One project

トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

かみです~

 

 

まだまだ月半ば。

すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。

 

 

だってピザにケチャップかけてるのよ…

トーストにフライドポテトを乗せてケチャマヨたっぷりで食べてるのよ…

 

 

ただものすごく危機感をもって過ごしているので、むしろ日本にいるときよりもストレッチや軽い運動をするようになったおかげか、すこし足のむくみが解消されてきました。

 

こころなしか腹筋もついてきたような気がします。

 

留学に行く前、決心したのです。

絶対に体型は維持して帰ってこようと。

 

がんばります。

 

 

 

 

 

 

 

それでは本題、今日はMEGABUSについて。

 

メガバスというのは単純に会社名で、ええと、本社はアメリカなのかしら。たぶん。

 

なんと最安値1ドルというのが売りです。

 

とはいえこの1ドル席は1便につき1席しか用意されないので、ずーっとHPの最新便の売出し状況をチェックしていないと入手はできないみたいですね。

 

ただし見つけられたらとてもラッキー。

1ドルなら結局キャンセルしてもたいした損額にはならないので、もう日付なんて確認せずに見つけた瞬間に買っちゃうくらいの勢いでもよいかもしれません

 

 

 

さて、わたしは今回トロント⇒モントリオールへの移動でメガバスを利用しました。

 

 

トロントからモントリオールへの移動手段

・飛行機

・電車(VIA鉄道)

・バス

の3つ。値段も大体この順番の通り。

 

 

 

所要時間は

・飛行機:約1時間半

・鉄道 :約5~7時間前後

・バス :約6時間前後

 

 

メガバスは1日に何便か発車しており、トロント – モントリオール間は昼間の便もあれば夜行便もあります。

 

そうなれば安い&寝ている間に着く夜行バスが一番いいよね。

 

 

というわけで初一人海外・初留学ながら乗ってみました、海外の深夜バス!

 

 

 

 

トロント市内のメガバスの乗車地は、ダンダスという駅が一番近いです。

 

トロントの空港から電車でぴゃっと行けます。

空港に併設されているバスターミナル(?)のC8に到着するバスをつかまえれば大丈夫。

 

 

 

 

せっかくなのでぶらり途中下車の旅を慣行しました。

 

Queen’s Parkというひろーい公園をのんびりお散歩。

 

ものすごく寒かったので、ベンチに座ってサンドイッチを頬張って…というようなおしゃれなことは無理でしたが。

 

 

じつはこの公園、リスがたくさんいるんです~

というかトロントでは大きな木が並んでいればほぼ確実にリスを見つけられます。

 

 

さらにQueen’s Parkの周辺にはトロント大学オンタリオ州議事堂などがあり、観光にはぴったり。

 

 

 

このQueen’s Parkを抜けて、bay street(大通り)をまっすぐ南下していくとダンダス駅付近に到着します。

 

 

ダンダス駅のまわりは繁華街というか、なんていうのかな、商店街じゃなくて…とりあえずお店も人もたくさんです。

 

なにがいいたいかというと、こう、危険な場所ではないですよ~という。

人気が少ないとか、ガラが悪いとか、そういう雰囲気は一切ないエリアです。

 

 

 

乗車時間は21時。

15分前には集まるように、ということでしたが重いスーツケースをひいて夜の街をうろうろしたくなかったので、夕食後19時過ぎ頃にはもうバスターミナルにむかいました。

 

 

 

バスターミナルは建物の1階部分を広々と使っていて、奥のドアを出るとバスの停車場につながっています。

 

 

内装はとっても綺麗。

(写真は忘れました)

 

中央に向い合わせのベンチが何列かあり、左右はそれぞれチケット窓口と売店スペース。

 

 

窓口の上の電光掲示板に便名と時間、停車する場所の番号が表示されます。

映画館の掲示板をイメージしてもらえればわかりやすいかなと。

 

 

窓口はメガバスと、もうひとつ、グレイハウンド社のものと2種類あり、お目当てのところに並んでチケットを買います。

 

