ヲタクOne(22)趣味は、格安航空券探し ~他フィリピンのフライト的注意事項と、過去の海外ギャグ遠征~

 

お湯で落ちるマスカラが、涙で落ちた。

 

どうも、てんです。

 

化粧をしながらキスマイのライブDVDを鑑賞中、感極まるカメラアングルで涙を流してしまったら、お湯オフタイプのマスカラが落ちて目に入って染みて染みて痛かったというお話です。私の涙は熱いらしい。

 

さて前回のブログでは、二年間の留学経験のある友人に留学とは何なのか、出発二ヶ月前の私が聞いてきました。中学のクソガキ時代を共に過ごした彼女ですが、今や大都会でOLとなった山Pに「英語は感覚」だと教えてもらました。

 

今回のブログは、前回の山Pへの質問でも挙がった「航空券の取り方」について書こうと思います。

 

初めての一人フライトは、嵐ライブの札幌公演へ向かうための高校一年生。一番飛び回ったのは2015年、1年間の総フライト数31本。出張などのビジネスではなく、「もう時間のある学生生活は終わってしまうから、行きたいライブは行かなきゃ!」精神ゆえ生まれた数字。沖縄時代は、国内でもとりあえず飛行機に乗らなくてはいけませんでしたし、航空券は食物繊維ぐらい取って来ました。ライブチケットと違って、金を出せばゲット出来るフライトチケットは良いな。

 

航空券取りは私の趣味でもありますが、やり方は自己流ですので、もっと良い方法があるかもしれません(いや、あると思う)。こういう方法もあるんだなという、手段の一つとして見ていただければ嬉しいです。

 

そして今、現在進行形で国際線のフライトを探しています。稲葉くんのライブチケットが何も取れなかったので、海外旅行に行ってやろうと思います。今までのやり方とまた違うやり方をしてみたり、新たな発見があったり、もう、まとまる気がしないです。航空券と言ったりチケットと言ってみたり、国際線と言ったりフライトと言ったり、もうぐちゃぐちゃです。それでも伝えたさはあるので、頑張って読み取ってください(他力本願)

 

こちらは海外留学に行かれる方が集うブログなので、国際線の取り方をご紹介し、更にフィリピンのフライト的注意事項をご紹介し、最後にちょろっと私のギャグ遠征について書くという流れでいこうと思います。まとまれっ。

 

[国際線フライトの取り方]

 

まず初めに、国際線は往復で取ります。

往復フライトの方が安いという点と、出国チケットを持っていないと入国出来ない国があったりするので。昨年50日間の長期旅行へ行った時も、期間が決まっていたので、日本出国と帰国の往復フライトだけは抑えてから行きました。半年前に抑えられたので、東京羽田ーアメリカロサンゼルス間の往復フライトを、5万円ほどでゲットしてしまいました。スケジュール変更の確率が低いのであれば、フライトは早く取るに越したことはないです。しかしそのような安い運賃は変更が利かなかったり、キャンセル料金100%だったりするので、ハイリスクハイリターンっすね。

 

私がよく使うサイトの一つめは、「skyscanner」御中。どうしてスカイスキャナーなのか、特に理由はありません。いつから使い始めたのかも不明ですが、ずっとスカイスキャっているので、老舗的感覚で利用しています。実際にこちらのサイトで予約したことはありません。あくまでも代金の調査、就航路線の調査で利用し、気に入った路線があった際に、該当航空会社のホームページから予約購入を行っています。

なんとなく、日本円だと高く表示されていそうな気がしてしまって、ドル表記にしてみたりしています。海外の航空会社だと日本語サイトが無い場合もあるので、英語に設定して訓練も兼ねています。

 

そして最近、超使えすぎてびっくりしたのが「トラベルコ」御中。以前から存在は知っていましたが、「名前が可愛くて信頼できない」というアホみたいな難癖を付けて利用していませんでした。がしかし、超個人的に大好きな5代目マルタOneのバーディさんのブログでトラベルコが紹介されており、試してみたら、

まぁ~これが使い勝手がいいんだわさ。

 

東京ーマニラ間を例に見てみると、まず比較の対象量が凄い。

旅行社のハブ空港・トラベルコ

因みに、イケメンのハブ空港は松本潤(by櫻井翔)

