見ないと死ねない洋画シリーズ①-「SING」-医学生SuzuBLOG③

こんにちは!Suzuです 😛 

Suzuの自己紹介へ☞

私は映画が大好きなのですが、その中でも特に、英語の勉強のためにいつも洋画を見ています。

そこで、これから時々おすすめの洋画を紹介できればいいなと思っています。

題して「見ないと死ねない洋画シリーズ」ぱちぱち~ 😛

(名前はダサいけどいやほんとこれ、マジで見ないともったいないと思うものを紹介します笑)

私が気を付けたいと思っているのは、

 

1.見たからこそ言える生の感想を伝える

2.洋画を”英語”で見る楽しさを伝える

3.「この映画見たい!」と思わせる

 

の3点です。

 

なので、紹介では、公式ホームページではわからないことばかり書いていきます!

(その分、省いてしまっている情報もあるので、リンクから公式ホームページを確認していただけるともっともっと楽しめると思います!)

前置きが長くなってしまいましたが、今回はその第一弾です!紹介する洋画は「SING」です。

映画「SING」の公式ホームページへ

キャラクターの一人、グンターの声をトレンディエンジェルの斎藤さんが吹き替えしたことでも少し話題になりました。

日本語吹き替え版の声優さんは他にもMISIAさん、長澤まさみさん、山寺宏一さんなど豪華な方が大ぞろいなのですが、なんと英語版はもっともっとすごい!!

ということで、私がこの映画でおすすめするポイントは以下の3つです!

 

おすすめポイント

1.声優陣が豪華すぎる!

2.楽しくて人気な洋楽が何曲も出てきて最高!

3.簡単な英語が使われているので、最初から最後までそのまま英語・映画を楽しめる!

 

次のページに、順番にまとめますね!

 

次のページへ