【カナダ留学】27.カナダのバンフでスキーに行く‼その2

Sunnyのブログ

最初の写真は、リフトを降りたところにあったものです。

ブリティッシュコロンビア州とアルバータ州を隔てる大きな山でスキーをしていました。

ブリティッシュコロンビア州はバンクーバーがあるところ。アルバータ州はそのお隣で、バンフ国立公園があります。

 

 

前回の続き。→カナダのバンフでスキーに行く!!

今回は、お金のこと。

 

お金がかかったもの

①スキー板のレンタル。CAD$33.0 (およそ2670円)

(地元で働いている方、そのことを伝えると割引もらえます。そうでなくてもHPにも割引出ていました)

②リフト券 。CAD$114.45(およそ9261円)

③コーヒー。CAD$4 くらいだった(およそ323円)

 

仕事先の方にスキーブーツと、スキーウエアのパンツを借りられました。3月のこの時期、天気が良ければダウンジャケットとか、パーカーとアウトドアジャケット(レインウエア)で充分そうです。私が行った日も、天気がよく風もなくてパーカーにアウトドアジャケットで余裕でした。

手袋とゴーグルも持参していたので、そこもかからず。

レンタルショップ。スノーシューやクロスカントリー、夏のアウトドア用品、なんでもありました。

なーんにも持ってない手ぶら状態でも、ヘルメットからバックパック、すべて借りられますので大丈夫です。

HP上でピンぼけしていた料金表 笑

今回は住んでいる近くのレンタルショップで借りましたが、スキー場にももちろんあります。サロモンショップもありました 🙂

 

スキー靴まで履いてャシャトルバスに乗る人がほとんどで、ちょっと衝撃でした。(現地に行ってから着替えたりしていたので。)

広場みたいなところでにチケット売り場

リフト券は時期によって変わるので、行くスキー場のHPを要チェックです。この春だけのシーズン券とかもあって、3回行くならシーズン券買ったほうがお得、などなどいろいろあります。また月に1回、たった$2っていう日もあって、差が激しすぎて理解できません笑 🙄

リフト券買うところ。日本となんら変わりありません
まさかの紙。最初のゴンドラ乗るときに、スタッフの方が、バーコードを、ピッとしてくれます
お隣ではホットチョコレートを配っていました

お昼は持って行ったのでかからず。レストハウスのスタバでコーヒーを飲みました。

レストハウスでご飯食べる人もいますが、お弁当やサンドウィッチ、スナック等々持参している人が多かったのも印象的でした。

🙂 🙂  🙂 🙂  🙂 🙂

バンフからはシャトルバスが無料であるのでかからず。

スキー場のHPにのっていた、バスの時刻表

 

 

日本の感覚でだとリフト券がかなり高い……。倍はしていますから。

でも。あの景色見られたら、いっか!ってなりました。

 

 

レンタルやリフト券、シャトルバスの値段や時間ですが、

①日本語でググる

②英単語でググる(Banff、Sunshine Village、Skiing、Rental、Bus)

↑これおすすめです。日本語もいいのですがブログとかだと、どうしても時差が生まれます。私たちの使っているカタカナ英語、けっこうそのまま英語になっていて、意外と単語で意味が拾えたりするので、意外といけます。 (料金表ならPrice、バスならShuttle Bus みたいな感じです。)

 

という感じの1日でした。

 

 

おまけ

焚火もしていた
相変わらず、絵になる。

 

 

 

Sunnyのブログ

自己紹介ブログ

それぞれいくつかブログがあります↓

会社辞めるか辞めないか ブログ

フィリピン留学で感じたこと。現地情報より、気持ちのブログ。

カナダで職探し ブログ

カナダのお買物事情

バンフ生活