保険 請求して返ってきた(TABIHO)

スクリーンショット 2016-07-26 15.28.46

[email protected]たびほお申込みページへ

ダブリンは相変わらず寒いですが、少しずつ春の陽気も姿を現し始めています。

最近引っ越した家の窓側がちょうど東側なんですが、朝7時にはすごく眩しくて暖かい日差しに目を覚まされます。 🙂 

保険が無事支払われて、2万円(歯の補強代)が返ってきたので

その方法などについてシェアします。

①僕が入っていた保険について
②保険って必要?
③クレジットカードについている保険について
④実際にした手続き
⑤最後に

 

以前起こった事件とおススメの歯科医についてはこちら⇒https://ryugaku-gear.com/2018/03/kaz/43192

 

 

①僕が入っていた保険について

僕は渡航する前にTABIPPOという保険に加入しました。

ネット上で必要な条件だけ選んで加入できるため、費用を抑えたい方にもおすすめできます。

 

あとは90日間だけクレジットの保険が二つ効いている状態での事故でした。

(⇒保険がいくつ効いていても、裏で保険会社同士は繋がっているため二重請求はできません。またそれは犯罪です。)

 

 クレジットカードについている保険をうまく活用して、(条件付帯のカードを利用すると90日以後の保険適用も可能)

それを補う形でインターネット保険に加入するのが一番安くできると思います。

 

②保険って必要?

留学する前は保険なんて必要ないと思っていました。。

クレジットカードがあれば十分 と。

 

正直、短期であればクレカ以外の保険はいらないと思います。(自己責任でお願いします)

が、長期で半年以上留学される方は必要だと思います。

※(クレジットカードは自動付帯と条件付帯があるのでよく気を付けてください。)

※クレジットカードの保険は限定的なので、よく保険内容の確認して足りない分を補う形がお勧めです。

とくにと『治療・救援費用』と『携行品』の項目は要チェックです。(あるデータによると、保険請求者の8割がこのどちらかです。)⇒特にヨーロッパはスリが多いので要注意!!

 

③クレカの保険について

以前 紹介したLIFECARDを例にして説明すると。。。クレカの記事( ちほさん

 

LIFECARDの障害治療・救援費用はそれぞれ200万円です。これはもし何かあった場合ですが、最低でも1000万円は欲しいところです。。

携行品については20万円で十分ですが、治療救援費用がさみしいのでインターネット保険で補強した方が無難ですね。ちなみに僕は3000万円入っています。(死亡保険は外しました。。必ず生きて帰るので。。(笑))

 

④手続き

まずクレジット会社に電話をかけて、『適用範囲内か事前に確認』『必要書類の確認』を行いました。

※日本に窓口が設けられていることがあります。時差の関係で連絡が取りにくいです。

※ちなみに、LINE-OUTという通話アプリを使うと格安で国際電話を掛けられます(便利な世の中だ。。)(非通知でしか固定電話には掛けられないので注意)

⇒医師に治療を行ってもらい、必要な書類に記載してもらいます。

⇒僕の場合は帰国がかなり先だったので、必要書類を日本の保険会社の住所に郵送し 手続き完了。

⇒一か月後ごろ、振り込みを確認。

 

⑤最後に

保険は利用しないケースが多いのですが、

いざというときにはやはり役に立ちます。

そして何より、お守りだと思って入っておきたいものですね。

スクリーンショット 2016-07-26 15.28.46

[email protected]たびほお申込みページへ