One project

ヲタクOne(31)【3月5日 ビザ一揆勃発】フィリピンビザを事前に取ろうと半日騒いだが。

 

聞いてください。

 

どうも、フィリピンOne てんです。

 

数多(あまた)いるアイドルの中で、私が今一番会いたいアイドルが、HiHi Jetsの猪狩蒼弥くんです。なんと彼の所属するHiHi Jetsのライブが東京で決まりました。私の留学期間にガッツリ被せて(なみだ)

 

 

さて前回のブログで、怒涛のオンライン英会話ウィークブログが完結しました。英会話のまとめという名の、現地フィリピン人講師に学んだフィリピン観光情報まとめになりました。

 

今回は、最近個人的に大騒ぎした「フィリピンのビザ」について書きます。今まで観光ビザしかお世話になっていなかったので、特に気にしたことがありませんでした。アメリカのESTAと、キューバ入国の何か()ぐらい。

しかし、今回の渡航目的は留学。「なんだか必要そうな気もするけれど、でもなんだか調べるの元気がいるな~」と、海外保険同様ないがしろにしておりました。

 

ちらっと調べた際、フィリピンの観光ビザ(申請なしにスルッと入国可)は、30日と知りました。

One Projectにより二ヶ月留学させていただく私は、こちらでは足りません。申告の必要があります。

どうせビザにお金を払うのであれば、観光ついでに一度他の国へ出国してしまいたいと思いました。

がしかしそんな時に、猪狩くん含むHiHi Jetsの単独ライブが5月に行われることになり、私は帰国する気満々になりました。

そうしたら、ビザに金を払わないようなライブ日程を申し込みたいと思いました。

ビザを調べていると、59日以下のビザも無料と出て来ました。

検索してヒットした見知らぬ方のブログでは、59日以下の観光ビザはフィリピンで取得すると有料(6,000円ほど)、日本で事前申請すれば無料と書いてありました。

それなら、現地での申請の手間を省きたいし、日本で事前申請しようと思いました。

フィリピン領事館のサイトを見てみると、日本での申請は雇用証明書やらの書類が色々必要で今のバイト先にも掛け合わなければならない。

現地滞在先の宿泊証明書も必要のようで、それは寮の場合出していただけるのだろうか。

60日以上滞在の場合は、CNE1のスタッフと一緒に申請に行くらしく、授業も潰れるし同行サポート料まで必要だ。

59日以下の無料ビザでも同行サポート料が取られるのであれば、日本で事前申請してしまおうか。

え待って、フィリピンに行く留学生が必要なビザ(SSP:特別学習許可書)12,000円ぐらいするのに、一度出国したら失効したりして。

0305 ビザ一揆勃発

 

猪狩くんに会いに行きたい気持ちと、不要なビザ代は払いたくない気持ちと、多少の面倒は被る気持ちと、でも高価なSSPの二重払いは避けたい気持ちで、3月5日22時頃、ビザに夜襲を掛けられました。検索しても情報が古かったり、フィリピン領事館のサイトには私が知りたいことは載っていなくて、すごいモヤモヤしたまま眠りました(睡眠そのものには問題なし)

 

ということで、またまたネット検索では理解できなかったので、海外保険同様「ヒューマン アンド ヒューマン」での解決の方向となりました。何でこんなにも、検索が下手くそなパッパラパーなんだろう。

まあ最終的に今回はメールで解決したのですが、急遽勃発したビザ一揆によりめちゃめちゃビザを制してしまいました。フィリピン留学へ行かれる方、留学中に違う国への観光予定がある方、日本でのライブ参戦のために一時帰国する同士の方、ZEHI☆参考にしてください。

 

こんなに騒いだにも関わらず、フィリピンのビザ、笑えるほど簡単でした。

 

 

本日のセットリスト

1.CNE1のサイトを確認しながら、わしの滞在日数を数えてみよう。

2.ビザ一揆1戦目

3.ビザ一揆2戦目

4.ビザ一揆3戦目

5.ビザ一揆4戦目

6.ビザ屋の窓口作戦。

7.大使館に電話作戦。

8.すげーあっさり和解した。

私のダラダラなゴタゴタは飛ばして、「8.すげーあっさり和解した。」だけ見てもらうことをオススメします。

 

1.CNE1のサイトを確認しながら、わしの滞在日数を数えてみよう。

 

留学先の学校CNE1はプロなので、ビザ情報も最新だろうと思い、まずはCNE1のサイトからビザ費用の勉強を始めました。留学費用のページから確認してみると、

観光ビザ30日間は無料で、そこから30日の延長(トータル59日計算らしい)も、やっぱり無料とのことでした。

 

