❤️

(これが吉と出たのかはわかりませんが…笑)

 

 


 

あぁ、ここまで書くまで長かった…

頑張った自分…

 

 

一気にOne Project選考 面接から書類審査まで振り返ってみましたが、いかがでしたでしょうか?

これからの選考では色々と違う部分もあるとは思いますが、参考になれば幸いですv☘️

自分でいっぱいいっぱい考えて、皆さんらしさがエンジニアの方に伝わりますように🌱🌱🌱

 

 


 

私の留学のきっかけについては コチラ☺

留学決意まで その①

留学決意まで その②

留学決意まで その③→Coming soon

 

One Project関連については コチラ☺

One project選考スケジュール

 

One Project用に

Instagram→ https://www.instagram.com/uk_8thone

Twitter→ https://twitter.com/UK_8thOne

Skype→  swymze

ありますので、フォローしてもらえたら嬉しいです😆

質問などもありましたら、お気軽に連絡ください(o˘◡˘o)

 

 


関連記事

  1. ヲタクOne(29)海外留学保険センターでおにょおにょした保険の…
  2. 憧れの人物。私が英語を頑張れる理由はこれ!!
  3. 【全てはクリスプラットの為?】勉強嫌いの僕が留学を目指すまで
  4. 無料留学 One project〜やっとのやっと〜
  5. Hawaii54日目 伝統マッサージロミロミ~ShiiのHygg…
  6. 【学びたくなる!】オンライン英会話④ 〜 QQ English …
  7. Berlin旅行記④やっぱりハプニングは付き物?
  8. -留学の目標-【道産子おちほがゆく!】

ランダム 運命の10記事

海外体験記〜「憧れを現実のものに」〜

名前:A.Kさん場所:アメリカ目的:現地校への進学2度目の留学で決めた現地校への進学。多様な…

ナースのアラサー留学 〜音楽フェスBody&Soul part1〜

こんにちは!&#…

IELS Maltaーどんな生活?ー【Tales of Letters】

今回は私が通っていたIELS Maltaについてご紹介します。マルタでの…

アイルランド SEDA collegeのオリエンテーションについて

どうもKoheiです!今…

One project~英語の勉強方法~

こんにちは!なんともいい天気な沖縄です(笑)今日は私の英語の勉強方法を紹介します(o^^o)まず…っ…

アメリカ留学〜マンモス・カントリー〜

こんにちは。ギアです。アメリカの数ある国立公園のなかでも人気なのがイエローストーン国立公園のなかで外…

Hawaii53日目 サンセットフラショー ~ShiiのHyggelog*~

moi!♡こんにちはしおりです☺学校終わりにも楽…

アイルランドで2軒のお宅でホームステイした! 《ホームステイ生活を徹底解剖》

Hi,Kahoです!アイルランドにきてあっという間に3週間がたちました・・・とりあえ…

行ってみたいところ~in ハワイ~ vol.1 by Aika

こんにちは☆今日22歳になったAikaです✨今回はハワイにある"ロイヤルハワイアンセ…

ヲタクOne(16)ヲタクゴト抜きで2017年を振り返る〈前半〉

明けたわ。どうも、てんです。…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. 2018年版ベストアイリッシュミュージック🇮🇪

    先日IRISH TIMESが発表した 今年の年間ベストアーティストにおっきくKOJAQUE が誌面を飾っていました👏🏻  ...

  2. coca cola sky

    https://soundcloud.com/keankavanagh/coca-cola-sky さて、ダブリンを離れ。 現在ホリデー期間を...

  3. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  4. 【留学先どうやって決めてる?】留学3ヶ月目のまとめ!①治安②英語③食事④こんな人にオススメ

    こんにちはミイです!   最近寒くなっていますが 皆さん風邪引いたりしてないですか〜?! 私は寒くなるのに比例して ...

  5. 【永久保存版】男女別・海外の靴サイズ換算表(一覧表)

    永久保存版 海外での靴のサイズ換算表(一覧表)!!   こんにちは、はろです。 僕は、日本から靴を2足持って来ました。ブーツとスニーカ...

  6. アイルランド留学8ヶ月目まとめ

    Hi Kahoです! 先日、日本に帰国→イスタンブール旅を終えて、ダブリンに帰ってきました! イスタンブールはネタがありすぎて大変でした(笑)...

  7. 留学中に出会った素敵な映画

    こんにちは、青山です。 現在ホームステイをしているのですが、 ホストマザーがある一本の映画を薦めてくれました。 是枝監督「ワンダフル ラ...

  8. 婚活看護師ナカダ、嫁の不思議な日本語〜亭主関白な日本語〜

    嫁は私にエサを与える。太ってもいいじゃない?と。太ったら浮気できないヨ?と(浮気と不倫されっぱなしの黒歴史があるからね) 「週末ウチで泊まる?そ...

  9. フィリピン行くってよ。

        みなさん你好( ^∀^)   突然ですが、夜のマクドナルドって落ち着きますよね(笑) ...

  10. トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

PAGE TOP