【アイルランド留学】ナースのアラサー留学 〜TIE exam受けました〜

こんにちは!相変わらず寒さに晒されてるMihoです!
身体の末端が冷えやすい体質なもので、手足から太もも、肩までいつも冷たい...
しょうがとか必死に摂ってますが...
なんかいい体質改善方法あったら教えてください。
ってか温泉行きたい...笑

前回の危険ハプニング編、閲覧ありがとうございます!
日常茶飯事、とまではいきませんが、
日本にいるよりはよく見かけるハプニングです。
引き締めます。
身も心も。

そして今回は!
学生ビザ留学の方必見!!

TIE exam

について書いていきたいと思います。
TIE examとは、Test of Interactive Englishの略で、
学生ビザでアイルランドに留学する人のExit testです。
学生ビザで留学する場合(最長8ヶ月)、
6ヶ月の学校とこのExit test(絶対にTIE examということでもないらしい)が必要となる決まりになってます。
その他にも出席率とかいろいろ決まりはありますが、
それはまた今度。

実はわたし、
学生ビザになってからほとんどブログを書かないでいるうちに、
なんと学校終了してました
その最後の週に、TIE examも受けてきました!

TIE examは、おそらくどこの学校も、6ヶ月の授業料金の中に検定料が含まれて販売されているんだと思います。
わたしも自動で申し込みされ、
日時が決定し、
受けることになってました。
入学当初に、こんな感じのテスト受けますよ〜覚えといてね〜
ってガイダンスがあって、
次は検定1ヶ月前くらいから準備のチェックが始まりました。

やらなければならないことは大きくわけて3つ。
Reading
Investigation
News story

Readingは英語で書かれている本を1冊読み、
その本について簡単なレポートを作成します。
お恥ずかしながら自分のレポート晒しますが、こんなかんじ。


読んだ本は児童文学のGeorge’s Marvellous Medicine。


Investigationはじぶんの興味のある分野の事を簡単に調べてレポートを作成するというもの。
そしてわたしの激しく日本批判なレポートはこちら...(^^;;


これは本当に何を選んでもOKみたいです。
ブラジル人のクラスメイトは自分が好きなサトウキビのことを語っていました。
最後のNews storyは、その時の時事ネタから自分が興味を持ったものをピックアップし、
2,3日それに関連したニュースを追ってレポートにまとめるというもの。
わたしのは年明けにアイルランドを賑わしたこちら。

こう書くとすごく簡単な作業かもしれませんが、
ReadingはまだしもInvestigationとNews storyはピックアップするのがなかなかに難しい。
わたしの場合、Investigationに関しては、
興味のある分野は医療でしたが、
その分野のことをレポートにできるくらい英語で調べるのは自分のレベルでは不可能だったので、
日本人として日本とアイルランドに関係のあるトピックを選びました。
News storyに関しても、
2,3日追跡しなければいけないということがネックで、
なかなかトピックを決めることができませんでした。
選んだ事例が発生したのが1月3日、テストを受けたのが1月31日。
最近のネタから選ばなければいけないNews storyの決まりからして、
ぎりぎりの期間だったと思います。

わたしは家に先生がいるので、
レポートはRomanoに全部見てもらって添削をお願いしました。
わたし以外の生徒は、
わたしが通う学校ではDirector teacherがTIE examの指導係なので、
その先生が添削をしてくれていました。
それらをプリントアウトして、
ステキな表紙をつけて、


準備完了です。

試験当日の話は次回にしますね!
次もよろしくお願いしまーす!!!

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考