セブ島留学 AYAKA☺︎ 〜カモテス諸島に閉じ込められた②〜

こんにちは😃

フィリピン、セブ島の3D ACADEMYにて留学中のAYAKA☺︎です!

アラサー 社会人の語学留学、留学を決めた経緯など

私の自己紹介記事はこちら💁‍♀️

 

さて今日はカモテス諸島、最終章です。

1泊2日の予定が2泊3日になっちゃった。

まだ1日目、2日目の記事をお読みで無い方はまずはそちらからどうぞ^^

1日目の記事はこちら💁‍♀️

2日目の記事はこちら💁‍♀️

(閉じ込めらることが決定するまで🤣)

 

 

さてさて、船のキャンセルが決定したことを知った私たち。

カモテス側の海は見た感じ穏やかだったんですが、恐らくセブ島側の海が荒れていたとの噂を聞きました。

こちらが大丈夫でもセブ島からの船がやって来ないことには、私たちは乗る船がないので帰れません。

 

諦めが肝心。

どうあがいても今日は帰れねえ。

 

てことでまずはこの日の宿探し!!

友人CちゃんのみSIMカードを持っておりスマホを使える状態。

とりあえず学校に

「帰れまてん!!!!」

と連絡してもらいました。

それからCちゃんのスマホで宿を探しつつトライシクルのおっちゃんに一緒に宿探しをしてもらいます。

 

まずは港からすぐそこの宿2つに行ってみる。

どちらの宿にもシングルルームしか空きがない。

残念!!

 

次!!

さっきハンバーガーを食べたお店のすぐ近く。

トライシクルで15分ぐらい。

 

空いてたーーーーーー!!!!

しかも安い。

 

ひと部屋700ペソ。(エアコン付)

シングルベッド1つ、ダブルベッド1つ

そこにエキストラは100ペソだよ、と。

※1ペソ2円ちょい

 

ええやん!

最高やん!!

ここにしよ!!!

 

と無事、この日の宿が決定。

 

それからトライシクルのおっちゃん、

『明日はどうする?』

と。

 

もう2日も共にして

親切にしてくれたおっちゃん。

明日も来てくれーーー!!

 

明日をどう過ごすかまずは日本人4人で相談。

 

うちら朝イチ8時出港の船に乗りたい。

(予約済みだったチケットはキャンセルになったけど追加料金なしで翌日以降に振り返られる、でも予約はできない、みたいなことを言われました。)

 

てことはセブ島を6時に出発する船。

 

でも明日も出港できるかは分からないから、

確認しに行かなきゃいけない。

出港したかどうかが6時に分かる。

 

そしてカモテスに閉じ込められている人が

他にも沢山いるから早めに行かないと

座席が埋まっちゃうと乗れない可能性がある。

 

ということで、、、

 

友人A

「きゃん ゆー げっと あっぷ あーりー??」笑

 

おっちゃん

「おふ こーす!!わったいむ??」

 

友人A

「6時につきたいから5時半ぐらい?」

(英語で書くの諦めた 笑)

 

おっちゃん

「オーケーオーケー、また明日!!」

 

 

それから無事チェックイン。

お姉さんが

「エキストラ入れるね〜」

と。

 

え、この細い小ちゃいお姉さんが1人で?

そして物置小屋みたいなところへ入っていった。

嫌な予感がする。。。

 

( ・∇・)

 

きったないマットレス持って来た。

床に敷いた。

 

 

その後、討論、試行錯誤した結果、

シングルベッドとダブルベッドをくっつけて4人で寝ようってことに。

ちょうど?マットレス1枚分ぐらいの段差があったのできったないマットレスを下に重ねて大きなベッドにすることに成功。

 

でもそこに4人なので、もちろん誰1人寝返りは打てないです。

いいんです。

寝れればいいんです。

生きてるだけで丸儲けっす。

 

この宿、お部屋まではWi-Fiが届かないとのこと。

全然いいっす。

ロビーで使うっす!!

 

 

 

あ、ここっす。

ここがロビーっす。

小屋!!!!!!

 

いいんです。

むっちゃいいんです。

涼しいし電源あったし。

 

余談ですがここのベンチ何本かの竹で作られてるのですが、友人Aちゃんがお尻挟んだらしいです。

もし機会がありましたら皆様気をつけて!!

竹のベンチ!!!!

 

この後はパンを買いに行ったり(1個5ペソの激安!美味い!!)、

先ほど行ったパブリックマーケットで夕飯食べたり、、、!!!

 

観光客は用事の無いマーケットかと思っていたら夕飯食べてる奴らおるー!!

しっかり火の通っているレチョンというフィリピン料理。

写真撮り忘れたんですが、

簡単にいうと肉の炭火焼みたいな感じ。

炭の上に棒に刺さった豚とチキンがぐるぐる回っていて

注文するとそっから取って切って出してくれる。

って感じです。

んーっと、あんまり伝わらないと思うんでググってください。笑

 

帰って来てからは最高のロビー(小屋やけど)でそれぞれ過ごし、

翌日の早起きに備えます。

 

あ、宿のシャワー、お湯でなかった!!!

私は多少今までの旅経験だったり、

仕事中に水浴びたりと

免疫あったので本気出して浴びました!

 

他の3人は頭は無理!!とボディーだけのシャワーになったようです^^

 

 

さて翌日。

運命の時間。

6時前に港に到着。

 

窓口はまだ空いていない。

まだ6時前やしな。

 

そしたらおっちゃん衝撃の一言。

 

多分7時ぐらいになったら窓口あくと思うわ〜!!

 

え?!?!

What?!?!

6時に来た意味!!!!笑

昨日教えて。

 

でもその待ち時間に海見ながら色々考え事できたから結果オーライ。

お気に入りのバッグ。

どこに行く時も一緒のバッグ。

次回の旅では下着とTシャツを1枚ずつ多めに持ってこようと思っている背中。

 

でもでもうちらが朝一の船で帰れるかどうかはまだ確かめようがない。

そうこうしていると、おじさん含め仲間たちがみんんで海の方を眺めている。

「フェリーは出港したね〜!」

あっちの港から出るフェリーは今日は出港できたよう。

「もし君たちのジェット船がキャンセルになったら次のフェリーに乗るといいよ」

とのこと。

 

なるほどなるほど。

 

結果、

予定していたジェット船に乗ることができ、

10時半ごろに無事、

寮に帰り着くことができました。

 

そして午後の授業から出席できました^^

 

あーー

思いがけず

 

冒険

 

だったー。

 

おしまい。

 

 

Instagram頻繁に更新しています。

お気軽にフォロー、コメントください^^

ID:xian_ayaka

https://www.instagram.com/xian_ayaka/

留学に興味のある方は是非、下記フォームよりお問い合わせ下さい^^