完・私が留学に興味をもったきっかけ

今回のテーマは

==完・私が留学に興味をもったきっかけ==

こんにちは

AKIEです 😛 

Blogちょっとご無沙汰してしまっていました。

・・というのも、ここ1週間いろんなことがありまして。

その中の一つ、春といえば

入学式!!!!!

そう。入学式だったんですよ 😆 

母の(笑

え?え?という感じだと思いますが(笑

この度、私の母れーこさん(アラ60)が

保育の学校に入学したんです 😎 

まわりの生徒は高校を卒業したばかりの10代。

机に座る後ろ姿に、妙にひろい背中が

混じっていると思ったら

母でした。笑

私がカナダに留学に行くといった時

「自分も頑張りたい。」と言っていましたが

まさか実行に移すとは 🙄 

周りより一回りも二回りも広い背中は

私たち兄弟や、孫、家族みんなを

をいっぱい支えてくれた、頼もしい背中なんです。

これからは自分のやりたいことを

めいっぱいやってより豊かに過ごしてほしい 😆 

キラキラした目で入場してきた母の姿は

とても素敵でした。

 

挑戦することに年齢は関係ないもんね!

ガンバレお母さん。ガンバレ自分ww

 

先週、個性を認め合える環境と

自分の心の中の幸福感を

大切にしたいというお話を書きました。

今回は

なぜそれが海外留学につながったのか

を書きたいと思います。

宝塚歌劇団を卒業した後

私はもっと広い世界を知りたいと

東京に飛び出しました。

そして、暮らしの拠点に

シェアハウスを選んだんです。

理由は簡単。

もっといろんなひとの

価値観を知りたい、と。

5人で一つのお家をシェアする形

だったんですが

そこで素敵なメンバーに出会いました。

世界各地で日本語の教師をしているKさん(日本人)

ブルガリアから日本に留学してきているTちゃん

バリバリのキャリアウーマンのMさん

都内でOLをしているIさん

そして芸事とアルバイトをかけもつ私(笑

とっても個性豊かなメンバーで毎日が楽しく

刺激的でした。

(いつかこのお話もしたいと思います)

そのなかで自然と、日本と外国の違いについて

よくディスカッションをしていました。

たとえば、お昼ご飯について。

毎日お弁当をつくっていた私。

ある日リンゴを切りながら

「めんどくさいー。丸かじりしたいけど

さすがに外でできないしなぁ。」

とぼやいていたら

T「どうして?公園でそのまま食べればいいじゃない?」

「お弁当は素晴らしい文化だけど、

リンゴを丸かじりする日があったって構わない

日本人は周りを気にしすぎているわ。

食べたいものを好きにたべるのに

どうして周りを気にしなくてはいけないの?」と。

彼女曰く、日本の大学で

リンゴだけをお昼にしていると

「ダイエットしているの?」とか

「面倒くさがりなの?」っていわれたりするけど

私はこれが食べたいだけ。

そんなことを気にするなんて不思議だわ~

といっていました。

私たち日本人側は

「ほーほー 🙄 」と。教師のkさんは

「そーいえば確かに。海外が長くて

日本人の感覚を忘れていたわ。」と(笑

この日本人の感覚っていうのが、

結構一緒に暮らすと違うもので

些細なことで感覚の違いを感じることが

沢山ありました。

そして日本側3人と海外側2人(Kさん含む)

と過ごすと、明らかに違うことが。

外人さんよりの二人は、ものすごく

マイペース。おおらかで細かいことは

気にしない。でも希望とか交渉の時は

ハッキリ自分の意見を伝えるんですよね。

対して日本人側は、すごく協調性が

あるのだけど自己主張が苦手。

周りに合わせて言いたいことも

やりたいことも、セーブしている感じがありました。

もちろん個々の性格もあるけど

日本の国民性もあるような気がします。

そういう意味では

京都に比べて、東京の方がもうすこしグローバル。

色んな出身地からきていて

考え方もそれぞれの人が沢山います。

それでも「個性的」な人は

「特別な人」「変わっている」

という存在として受け入れられている感覚が

まだあるように思います。

公園でリンゴの丸かじりをする人を、

普通に気にもしないとい社会でははないかな、と。

 

食べたいから食べる。 着たいから着る。

踊りたいから踊る。

たとえ人と違っても。

そういうあたりまえの事が

心のままにでき

それが自然に受け入れられていく環境が

日本はまだ少し足りないかな・・。と。

 

会話やネットだけではなく

暮らすこと、働くことで見えてくる

海外の感覚をもっと知りたい。

それを沢山持ち帰ることで

これから日本で育つ子供たちが

もっとのびのびと暮らせる環境が

作れるのではないか。

というのが私の留学に興味をもったきっかけです。

完結しました~ 😛 

したのか・・?な??笑

とにかくこれが等身大の

私が考えるすべてです。

この気持ちがカナダで

どう変化していくのか

とても楽しみです!!

 

さてさて

次回はワーキングホリデーのビザ

申請方法いついて書きたいと思います!

また見に来てね~

 

 

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考