それでは、わしの滞在日数は何日間なのか数えるにあたり、エクセルでカレンダーをピコピコ作りました。エクセルのテンプレート的な物でカレンダーを出してみたら、2008年物で泣きました。

フィリピン滞在、64日間。

無料から5日間のオーバーだ。

 

One Projectで留学させていただく二ヶ月の日数だと、ビザ無料の範囲から5日間オーバーしていることが分かりました。保険と違って5日間分の延長料金を払えれば良いのですが、そんな面倒を留学生一人一人にやっていたら国が終わってしまう。延長30日の次は、59日間分の延長料金が適用されまして、

7,200円チャリン。

 

あと54日滞在する方と同じ費用を払う必要があります。そして60日以上からは、”THE 申請”となるので、CNE1のスタッフさんに申請の同行をしてもらう必要+平日しか申請場所が開いていないので授業を最短でも半日休講+同行サポート料1,000ペソ(約2,000円)が必要になるのです。CNE1の留学費用ページに記載があります。

 

要するに、授業も出来なくて9,200円ぐらい払わねばならんの。

 

それを「諸費用」として飲み込むことも楽しむ秘訣ではありますが、だったらもう少し払って他の国へ行ってしまって、フィリピンの滞在日数を一回リセットしようと思いました。

 

って思っていたら、猪狩くんのライブが決まりました。日程を見てください、

1ヶ月以上も公演をしてくれるのに、私の留学期間丸被りなんですよ。

 

一回泣きましたがしかし。裏を返せば、この為に帰国をしたらフィリピン滞在日数がリセットされる。それすなわち、不要なビザ代を払わなくて済む上に、猪狩くんにまで会えるというゴールデンヘブンを見つけてしまいました。

 

ヲタクに火が付きました。「猪狩くんに会いに一時帰国」、なんて素敵な響きなんだろう。

こうなると、不要な出費は避けたい熱が上がりました。公演期間が長いので、ビザを払わなくて済むライブ日程を申し込もうと思い、ついでに、三ヶ月への留学延長の線も考慮してみようと思いました。ないがしろにしていたビザ問題について、調べてみる元気が湧きました猪狩くんありがとう

 

ってすぐに解決出来たら良かったのですが。やっとパッパラパーがビザに乗り出したのに、寄ってたかって謎に襲われました。

 

 

2.ビザ一揆1戦目

 

「フィリピン ビザ🔍」で検索をかけると、フィリピン大使館がトップヒットでした。「24年生きて来て、大使館にお世話になるのは初だのう~」とサイトを開いてみると、どうやらビザ関連は大使館の領事部という部署らしく、無料のビザも「無査証短期滞在」という正式名称のようでした。Nice to meet you.という感じ。がしかし、

 

・30日間の無査証短期滞在とデカく書かれていること、

・イスラエル・ブラジル国籍の方は59日間の滞在が可能

という文言に少々不安になりました。日本国籍は30日間までしか無料ではないらしく、そういえばCNE1のサイトでも30日~59日間の説明があまり書かれていませんでした。

 

「日本国籍だと、無料観光ビザは30日間まで??」

 

3.ビザ一揆2戦目

 

30~59日間のビザは一体どうなるのか。ネットサーフィンをしていて、フィリピンビザについてまとめられている方のブログに辿り着きました。2015年3月のブログでしたが、2017年5月に再度更新されていたので、今と変わらないのではないかと思いまして。その方がおっしゃるに、

 

・30~59日間の観光ビザは「9A」という

・9Aを日本で取得すると無料、フィリピン現地で取得すると有料

とのことでした。そんなん、日本で取りたいすぎます。しかし、CNE1のサイトと言っていることがイマイチ一致せず、モヤモヤが募ります。

 

「日本での取得は無料で、フィリピンでの取得は有料?」

 

 

4.ビザ一揆3戦目

 

こちらのブログが大変見やすかったので、そのまま日本での申請方法も学びつつ、大使館サイトの方が情報が最新なので、9Aの取得方法を確認してみました。

 

様々な書類が必要であり、中でも雇用証明書と宿泊証明書は私だけの力ではどうにもなりません。雇用証明書は恐らく発行していただけますが、宿泊証明書、寮に滞在の場合でも発行していただけるのか謎が生まれました。無料はそれなりの代償が付くものなので、多少の面倒は覚悟しておりましたが、日本での申請はなかなか上級でした。

