アイルランド留学

ナースのアラサー留学 〜TIE exam受けました2〜

こんにちは!ルームメイトが仕事先の勤務シフトを変えてから、何をするにも時間がかぶり、ストレスMaxなMihoです!!

前回のTIE exam準備編、閲覧ありがとうございます!!
前回から急にアプリがまた使えるようになったので更新早めです!
iphoneカメラ派にはアプリがありがたい...

そして今回は当日の話します!

当日、試験を受けるのは学校ではなく、試験センターに行くことになります。
TIE examはIELT Interactive English Language Tests Ltd.と言うところで行われます。
住所はDublin2の45 Lower Leeson Street。
入り口はこんな感じです。


St.Stephen’s greenのショッピングセンター前の公園入り口の、
対角線の出口から出て5分くらいのところでした。

まず中に入ったら、
とりあえず待たされます。
時間まで入ってすぐのホールで待ちました。
持参したレポートと本そのもの、
あとは学校で渡されていた申し込み用紙を準備しておいてね〜と言われるのでその通りに。
時間になったらまず一人ずつ順番に小部屋に通され、
本がちゃんと英語で書かれているものか、
申し込み用紙がちゃんと書かれているか、
それとID(パスポート)のチェックが行われます。

それが終わったら教室でまたしばしwaiting time。
その後に2人ずつ名前が呼ばれ、テストが始まります。

わたしは大きな勘違いをしていたのですが、
一般的な、問題を解くようなテストはありません。
おおきくわけて
Oral test(Speaking)
Writing test
の2種類だけ。

ちなみにわたしは先にSpeakingのテストでした。
他の全然知らない生徒と2人一組で1人の面接官と試験します。
まずは雑談から入って、
自分たちの故郷の話をしてみてと言われ、
順番に(わたしのパートナーは男の子だったので、レディーファーストでわたしから)お話しました。
その後、ぱらっとレポートをチェックされ、
わたしはInvestigationについて、
パートナーはReadingについて説明。
面接官との簡単な質疑応答をしました。

ちなみに、
その後のWritingはお互い逆の、
わたしはReadingについて、
パートナーはInvestigationについて書くことになります。
Writingの設問は二つ。
本についてが一つ目で、
わたしの二つ目は、
アイルランドでの余暇の過ごし方とそれに対する意見、
みたいな設問でした。

これらをやって、
しめておよそ2時間弱。
13時集合で15時すぎくらいにセンターをでたと思います。

わたしとパートナーは、
お互い長くUpper Intermediateのクラスに所属していた、
似たり寄ったりのレベルだったので、
ものすごくやりやすかったです。
帰り道でもおしゃべりは止まらず、
連絡先も交換してバイバイしました。
彼はブラジリアンで、
ダブリンではなくEnnisの近くに留学している子でした。
ということは、ダブリンにしか試験センターはないのかな?
と思いました。

そんなこんなでもう結果も来てるのですが、
B2レベル取ることができました。
欲を言えばB2+欲しかったけど、
Writingのボキャブラリーのなさは自分で良く分かっているので仕方なし。
とりあえず満足の結果といえるというところですかね。

というのが一連のTIE examの流れとなります。

経験ずらずら書いただけなので
詳しいことは把握してなくてごめんなさい... 😥

なにか質問があれば、
インスタグラム(miho beppu)かFacebookページ(Castleforbes college日本語まどぐち)でも受け付けてますのでよかったらぜひ!

次回はまだなに書くか決めてませんが
間をあけずに投稿できるようにがんばりまーす!

