第16章 カナダでお買い物その2 お店だけではない買い物。

連休明けの今日は、連休中のお互いの話が尽きませんでした 🙂  人生で初めてのスノーボードをした、買い物に行った、飲みに行った等々いろいろな話が聞けました 🙂

 

では昨日のつづき!( 前回ブログはこちら 第15章カナダのスーパーで買い物、物価が……。)

 

第16章  カナダでお買い物その2 お店だけではない買い物。

私のクラスの先生は、2歳の娘を持つ現在妊娠中のお母さんです。授業の内容で環境の話になると、こだわっているんだな~と思う点が多々ありました。ごみの分別、リサイクル製品は良く使う、洗剤は重曹やお酢で作るの、食材はオーガニックを買うよ、地産地消が大事なの、等々よく話していて印象に残っていました。

 

そんな彼女を、けっこうこだわっている人なのかな~と思っていたのですが、オーガニック商品が多いスーパーに行くと、けっこうお客さんがいて、(彼女だけが)珍しい人じゃなかったんだと気づきました。そう思って街中の人を見ると、オーガニック商品買っている人少なくないのが見えてきました。

そこら中に、レンタル自転車屋さん。

また他の先生は、よく交換サイトを使って趣味の音楽機材を買う人もいました。

 

こちらでは、家や車から洋服や生活雑貨、家具などなんでも譲渡ができるサイトがあり、びっくりするくらい一般的で、使う人がたくさんいる掲示板があります。掲示板上でお互い話で値段を決めます。これはフリマサイトと同じかと。

しかし、その多くが郵便を使わず、直接受け渡しをします。 Sunnyは日本でフリマサイトをしょっちゅう使っていて、郵便、宅急便さまさまでした。交渉成立したら即日発送、配達状況も逐一チェックしていました。

自分で勝手に借りて、違うところに返すシステム。これも、そこら中にある。

 でもここは、お互いに顔を合わせて受け取りをします。実際街中でそういった場面を見たこともあります。この前もカフェにて隣に座った男性が、そのサイトで商品をチェックしてやり取りしていました。受け渡しは危険な場合もなくはないので、駅前や、近くのスタバなど公共の場が鉄則だといっていましたが、Sunnyにとってみると、なんだか新鮮なやり方です。

顔を見て渡すから(支払いもその場)だまされることは少ないであろうし、郵便に頼らざるを得ないくらいせかせかしていない、どこか余裕がある感じをうけ、それが自分の中にない感覚だったから、驚きと不思議さでいっぱいです。 

ヘルメットは着用義務あり。

普通とか一般的とは、何をもってそういうのかわかりません。

が、こちらに来て、そういった物の買い方、使い方が多くの人に受け入れられているなぁということを、感じています。

 

 

 

 

でも、しょっちゅう、コーヒーを紙コップでテイクアウトするのを見るけどね……。(自分のタンブラーを使う人もいます。)

 

 

おしまい。