わたしは事前にネット予約をしていたため、とくに並ぶこともなくベンチで大人しくしていました。

 

 

 

わたしはこのときとても眠くて…、飛行機の時差ボケも若干ありましたし、もう単純に疲れていて。

 

出発前にあれだけ「慣れない海外!警戒心!警戒心!」と気合いを入れたにも関わらず、根がほんとうに楽天的なのでしょうが、バス出発までの1時間半ほどぐっすり眠ってしまいました。

 

リュックは抱えていましたがスーツケース+バッグは隣にぽんと置いたまま。

 

はっと目覚めたときはさすがにヒヤリとしました。

気持ちよく寝ておいて今さらですが…。

 

それなりに人はいましたが、荷物はすべて無事。

 

ただしこれを「カナダってやっぱり治安がいいのね!」と思わず、以後、しっかりと警戒心をもって過ごそうと思います。

気をつけます…。

 

 

 

鮮やかなブルーの車体が目印。

明るいところで撮れればよかったのですが、夜行だったもので…

 

 

 

乗車のときにはスマホの画面を見せればオーケー。

 

これ、ネットで予約をすると「控えをコピーしておいてください」と出てくるのですが無視しました。

 

このご時世スマホで大丈夫だろうと。

日本のバスもスマホの画面ひとつで載れるのだから、同じ空の下、問題ないだろうと。

 

 

大丈夫でした。

やはり控えはわざわざコピーする必要はないようです。

 

 

ただ不安な方は万が一を考えて印刷しておいてもまったく困ることはないので、そのほうがいいかもしれません。

 

 

 

それにしても寝て起きたら到着しているなんて便利。

どこでもドア。

 

 

 

値段以外でバスを選ぶ理由としては、荷物を預けられるというのがわりと大きいんですよね。

 

とくに留学となると重いスーツケースを引きずっているわけで、鉄道や新幹線だと自分の手元にずっと荷物をおいておかなくてはなりません。

 

スーツケースにキャスター止めがついていれば楽なのでしょうけど、わたしはとにかく軽量重視でスーツケースを選んだのでストッパーがついていないのです。

 

 

 

あとは、わたしは腕力がないので重いボストンバッグなんかを荷棚にあげられない。

 

あげられたとしても降ろせないし、かといっていちいち見ず知らずの方に手伝ってもらうのも申し訳なくて、重いものをいっしょくたに預けられるバスが一番気が楽なのです。

 

バスならWi-Fiもコンセントもありますし。

 

 

 

ちなみにわたしのスーツケースはこちら。

 

 

sifflerのゼログラちゃん。

安いし軽いし、しかもグリップがやわらかい。

おすすめです~

 

 

 

 

さて、メガバスは2階建てになっています。

 

チケット予約の際に自分で座席を選べるようになっていて、席によって値段が違うのは日本の格安バスと一緒。

ちなみに差額は500円前後…、たぶん大体その程度。

わたしは2階席の前から2列め。

内装は、いわゆる修学旅行バスというのか、ああいう雰囲気です。

 

 

 

日本の夜行バスと違うのは空いていること。

日本だとほとんど満席ですが、こちらはむしろガラガラ。

隣が空席なので広々とスペースを使えてラッキーでした。

 

あとは女性客がわりと多めかな。

 

 

 

決定的に違うのは、日本では基本的に消灯時間が決まっていて、注意点も含めたアナウンスが入ります。

 

今から電気消しますよ~、リクライニングのやり方はこうですよ~、お連れの方とお話しないでくださいね~、などをつらつらと。

 

 

一方カナダのアナウンスは最低限のみ。

何時にどこどこに着きます、以上。

 

そして女性同士の連れが(小声ではあるものの)わりと喋りつづける。

しかも音楽が(小さい音ではあるものの)なぜかイヤホンなしで流れてくる。

 

 

気になる方は耳栓があるといいかもしれません。

わたしは気にならないので熟睡しました。

 

