【アイルランド留学】ナースのアラサー留学 〜TIE exam受けました2〜

こんにちは!ルームメイトが仕事先の勤務シフトを変えてから、何をするにも時間がかぶり、ストレスMaxなMihoです!!

前回のTIE exam準備編、閲覧ありがとうございます!!
前回から急にアプリがまた使えるようになったので更新早めです!
iphoneカメラ派にはアプリがありがたい...

そして今回は当日の話します!

当日、試験を受けるのは学校ではなく、試験センターに行くことになります。
TIE examはIELT Interactive English Language Tests Ltd.と言うところで行われます。
住所はDublin2の45 Lower Leeson Street。
入り口はこんな感じです。


St.Stephen’s greenのショッピングセンター前の公園入り口の、
対角線の出口から出て5分くらいのところでした。

まず中に入ったら、
とりあえず待たされます。
時間まで入ってすぐのホールで待ちました。
持参したレポートと本そのもの、
あとは学校で渡されていた申し込み用紙を準備しておいてね〜と言われるのでその通りに。
時間になったらまず一人ずつ順番に小部屋に通され、
本がちゃんと英語で書かれているものか、
申し込み用紙がちゃんと書かれているか、
それとID(パスポート)のチェックが行われます。

それが終わったら教室でまたしばしwaiting time。
その後に2人ずつ名前が呼ばれ、テストが始まります。

わたしは大きな勘違いをしていたのですが、
一般的な、問題を解くようなテストはありません。
おおきくわけて
Oral test(Speaking)
Writing test
の2種類だけ。

ちなみにわたしは先にSpeakingのテストでした。
他の全然知らない生徒と2人一組で1人の面接官と試験します。
まずは雑談から入って、
自分たちの故郷の話をしてみてと言われ、
順番に(わたしのパートナーは男の子だったので、レディーファーストでわたしから)お話しました。
その後、ぱらっとレポートをチェックされ、
わたしはInvestigationについて、
パートナーはReadingについて説明。
面接官との簡単な質疑応答をしました。

ちなみに、
その後のWritingはお互い逆の、
わたしはReadingについて、
パートナーはInvestigationについて書くことになります。
Writingの設問は二つ。
本についてが一つ目で、
わたしの二つ目は、
アイルランドでの余暇の過ごし方とそれに対する意見、
みたいな設問でした。

これらをやって、
しめておよそ2時間弱。
13時集合で15時すぎくらいにセンターをでたと思います。

わたしとパートナーは、
お互い長くUpper Intermediateのクラスに所属していた、
似たり寄ったりのレベルだったので、
ものすごくやりやすかったです。
帰り道でもおしゃべりは止まらず、
連絡先も交換してバイバイしました。
彼はブラジリアンで、
ダブリンではなくEnnisの近くに留学している子でした。
ということは、ダブリンにしか試験センターはないのかな?
と思いました。

そんなこんなでもう結果も来てるのですが、
B2レベル取ることができました。
欲を言えばB2+欲しかったけど、
Writingのボキャブラリーのなさは自分で良く分かっているので仕方なし。
とりあえず満足の結果といえるというところですかね。

というのが一連のTIE examの流れとなります。

経験ずらずら書いただけなので
詳しいことは把握してなくてごめんなさい... 😥

なにか質問があれば、
インスタグラム(miho beppu)かFacebookページ(Castleforbes college日本語まどぐち)でも受け付けてますのでよかったらぜひ!

次回はまだなに書くか決めてませんが
間をあけずに投稿できるようにがんばりまーす!



世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考