🤺🐨~どっちが”主流”で”学ぶ”べき?アメリカ英語とイギリス英語の違い~🐶🍚

“ももいろクローバーZ”さんの”Z”って何て発音していますか?ジィー派?ゼット派?😊

ジィー派の貴方はアメリカ英語派!
ゼット派の貴方はイギリス英語派!

本家はゼット派なので英風ですね😜

(現役時代、カラオケでお世話になりました。ありがとうございます。)

今回はこの”Z”の発音の様に”色々なアメリカ英語とイギリス英語の違い”について勝手にお伝えしたいと思います!😜😜😜

アメリカ1年、イギリス3ヶ月しか海外生活しておらず、経験・知識の少ない僕なりに感じ、まとめた項目は下記の様になっております!少しでもご参考になれば幸いです!😁

1, アメリカ・イギリス英語どっちが主流なの?
2, 発音の違い
3, 単語スペルの違い
4, 時間表現の違い

1, アメリカ・イギリス英語どっちが主流なの?

もし貴方が勉強し始めるにあたってアメリカ英語かイギリス英語で悩んでおられるのであれば、僕は「どちらでも問題なく、本当に自分の目的・憧れで決めて良さそう」と思っています😁

理由としては下記が挙げられます。

<用途と人口>
ロンドンの大学・語学学校にはEU圏+α国(アフリカなど)から学生が集まっており、国数的にイギリス英語の方がビジネス上では主流なのかもしれません。UCLフェンシング部もそうでした🤺🤺🤺

ブラジル

モロッコ

ですが人口面で考えると、日本もアメリカ英語ですが、カナダやフィリピンなどもアメリカ英語を使用しており、単純計算で人数的にアメリカ英語の方が使われていそうでしたので、主流という話になると結論づけるのは難しいです😅

<英語は複数あり、一括りにできない>
以前のブログ記事でも述べさせて頂きましたが、世界には基本英語だけでもアメリカ・イギリスの他にも様々な英語が存在しています!

しかもアメリカ英語、イギリス英語共に日本でいう関西弁・博多弁の様に違いがあり、一括りには出来ないと思います!(僕の英語力では地域差をハッキリと区別出来ませんでした😅)

特にイギリスではかなり差があり、イギリス人でも理解するのが難しい場合があると教えてくれました😳

ですので、自分の憧れや目的に合わせて決断するのが本当に一番だと思います!!

②発音の違い

よく耳にするのは、イギリス英語の水:Waterの発音は日本と似ており、イギリス英語の方が日本人には話し・聞き取りやすいと聞いた事があります。

今回ロンドン留学をした際に思った事としては、
  アメリカ英語は単語単語が”カカカッ“っとシャープに聞こえる
  イギリス英語は単語が”フワッフワッ“と少し掴みにくい感じで聞こえる

正直今回のロンドン留学前に1年間カリフォルニア留学をしていたのでイギリス英語の聞き取りは難しく、慣れるまで約2週間ほど掛かってしまいました。

意味分からないと思うんですが、各英語の第一印象としては

  アメリカ英語=包丁でのリズミカルな高速みじん切りの音
  イギリス英語=強目の川のせせらぎ

ごめんなさい、本当にそう感じたんです!!😓😓😓

もし実際に”アメリカ・イギリス英語の違い”を比較されたい方は、下記の”Cambridge dictionary“がオススメです!

水(ウォーター):https://dictionary.cambridge.org/dictionary/english/water?q=Water

Cambridge dictionary“は検索した単語の意味だけでなく、アメリカ・イギリス英語で発音してくれるサイトで留学中にかなりお世話になりました!

ぜひ貴方の各英語の印象や聞き取りやすさを確かめてみてください😁

③単語スペルの違い

”アメリカ・イギリス英語の違い”の一つに単語の綴りの差があります!

例)
「中心」という意味のセンター
アメリカ: center
イギリス: centre

「サッカー⚽️」を表す単語
アメリカ: soccer
イギリス: football (アメリカでのfootballはアメフト🏈)

今回は観光や自己紹介で使える単語に絞ってまとめさせて頂きました😊

<少しスペルが違う>

アメリカイギリス
旅行travelingtravelling
劇場theatertheatre
お気に入りfavoritefavourite
色colorcolour
気付くrealizerealise
プログラムprogramprogramme

 

<根本的に違う>

アメリカイギリス
お会計checkbill
荷物baggageluggage
持ち帰りtake outtake away
トイレbathroomtoilet, loo
サッカーsoccerfootball
携帯電話cellphonemobile phone
ガソリンgaspetrol
ゴミgarbagerubbish
記入するfill outfill in

参考になれば幸いです😊

④時間表現の違い

日本では時間を文字に起こす際に24時間表記で10:30や21:10など表しますが、アメリカ・イギリス共にAMPMを使いAM10:30やPM9:10と表記します。

ですが口頭になるとイギリスの場合は少しややこしく表現していていました😳

例1)15, 30, 45分ジャストの表現
Quarter passed 5AM→AM5:15, 05:15
Quarter to 7AM→AM6:45, 06:45
Half passed 5PM→PM5:30, 17:30

例2)大体15, 30, 45分の表現
Almost quarter passed 5AM→AM5:10〜14ら辺
Just passed quarter passed 5PM→PM5:16〜5:20
Almost passed half passed 5PM→PM5:31〜35

(これ逆に面倒くね?😅)

実際に時間を聞かれた際にはAMPMは明白なので付けませんが、明日の予定などを聞かれた際にはAMPMを付けて説明する事が多かったです。

今回はアメリカ・イギリス英語の違いなどを勝手に述べさせて頂きましたが、今後も何か違いを思いつき次第アップさせて頂きますZ‼

また次回お会いできるのを楽しみにしております😊

🐨前回の記事

🐨次回の記事

 

もし”あなた”が何か留学を躊躇している理由や不安があるのであれば、いつでもお話しますので連絡くださいね😊

Skype: tada3240

E-Mail: [email protected]

facebook: https://www.facebook.com/tadaaki.watanabe.7

AKI