 

これは出発直前、バスの窓から見下ろしたトロントの無印良品。

かなり人気でした。

 

ちなみにこの建物の下の階にマクドナルドも入っています。

 

ここはトロントでは有名なショッピングエリアで、薬局や雑貨屋さんもあれば、向かい側には大きな電気屋さんも。

 

メガバスの最寄りでもあるダンダス駅、なかなか楽しいところです。

 

 

 

こうして問題なく待ち時間、乗車、そして降車を終え、無事にモントリオールに到着。

 

やっとモントリオール。

ここがモントリオール!

 

意気揚々と外へ出たところまではいいのですが、このとき時刻は午前3時半頃。

暗いし、寒いし、当然ですが方向方角もさっぱりわからない。

 

東京の夜とは違い、お店は閉まっているし、人も歩いていない。

大通りでしたがこの時間では車もほとんど通らない。

 

とりあえずここから一番近い地下鉄に載り、午前9時にはホストファミリーの家に到着する約束でした。

 

しかし始発までの時間をどうするか、そういえば考えるのを忘れていた…

 

困ったついでにもうひとつ。

 

わたしは今、SIMなしWi-Fi生活をしています。

 

これについては後日べつの機会に触れますが、つまりどういうことかというと、このときは当然ですがスマホがネットにつながらない状態でした。

 

 

周りになにがあるのか検索できない。

 

まず思いついたのは、トロントにあったようなバスターミナルがモントリオールにもあるのでは?ということ。

 

結論から書くとありました。

が、午前6時からでした。

 

どうしよう?

 

うろうろするのは怖かったので(道のむこうにホームレスの方も見えたので)、とりあえずバスターミナルの前のベンチに座り、なんとなくスマホを見てみると…

 

どこかのフリーWi-Fiを拾えている。

 

メガバスのものではなかったのでどこのものかわかりませんでしたが、これ幸いと慌てて周囲の24時間営業の施設を検索。

 

どうやら歩いて数分の距離にあるようです。

 

そのときの現在地はBonaventureというメトロの駅。

 

徒歩数分でモントリオール中央駅に行ける距離なのですが、そこに24時間営業のカフェとマックがあるのだそう。

 

 

危うく深夜の海外に放り出されて途方に暮れるところでした。

 

みなさんがわたしと同じハメに陥らないよう地図ごと載せておきますね。

ここです。

 

このモントリオール中央駅にむかえば大丈夫。

 

 

わたしは手前のTim Hortonsに入りました。

 

このときの店員さんがフランス語オンリーの方で、それなのにメニューはカウンターになく壁に貼ってあるのみという(要するに指差しジェスチャーも役に立たない)、わりと難易度の高い状態でしたが…。

 

無事にドーナツとオレンジジュースをゲット。

 

あとで知りましたが、どうやらカナダで一番有名なドーナッツチェーン店なのだそうです。

 

フランス語は英語以上にちんぷんかんぷんだったものの、フランス語圏に来たんだなぁというかんじがして、むしろ良いモントリオールとの出会いでした。

 

 

 

 

長々と書いてしまいましたが、メガバスのコツはふたつ。

 

・チケットは早めに予約しておくこと

・到着時間と周辺の地図を絶対に事前に確認しておくこと

 

 

トロントとモントリオールはそれぞれ違う魅力を備えた街です。

 

カナダの東のほうに来るときは、ぜひぜひ両方の街を堪能してください~

 

 

Twitter:@user_addr
Instagram:user.addr

 

今日のモントリオール

 

無料留学相談
六本木オフィス、電話、メールにてカウンセリングさせて頂きます。
「この記事を見て留学に行きたいと思った!」とお見積時に伝えれば5,000円割引
記事執筆者の留学生にも5,000円キャッシュバック。