 

検索結果が頗る見やすく、且つ航空会社だけでなく、加盟アライアンス毎に表示させるなど、よく出来過ぎてしんどい。

 

しかしトラベルコもスカイスキャナー同様、旅行会社の料金比較サイトなので、航空会社のホームページ(JALならJALのサイト)だと、高い安いに関わらず金額が変わります。ですので、トラベルコで就航路線を調べて、航空会社毎に公式ページで料金の確認をしてみることをお勧めします。

 

トラベルコの本当の利用方法は、どこの航空会社が飛んでいるか「シラベルコ」であり、どこの旅行会社がお得か「クラベルコ」ですねい。

 

私的に、どこのサイトも100%の信頼は置いていないので、めちゃめちゃいろんなサイトを調べます。「もっと安いサイトがあるのではないか」「もっと時間の合うフライトがあるのではないか」と、めちゃめちゃに疑いをもって探るので、航空券を探している時は杉下右京になります。ですので、めちゃめちゃ疲れますし、めちゃめちゃ時間もかかります。しかし、そうして安いチケットに辿り着けると達成感がハンパなくて、「私って航空券探す天才…」とまで感じてしまって、癖になります。航空券探しの世界大会とかないのかな。

 

 

[おととい新たに見つけてしまった取り方]

 

なんとおととい見つけるという、最新情報中の最新情報です。フィリピン留学前に、妹の二十歳祝いも含めてディズニーランドパリへの家族旅行を計画していました。初めてのヨーロッパ圏ということもあり、フランス以外にも興味がありますし、限られた時間で他の国にも行くにはどうしようとトラベルコで調べていたところ(スカイスキャナーどこいった)、見つけてしまいました。

 

往復航空券よりも、周遊チケットの方が安い。

 

例えば今回の場合、カタール航空利用のドーハ経由に偉く惹かれてしまったので、そのルートでパリまで行くことが決まりました。私はJALのマイルを貯めているので、ワンワールド系のカタール航空はウハウハです。そして荷物が多い人間なので、海外旅行でLCCはあまり利用しません。機内食も楽しみの一つなので、長時間乗る国際線はサービス充実の航空会社選びがちです。

 

トラベルコを使って「東京~(ドーハ経由)~パリ」の往復で見てみると、

最安値で、67,780円(燃油・諸税等込み)

 

これを同じルートで、「東京~ドーハ」「ドーハ~バルセロナ」「パリ~ドーハ」「ドーハ~東京」に分けて、周遊チケットで検索してみると、

最安値で、68,320円(同条件)

 

往復チケットだと、ドーハの空港で数時間滞在出来るだけのパリまでの代金です。しかし周遊チケットだと、フランスお隣の行ってみたかったバルセロナに寄ることも出来て、復路のドーハで一日観光も叶うというのに、たった540円の差額を払うだけです。

物凄く身近なことに例えると、ラーメン780円に+50円で大盛りに出来るような感覚です。「どうせ乗るならいっぱい乗りなよ!」が周遊チケットで、「どうせ食べるならたくさん食べなよ!」が大盛りラーメンですね。そりゃそりゃ、時間があるのであれば周遊チケットにしたくなりますよね。

 

ですので、往復航空券で「A~B~C」の乗り継ぎが必要だった場合、「A~B」「B~C」「C~B」「B~A」といった具合に、周遊チケットという線でも調べてみてください。特盛ラーメンが見つかるかもしれません。

 

[燃油サーチャージっていう奴]

 

航空チケットが安くても、海外へのフライトは燃油サーチャージという厄介者が付いてきます。しかし今回ご用達予定のカタール航空は、燃油サーチャージ視点もサポートがアツかったのです。

 

例えば、4月頭に東京からパリへ行くフライトの、韓国アシアナ航空の場合、

燃油サーチャージ等、21,480円

 

アエロフロートロシア航空の場合、

燃油サーチャージ等、21,000円

 