 

「寮滞在でも、宿泊証明書は発行してもらえるのか??」

 

 

5.ビザ一揆4戦目

 

CNE1のサイトを見ていて、フィリピンで留学する際には「SSP」という、外国人がフィリピン国内で合法的に勉強するために必要なビザがあると知りました。ん、待てよ。

 

観光ビザを無料にするばっかりに、この1回12,000円ぐらいするSSPが、出国により失効されてしまったらどうしよう。12,000円ダブル払いは、64日間の観光ビザより全然高くなってしまいます。

 

「SSP、出国したら再度取得が必要です??」

 

 

6.ビザ屋の窓口作戦。

 

ビザ一揆の襲撃により、どうにもこうにもな状態です。ネットでは解決出来そうになかったので、保険同様「ヒューマン アンド ヒューマン」で解決しようと思いました。そして見事に、「日本橋夢屋」のサイトに辿り着き、旅行会社の一角でビザを専門に取り扱っている窓口を見つけました。見つけた段階は真夜中だったのと、ビザ窓口の来店には予約が必要だったので、9時開店に電話をして予約を入れる作戦を立てて眠りました。

で、9時に電話したら。

私は謎を解明するべくお伺いする予約をしたかっただけなのに、なんかおにょおにょされていたので(あと電話に出られた方の花粉がツラそうであったのもあり)「大使館に確認して」で終わってしまいました。てんさん、ビザ取得サポート窓口にサポートしてもらえず。

 

 

7.大使館に電話作戦。

 

まず、英語でビックリしてしまった。この私のビザ一揆を英語で説明出来る自信がなく「Is there a Japanese speaker?」と尋ねたら、日本語にチェンジしてくれました。しかしそこでも、保留を3分ほど待ったにも関わらず、「イマ ビザタントウハ イマセン スミマセーン」で電話を切られてしまいました。こんなんなら、9時に電話をするのではなく、9時開館のフィリピン領事館に行ってしまえば良かったと。

 

どうしよう、今日から猪狩くんのライブ申し込みが始まるのに、ビザがわけ分からなくてどの日程申し込めば良いのか分からない。

 

8.すげーあっさり和解した。

 

一刻も早く解決したくなってしまったので、自分の状況を説明して、CNE1に直接投げかけてみました。私の質問3点を緑色、CNE1の回答をオレンジ色で書きます。

 

① 私は、64日間の留学の予定でおりますが、途中、41日目で日本へ3日間の一時帰国の予定です。その場合、現地で59日以下の観光査証を取得→日本へ一時帰国→残りの滞在は20日間なので30日間の無査証で滞在 という流れで大丈夫でしょうか。

はい、そのようになります。

 

② SSPは一時帰国すると、再度申請が必要なのでしょうか。

いいえ、再申請の必要はございません。
SSPは一度取得されますと半年間有効です。途中で出国されても失効されません。

 

③ 59日以下の観光査証の場合は、フィリピン入国後に延長手続きとなるようですが、その手続きにも午前中の授業を休んで申請へ出向く必要があるのでしょうか。

いいえ、生徒様が申請に行かれる必要はございません。
当校で代行申請が可能です。代行費用も無料です。

 

 

なんて簡潔なんだろう。

 

 

一晩騒ぎ立てたことが恥ずかしくなるぐらい、あっさりと解決してしまいました。しかもお返事も1時間ほどで届き、CNE1御中のサポート手厚すぎます。

(げ、質の悪い落書きにしかならなかった)

 

おかげさまで、昨晩私が襲われた数々は ”不要” ということが分かりました。面倒な手続きも、ビザ費用も、一切不要です。

 

同時に、ライブに懸ける日も決まりました。わしの留学カレンダーで、再度滞在日数を整理しましょう。

 

滞在日数が40日と、22日になったので、ビザ代が不要になりました(拍手喝采)。

 

元は30日間の無料観光ビザなので、初めの40日間は、ビザの30日間延長手続き(9A)が必要です。ですがその手続きも費用はかからず、現地でCNE1のスタッフさんが代行申請に行ってくださるそうです。しかもその代行料も不要です。

 

笑えるぐらい簡単でした。

 

ついでに、もしも三ヶ月に延長したら?の場合もカレンダーで確認しておきましょう。

三ヶ月にしても、滞在日数が50日なので、ビザ無料範囲内です(スタンディングオベーション)。

 

 

 

