One projectって結局何が良いの?-私とOneの出会い,Oneの魅力-

見てくれてありがとう~まゆです(^^)

そろそろいい加減自己紹介しないと…と思いつつ、今が旬の9代目oneの募集に関しての記事を先に書くことにしました!

先にそっちを紹介します。せっかく書かせてもらっているので、私とoneの出会いやoneの魅力などについて、私自身の目線で書けることを書いていこうと思います!私事ですが、3月上旬にインドネシアでの日本語教育関連のインターンを終えて帰国したので、ブログの更新頻度もここから上げていきますよ~

 

ⅰ One projectとは?

ⅱ Oneとの出会い~応募まで

ⅲ 私が思うOneの魅力

 

ⅰOne projectとは?

株式会社Enginnier Limited さんが様々取り組んでおられる事業の1つ

 最大で3ヵ月間の語学学校の授業料を支援する企画

詳細はコチラ➢http:www.enginnier.com/one-project/

 

ⅱOneとの出会い~応募まで

出会いはFacebookの広告でした。

「えっ………最大3ヵ月授業料がタダ」ってどういうこと!?もしかしたら怪しいヤツかな?

「どうしよう、応募して取り返しのつかないことになったら?」

「うーん、でも留学したい気持ちは確実にあるし、、、ここで諦めていいのか!?」

 

 

 

 

……………………………………………………………………………………………。

 

 

 

 

 

正直、心配性なわたしはこんな感じで疑ってかかっていました(笑)これを読んでいる方の中もこの点不安に思われているかもしれません。

最初に言います!大丈夫です!!怪しくなんかありません(笑)

でも当初不安で、私はなんとかして情報を得ようと思い、one projectに関する記事を片っ端から読みました。私が目にしたもので忘れられないもの、また応募の決め手になったのは以下です。

・歴代Oneの方々の勇ましく臨場感のあるブログ

(こちら➢https://www.enginnier.com/one-project/

・Oneがどうして成り立っているのか&会社の理念

(こちら➢https://www.enginnier.com/corporate-information/)

 

そう、私はこれを見て、自分自身の夢に近づきたいという情熱を自分の中から呼び起こすことに成功し、応募することにしました。歴代Oneの方々のブログ、藤岡さんのブログをじっくり読み込んで、留学にかける様々な熱い思いや、向上心、野心などを感じました。また、Oneはスポンサー企業の方や学校関係者など様々な立場の方たちに支えられていることも知りました。

そして私はブログを見ながら思ったことがあります。

あ、

 

夢を語ることって恥ずかしいことじゃないんだなって。

 

 

よし、この人たちのもとでなら大丈夫だ。この自信はどこから来たのか定かではありませんが、私の「なんでもやってみたい!!!!」というこの旺盛な好奇心に火を付けました。

また私を急かしたこんな文言も…。

「各国応募人数に応じて随時予告なく締め切ります。選考順は書類提出を頂いてから随時個別に進めていきます。そのため選考途中であったとしても、その国の選抜者が決まってしまうことがあるため、希望国が決まっている人は早めの応募をお勧めいたします」(第8回 One project詳細より抜粋)

 

ええええー!それは困る!

 

「余裕をもって仕上げて、文を少し寝かしてもっと良いものに…」なんて余裕もなく、応募フォームに今まで胸に秘めていた思いをこれでもか!と書き連ねたのを覚えています。

 

ⅲ私が思うOneの魅力

これはね、ありますよ~たくさん!例えばパッと思いつくだけでも、

 

・「Make it easier to feel the World」を感じる人を増やすお手伝いができる

・夢について堂々と語れる

・熱い夢を持った同士に出会える

・応募がカンタン!フォーム入力も面倒なことは一切ないし面接プロセスは全てオンライン

・自分の発信力を高める良いきっかけをもらえる

 

特に「Make it easier to feel the World」を感じる人を増やすお手伝いができるということに喜びを感じています。というのも、実は私自身、去年の1年数ヶ月に及ぶ留学体験を伝えるために幾度か講演をさせていただいているのですが…

中高部での講演
大学内での講演

実際、話に興味を持ってもらえたり、個人的にも留学の相談をしてくれる人がいたりするのは肌で感じますが、「よし、行動起こそう!」というところまでなかなかいかず、「現状困ってないし、なんとなくハードル高そうだし」と結局あきらめてその場をやり過ごす人を何度も目撃しました。

 

 

確かに、あると思います。不安要素は。周りの反応とか、将来への不安とか。でも人生一度きりだし、すべてのことにはタイムリミットがあります。今迷っていることを今後、例えば1週間後も同じように悩み続けていられるかどうかなんてわからない!だったら、選択肢として「留学」があるなら、手の中にあるうちに行動を起こすべきなのではないかと思います。私は偉そうなことを言える立場にありませんが、留学を経験してきた1人として、少しばかり伝えられることはあるはずなので、その部分をブログを通しお伝えしていきます!

 

最後まで読んでくれてありがとう。

➢➢次回はOne選考プロセスについてお伝えしま~す!みなさん良い週末を(^^)/

 

MAYU