と、ヨーロッパまでのフライト代は5~7万円とまずまずのなか、燃油サーチャージ代で2万円も取られてしまう。調子が良ければ韓国往復ぐらい出来そうな金額であるねい。2万円あったら、焼肉おごることも出来ますし、嵐のファンクラブは4人分入れますし、猪狩くんのファンクラブなら8人入れます。

 

ところが、救世主カタール航空の場合、

燃油サーチャージ等、1,320円

 

他の航空会社が相場20,000円を提示しているなか、カタール航空御中はわずか1,320円。ちょっと豪華なランチぐらいじゃない。航空券代だけで見てみると、アシアナ航空50,000円、カタール航空54,500円ですので、燃油サーチャージ野郎がいかほど厄介なやつかが分かります。

 

そのからくりは、カタール航空の公式ページに超簡単に書いてありました。

不要ってなんだ???

 

もう、私の推し航空会社は、JALとカタール航空に決まり。

 

 

 

[フィリピンへの航空券を取る際の注意点]

 

フィリピン入国時、航空券に対するルールがあります。

フィリピンに入国する際、フィリピンを出る航空券を持っている必要があります。

 

ですので、往復チケットで買っていればノープロブレム。別に母国に帰るチケットである必要はないので、タイでもマレーシアでもどこの国へでも大丈夫です。出国の時期が決まっていない場合、片道券で入国し、出国チケットはキャンセル料が無料の正規料金で購入しておいて、フィリピン入国したらキャンセルという手もあります。実際にグアテマラ入国時にこの手を使ったことがあるのですが、航空券の正規料金が30万ほどだったので、本当はキャンセル料取られたりしたらどうしようなど、めちゃめちゃドキドキしました。

 

ですので、往復チケットで買っておく方が、精神的にも安心です

 

また、フィリピンCNE1に入学する場合、このような追加ルールがあります。

一番大事なことは、日曜日の12時~19時にマニラ空港へ着くフライトで現地入りすることです。

 

そして、留学二ヶ月前に控えた私てん、どのルートでフィリピン入りするのかと言うと、

 

このルートで行こう、とざっくりには決めているのですが、キャンセル料のことを考えると購入が出来ません。入寮日は決まっているのですが、フィリピン前に香港あたり寄ろうかと思うと、いつ日本出発かも決められず。留学期間延長も考えているので、帰国のフライトも決められず。例年通りでいくと5月に猪狩くんのライブが行われるので、土日を利用して帰国しなきゃと思うと決められず。ちょうど留学終了日あたりに東京ドームが空いていて、例年通りでいくと嵐のイベントがあるので帰国フライトの時間も決められず。

某事務所がライブ日程を発表してくれないと、私のフライトが取れない。

 

日程ください切実に。しかしどれだけ発表が遅くても、一ヶ月前には抑えるつもりでいます。

 

[おまけ]

 

沖縄在住時代、ゆずのシンガポール公演に行きたくて、「沖縄~台湾~シンガポール」ルートでフライトを取っていたのですが、まんまと台風が来てしまったので2日前にフライトを取り直したことがあります。その時は片道料金で取り直したのですが、直前だったためか、「羽田~北京~マレーシア」が2万円以下で抑えることが出来ました。まあ、空気を乗せるくらいなら格安でも人間を乗せた方が利益ありますからね。

 

そのギャグな遠征を、別のヲタク用ブログでまとめていますので、よろしければご覧ください。たまに自分で見返しても、何やってんだろって元気が出ます。

 本日ハ曇りのち、快晴ナリ「ゆずシンガポール公演、遠(周り)征

 

 

 

さて、海外航空券の私なりの取り方についてご紹介致しました。以下、まとめです。

 

・トラベルコは、「シラベルコ」であり「クラベルコ」である。

・航空会社公式ページもチェケラ。

・往復チケットよりも、周遊チケットがお得お得お得。

・出国チケットも携えて、フィリピン入り。

・直前でも諦めないで。

 

航空券取り、一種の賭けだと思っています。今の料金よりも安いチケットが発売されるかもしれないし、取り消し不可のチケットを取ったけれどキャンセルの必要が出て来たり。全ては運とタイミングです。しかしあまり調べ過ぎても、安さを期待し過ぎても疲れるので、チケット取りが楽しめる程度で航空券取ってください。

〼インスタグラム〼