〜日本の大学院進学と語学留学〜6代目ireland one

ikuyaです。

大学卒業(今ここ)⇨大学院進学(同時に休学)⇨留学(1年間)⇨大学院復学(2年間)

まず僕が留学を決めた時は
『そのまま大学院進学したい。けど留学もしたい。』 けどもういつの間にか大学4年になっているという状況でした、
oneprojectがきっかけに留学の決意をしました。大学院に進学は卒業研究をしていてさらに勉強がしたいという気持ちが強くなり進学することにしました。

そもそも僕は大学で地学を学んでいます。

さらにその中でも専門は岩石学

さらにさらに卒業研究の対象はグリーンランドの岩石について

マニアックなのは重々承知です。笑
しかし、学んでいることがグローバルで研究室にもマニアックな留学生がたくさんいます。
日頃から英語を使う機会が多く、日々英語の必要性を感じています。
少しでも英語ができる状態で研究を進めたいという思いから、この時期に留学することを選びました。

大学院に入学して、4月から休学し、一年留学し、復学する。これを選んだポイントとしては、
学生という立場でいられること、翌年の三月に帰国した際に四月から復学できるということです。
デメリットはないと思っていましたが、最近感じていることは研究の知識や考えが抜けてきてしまっています。。

特に僕のような状況が当てはまる方。大学院に入学するためには院試を受けなければいけません。それが毎年春から夏にかけてあります。
もし語学留学がしたいのなら大学四年時に院試験を受け、大学院進学の4月から休学し留学をすることをオススメします!
また僕はoneprojectを機に留学の決意に至りましたが、トビタテや大学の留学制度を使えば研究留学などできるみたいですよ!