無料留学相談
六本木オフィス、電話、メールにてカウンセリングさせて頂きます。
「この記事を見て留学に行きたいと思った!」とお見積時に伝えれば5,000円割引
記事執筆者の留学生にも5,000円キャッシュバック。

名前

メールアドレス
au, softbank, docomoなどの携帯キャリアのアドレスはエラーになることが多いためお控えください。

電話番号

留学検討中の国

備考

内容を確認 


関連記事

  1. [#月間収支報告] アイルランドでの生活費をまとめてみたよ Ma…
  2. 【 デザイナーKitty Blog 】モスクワトランジット⑤ シ…
  3. アイルランドで髪を切ったぜ!〜劇的Before After〜
  4. 無料留学 One project~ホームステイってどんな感じ?~…
  5. 【台湾で一攫千金を狙う!?】レシートについてくる宝くじ
  6. ~第5回 One project~ワーホリ・学生ビザについて
  7. 安く英語を学びたい!!オススメアプリ
  8. One project~酔っ払った日~

ランダム 運命の10記事

ヲタクOne(34)CNE1での英語学習計画、の前に『英語は絶対、勉強するな!』読了、の前にTwitterを利用した英語アウトプットまでの30分過程。

夢の水槽が新江ノ島水族館にあった。どうも、6代目フィ…

カナダ留学〜シティバス〜

こんにちは、Yukaです。カナダ・バンクーバーの交通についてこれまでスカイトレイン、シーバス…

[KIMIKADOOR] Departure🇵🇭

こんにちは!9代目フィリピンOneのきみちゃんです🇵🇭今日はいよいよフィリピンに旅立ちます!…

ナースのギリホリ留学 〜税金払い戻し〜

あけましておめでとうございます :-) 2016年半ばからスタートしたギリホリ旅。いつもこの…

アメリカ留学〜シアトル・シーホーク〜

こんにちは。ギアです。アメリカンフットボール。日本ではそこまで馴染みがないスポーツですが、ア…

Iveagh Gardenから出られない!〜ダブリンでリアル脱出ゲーム!?〜

初夏、ダブリン、人々は公園に行く。久しぶりの太陽を逃しまいと、とにかく急に夏服を着て外出しだ…

Aikaの6ヶ月留学目標! 初回暫定版♪ by Aika

もういよいよ出発間際のAikaです!準備意外と手こずってます(笑)…

これぞ異文化理解!アイルランドにいながらにして、イタリア人に本場の家庭料理「マルゲリータとティラミス」を習った話!簡単、激うまレシピ付♪

こんにちは。珍しくここ4日ほど晴れていて、やっと春が来た感じがする、アイルランド。 …

無料留学 One project〜いろんな英語〜

Liliです。英語の話。この2ヶ月間の旅の中で、色々な英語に出会いました。イングランド英…

BLI モントリオール語学学校の特徴

カナダにはたくさんの語学学校がありますよね。一体どこにしたらいいのか。何を優先させるのか…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. エターナルサンシャインアレルギー

      わたしが今住んでいるシェアハウスについて。   今私はポーランド人の女性とイタリア人の男性と3人で暮らしてい...

  2. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  3. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Mi...

  4. 中世の街並みが残るケベックシティー

    こんにちはAKIEです 😛  カナダと言えば! メープル!!!そう、 モントリオールのメープル達は、まもなく 紅葉のピークを迎えるのです♥...

  5. トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

  6. マルタでSIMを買ったら….でびっくりーALL IS WELLー

    こんにちは!まきです\(^o^)/ 蚊に刺されて、かゆいです。いっきに10箇所やられました。     違う...

  7. 【永久保存版】男女別・海外の靴サイズ換算表(一覧表)

    永久保存版 海外での靴のサイズ換算表(一覧表)!!   こんにちは、はろです。 僕は、日本から靴を2足持って来ました。ブーツとスニーカ...

  8. 婚活看護師ナカダ、JBとお別れ編。~バンクーバーで婚活を~

    カンボジア編をいったん休止しまして。JBのことを。 彼は結婚する気がない。一緒に住む気もない。日本に会いに来てくれたくらいだから遊びじゃないと思...

  9. 婚活看護師ナカダ、バンクーバーで婚活1件目~ポーランド系カナダ人と~

    はい。続いてポーランド来ました。といってもカナダに来て25年の移民。ダウンタウンのちょっとオサレなレストランで待ち合わせ。 んー、ナカダはイケメ...

  10. 電車で一本!!ニューヨークからモントリオールまで電車の旅をしてきました!

        どーもーー!ゆうちゃんです!     前回、『カナダ行く前に起こった悲劇』を書かせていただい...

PAGE TOP