脳に働き掛ける「リプロ」トレーニング-英語学習-医学生SuzuBLOG⑦

こんにちは!Suzuです! 😛

Suzuの自己紹介へ☞

突然ですが、みなさんは普段、どのように英語を勉強しているでしょうか?

私はオーバーラッピングとシャード―イングが大好きで、

ついついこればっかりやってしまいます(笑)

もちろん、どちらも効果がある練習方法なのですが、

今回はさらにリスニングスピーキング両方のブラッシュアップに効果的な

脳と記憶に働き掛ける練習方法「リプロ」トレーニングをご紹介したいと思います!

 

まず、リプロ(リプロダクション)とは、

英語音声(5~10語程度)を聞き、

リスニングを一時停止してから、聞いた内容を、

記憶に基づいてそっくりそのまま発音する練習です。(下図参照)

通訳訓練の練習としても使われますが、英語スピーキング訓練にも効果大なんです!

リプロがシャードウィングと異なる点は、音声を一時停止することで

リスニングと発音を完全に分けている点。

さらに、言葉に出さない頭の中の言葉=「内言」で聞いた内容を繰り返す点

これにより、フレーズをしっかりと意識の中に入れた後で発声できます。

 

【図1】

【図2】

リプロの利点を挙げてみると…

 

【リプロの利点】

1.シャドーウィングと比較すると、自分で考えて話すため英会話により近い。

2.発声するためには確実に聞き取る必要があるため、リスニングの集中力がつく。

3.意識に丸ごとフレーズを入れてとどめるので、自分で英語を話している実感がある。

4.発声時は自分の声に集中できるので、文法の間違いに気づいたり発音を磨いたりできる。

5.「練習のための練習」ではなく、コンテンツを聞くこと自体を楽しみ、

 聞いた内容を役立てることができる

 

まさにいいことづくめの練習法ですね 😛

詳しいリプロの手順は...

 

【リプロの手順】

1.音声を聞く。後で正確に再現できるように集中する。

(英文スクリプトは、聞き取れない箇所があるときのみ見る)

2.音声を短めに区切り、頭の中で「内言」として2回繰り返す

余裕があれば、数、時制、冠詞などの文法に誤りがないか確認。

3.実際に声に出して2回続けて言う。

 

 

という感じです!ここで注意したいのは、

何度も繰り返す暗記の練習ではないので、文はすぐに次のものに移ることです。

でも、最初はどんな英文でやればいいかな…と悩みますよね!そこで!

 

リプロ素材選びの5カ条

1.聞き取れる速さ

2.語彙が難しすぎない

3.内容が95%以上聞き取れる

4.1文が短め(10語以下)

5.初心者はスクリプトがあるもの

 

 

だそうです!少し難易度が高いトレーニングですが、

毎日少しずつなら続けられそうです♪ぜひ皆さんもやってみてください!

感想などお待ちしてます!(笑)それでは!

 

Adiós~

 

 

コメントや質問などありましたら、ぜひInstagramなどで声をかけてください!

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。

Instagram↓はプロフィール欄から


 

世界最安を目指す無料留学相談フォーム

留学検討中の国

名前

メールアドレス
電話番号

〜年生まれ

住所(都道府県)

予定出発時期

予定留学期間

気になること

希望カウンセリング方法

留学中の方、語学学校登録が完了している方は対象外となります。

備考