さて今回は、HiHi Jetsライブ開催決定により突如浮彫となった、フィリピンビザ問題について更新しました。ネット上の情報がごちゃごちゃで、ビザ一揆が勃発しましたが、CNE1御中に完璧な回答をいただきました。もうこれで、フィリピンビザを制してしまったので、私の留学レベルが上がりました(テッテレー♪)

 

さっ、申し込むライブ日程も決まったので、飛行機もやっと取れますし、後はチケットを当てるだけです。日頃の行いを向上させましょう。

 

〼ヲタスタグラム〼

〼ツイッヲター〼


てん

投稿者の記事一覧

【留学生 ✕ アイドルオタク ✕ ダイバー】
オタクな6代目フィリピンOne、略してオタクOneを運営中。世界を変えるような夢はないけれど、ダイバーだってアイドルオタクだって留学には行きたいんだ!という(基本長めの)ブログを更新しています。

関連記事

  1. ターラックの理想デートコースはこれ!〜インターンKさん〜
  2. アイルランドでマンマミーア♪
  3. [#Useless英会話] Lesson1:トイレに行きたいそん…
  4. Hawaii83 ハワイでネットショッピング~ShiiのHygg…
  5. おすすめマルタ留学!!
  6. Hawaii27日目♡アサイーボウルから感じるスーパーフード~S…
  7. 🤺🐨~どっちが”主流”で”学ぶ”べき?アメリカ英語とイギリス英語…
  8. One project~カメラ~ 

ランダム 運命の10記事

無料留学 One project~ホームステイってどんな感じ?~

Hi Liliです。今日はホームステイについてお話します。私のホストファミリーは、お母さん、…

豪華客船にご招待!―函館通訳滞在記①―【Tales of Letters】

皆さん、こんにちは。前回、客船通訳について書きます詐欺をしてしまったMikuです。今回は…

夫と英文を読んで気づいたこと

何で俺はこんなにバカなんだぁ!と頭をたたいてるけん坊。仕事で英語を使ってのプレゼンに立候…

好きな映画でフレーズ覚えちゃおう! 《今すぐできる!英語の勉強法》

Hi, Kahoです!ワーホリの必要書類を先日提出しました!やっとほっとしたので、先日…

【台湾留学】出国前夜に思うこと

こんにちは Naoです!(^^)!こんにちは、という…

ニュージーランド留学〜北島①〜

Hi, Yukaです。ニュージーランドは大きく2つの島に分かれていて北島と南島に分別されてい…

ナースのギリホリ留学 〜ダブリンでの家探しpart 3〜

こんにちは!毎日暇してる、Mihoです!こんな調子だからぶくぶく太るわけだ!!…

アメリカ留学〜チップ〜

こんにちは。ギアです。 アメリカのチップ文化についてお伝えします。 日本だとチップ文化がないので…

無料留学 One project 〜アップルパイ〜

Hi guys :) what's the craic ?旅ブロ…

無料留学 One project 〜あってよかった!!〜

こんにちは!なんか、 ものすごーく日本食が恋しい毎日です…美味しい日本食が食べたい…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

campaign One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. ワセジョ、羊飼いになる??? -Part 52 ブログの収益はベジマイトいくつ分???-

    こんにちは、Kanarisaです( *´艸`)💛 よくインスタグラムやTwitterで質問があるブログの収益について 今回はお話しようと思います!...

  2. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Mi...

  3. ダブリンのクラブ事情とよくある勘違い🇮🇪

    以前にもダブリンのオススメなクラブを紹介致しましたが https://ryugaku-gear.com/2018/06/emiishigeta/...

  4. [#留学] 夏休みの宿題を溜め込むタイプは留学で失敗する

    Hi     オクラは英語でOkraなのが可愛いと思うKetaです   前回、前々回と「ラ...

  5. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  6. ブログの収益ってどのくらい🧐

    アイルランドに来てあっという間に半年経ちました🇮🇪 東京で暮らしているベースと何ら変わって居ないので(レコ屋行ったり映画館行ったりな毎日) ...

  7. M.I.Aになりたい。

    ”KARA”が発売された時(2007) 私は当時高校生で、これまで全くhip-hopを聞いて育って来ないちゃったので。   ...

  8. トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

  9. スペイン美男美女問題!!

    こんにちは RIKA です!!     留学に=ではない記事ですが。   私が外人好...

  10. 【渡航前に…】場面緘黙症について

    ニュージーランドへ行く前に、 遅ればせながら、私の場面緘黙症を患っていた小学生時代について記事にしたいと思います。 今回のメインテーマである「場面...

PAGE TOP