名前

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

電話番号

留学検討中の国

備考

内容を確認 


関連記事

  1. One project~イチャリバチョーデー~
  2. ヲタクOne(44)留学2週間経過【地味な持ち物選手権】持って来…
  3. 私がoneに選ばれるまでvol.07 〜追加書類審査〜
  4. アメリカ入国に必要なビザとエスタとは
  5. ダブリンの映画館
  6. 【905hPa?!!】バギオにMANGKHUTがきております(゜…
  7. One project~桜~
  8. 一つ屋根の下、隣の部屋には30歳ハーフのマッチョ!?! スペイン…

ランダム 運命の10記事

留学に行く前にすること

留学に行く前、色々準備が必要になってくると思いますまず期間によっては法的…

Basic knowledge about miles. マイル基礎知識 No.13

Hi! Yukiです!連日の豪雨…

☆2月ランキングT O P 3 ☆

留学GEAR カウンセラーのSeikoです。春一番吹きましたね!私が住んでる千葉では竜巻注意報が…

狂犬からの逃げ方 ~逃げるは恥だが役に立つinフィリピン(逃げフィリ)~

みなさんは、狂犬病を持つ犬に追いかけられたことがありますか?僕は3回ほどある。狂犬病…

無料留学 One project〜出発前夜〜

Liliです。いよいよ明日、出発です。バッグからちょこんと出てる女の子は、お守り。お母さんが作ってく…

アイスを求めプチ一人旅&ドローンから見た風景

また1週間が終わりましたね〜。どうも、Jです。今週はとても良い日々を過ごす事が出来たので…

ニュージーランド留学〜トランピングのスタイル〜

こんにちは、Yukaです。前回トランピングについて紹介しました。今回はトランピングのスタイル…

アメリカFLS アメリカ留学〜FLSを選ぶ10の理由〜

アメリカ留学の中でも高い満足度を維持し続けているのがFLSです。そんなFLSはなぜ満足度が高いのか、…

無料留学One project〜農業体験 WWOOF〜

Liliです!イタリアの秋は、結構寒いです。毎日、羊、鶏、豚、ロバの世話をしたり、果物や野菜…

アイルランドを留学先に選んで良かった事・悪かった事

先日、マインドをしている子供たち家族とDublin Horse Showに行ってきました!初…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

campaign One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. ブログの収益ってどのくらい🧐

    アイルランドに来てあっという間に半年経ちました🇮🇪 東京で暮らしているベースと何ら変わって居ないので(レコ屋行ったり映画館行ったりな毎日) ...

  2. ダブリンのクラブ事情とよくある勘違い🇮🇪

    以前にもダブリンのオススメなクラブを紹介致しましたが https://ryugaku-gear.com/2018/06/emiishigeta/...

  3. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  4. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Mi...

  5. 私って可愛いしモテる!?スペインでキタ――(゚∀゚)――!モテ期!!

    こんにちは RIKA です!! 途中でやめるとただのキモイやつなので最後まで読んでくれたらうれしいです。|д゚)(笑)  ...

  6. [#留学] ホームステイで繰り広げられる最強の頭脳戦 ~しょくぱんマンは2枚目~

    Hi     どんな上の句にも、「ころもほすてふ あまのかぐやま」の下の句がしっくりきてしまうKeitaです。 ...

  7. トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

  8. 一つ屋根の下、隣の部屋には30歳ハーフのマッチョ!?! スペイン住むところ事情!

    こんにちは RIKAです! 昨日の記事をFBやTwitterでも公開したら友達からのコメントやInstaからのDMがきてなんだかうれし...

  9. 【永久保存版】男女別・海外の靴サイズ換算表(一覧表)

    永久保存版 海外での靴のサイズ換算表(一覧表)!!   こんにちは、はろです。 僕は、日本から靴を2足持って来ました。ブーツとスニーカ...

  10. 【ニュージーランド留学】One projectドキドキ初めてのSkype面談

    第一次面接、始まるまではすごくドキドキしていたのですが、 いざ始まるととても親しみやすい面接官の方で 親近感が湧くような方でした。(私にとって後々...

PAGE TOP