ヲタクOne(19)推しプロモーション方法を考える。

 

室温が4.5℃を更新した。

 

どうも、てんです。

 

前回、室温が7.2℃だと嘆いていましたが。関東に低温注意報が発令された日、ついに我が家も4℃台に突入しておりました。あゝ、7℃って快適な方だったんだな。こうして人間は強くなっていくんだな。

 

 

さて話しは遡ること、ヲタクOne(5)ブログ。こちら内容は、One Projectの選考をどのように進めていったかという、体験記となっております。One Projectの第二次skype面接は、「どのようなプロモーション活動をするか」という議題でした。留学費を援助していただく私含む”One”が出来ることは、留学の魅力を伝えること・支援していただくスポンサーの宣伝をすることです。発信していくことを条件に、Oneに選んでいただいたのです。ここのブログに書いていくだけではなく、もっともっと広めていかなくてはなりません。

 

Skype面接で公言したオリジナルなプロモーションを、半年経ってやっと実現することが出来ました。そのプロモーションのデビューの場となったのが、前回更新した初詣遠征でした。ですので、今回のテーマは、「私が推したいOne Projectプロモーション活動」です。まだ留学を経験していない段階なので、今はOne Projectという企画を知ってもらうプロモーションに目を付けます。そして書いていたら長くなったので、二回に渡します。

 

ところで前回の記事を、Enginner Limitedのフェイスブックに載せてもらえました。実はこれが結構嬉しいのです。

 

さ~て、今回と次回のブログ内容は~?

てんです!前回の初詣遠征篇、容量の関係でカットしたもう一つの観光地も残しておきたいな~。あっ、そうか!プロモーション活動と一緒に書いたらいいんだ!さて今回は、「プロモーションの考え方」。次回は、「プロモーションの作り方」「プロモーション実行と感触」の合計三本です。

二週に渡りますが見てくださいね~! ジャン・ケン・ポン✌ うふふふふふ~?

 

 

[プロモーションの考え方]

 

まず「プロモーション」という言葉を聞いて、「プロモーション」という言葉を調べることから始まりましたが、「販売を促進するために、活動すること」と知りました。と同時に、新曲発売やドラマの番宣等、

 

「アイドルの仕事の半分はプロモーション活動である」

 

と気が付きました。それすなわち、私が普段どのようなプロモーション活動に心踊らせられているか思い出せば良いだけという、なんだ簡単じゃないか(ヲタクは恥だが役に立つ)。思いついた項目を手作りうちわに書き出す方法で、skype面接にて発表しました(ヲタクは恥だが選考に通る)。このブログを始めることは公約だったので、それ以外の方法を挙げます。実際に思いついたアイドルのプロモーションは、以下の10通りです。

① テレビ番組に出る。

通称「番宣」というやつです。嵐の番組のゲストも、番宣で呼ばれることがほとんどですので、山崎賢人とか本当に来過ぎている。特にドラマ放送当日となると、朝から生放送番組に出ずっぱりなので「○○(テレビ局名)ジャック」と呼んだりします。ヲタクのお宅のレコーダーは終日稼働。こうして「何月何日何時から、俺が出るこういう内容のドラマがやるから見てくれ」と、そのゲストに興味が無くても、その番組の視聴者の目に留まります。

 

② ラジオ番組に出る。

テレビとは違ってリスナーの耳にしか情報を送れないので、新曲発売などの楽曲関連が多いですかね。テレビよりかは範囲が狭まります。しかし逆に捉えれば、耳にしか訴えないので、リスナーは集中して聞きますし、シンプルです。おーちゃん主演映画「忍びの国」ではおーちゃんと石原さとみちゃんがラジオで番宣もしていましたが、石原さとみちゃんの番宣は素晴らしかった。もう何件も番宣をしてきているのに他と被らない内容で、尚且つ説得力もある宣伝で、彼女にはプロモーション活動のハウツー本を出版していただきたい。

③ CMを放送する。

民放のテレビが付いていれば勝手に流れる宣伝なので、老若男女に知れ渡ります。そしてCMソングやキャッチフレーズで、一世を風靡する可能性もあります。CMを録るために、5秒ほどのドラマ番宣スポットを録るために、何十時間も番組を録画するので「CM捕獲」と言ったりします。ドラマや映画だけでなく、新曲の宣伝も、嵐をCMキャラクターに起用している商品の宣伝も幅広くあります。

④ 有名人をイメージキャラクターに起用する。

嵐をCMに起用したおかげで、日産の売り上げがバカみたいに上がったというお話しもあります。嵐がCMを始めたら、この不景気に車がドカドカ売れたそうですよ。流石に車は買っていませんが、「嵐が宣伝しているから」という理由だけで、洗濯洗剤・柔軟剤・シャンプー・ボディソープあたりは固定ですし、しばらく朝食はフルグラでしたし、ビールは麒麟です。その有名人に興味が無ければそれまでですが、もれなくファンがわさわさ付いてきます。

⑤ コラボ商品の発売やキャンペーンを実施する。

④の延長線ですが、CMキャラクターに起用されたりすると、その商品と嵐のコラボ商品なんかが限定発売されたりします。店頭での宣伝効果があります。怪物くんJETたるものが就航された時には、飛行機に乗るためだけに大阪に行ったこともありますな。また、コラボグッズが当たったり、スペシャルイベントが当たるキャンペーンを実施されると、周囲を巻き込んだC1000生活・バーモンドカレー生活・お~いお茶生活などなど始まります。ターゲットはファンに絞られますが、キャンペーン期間限定の株主のような存在です。こちらは宣伝効果というよりは売上効果ですが、まんまとズドン。

⑥ 雑誌に載る。

記者さんの質問内容ほとんど同じなのに何かと買ってしまう罠。ドラマや映画が決まると本屋通いが始まり、表紙を飾る何誌ものアイドルと目が合います。一時期「雑誌は全部買う期」という本屋バブルもありました。今はキリが無くなるので「紙物は集めない期」としていますが、先月2冊買ってしまっている。購入以前に、立ち読みも興味が無いとしないと思うので、ターゲットはある程度絞られてしまいます。

⑦ 新聞に載る。

雑誌と同じ紙面ですが、格段に見る人の幅が広まります。個人的に近年で一番衝撃だった紙面は、SMAPファンの有志による2016年12月30日の朝日新聞朝刊です。「SMAP大応援プロジェクト~新聞メッセージ・どうか届きますように~」と題したこちらの企画は、最終的に紙面8ページに渡りヲタクの愛が載った事件です。ちょっとコレ、改めて泣けます。凄いことになっていたので、是非リンク先に飛んでみてください。「今のこのネット社会において、”新聞”というツールを選んでくれたことが嬉しい」と、新聞社勤務の方のツイートも見掛けました。新聞広告は人の心を動かす。

⑧ 街にポスターを貼る。

有名どころでいうと、渋谷のスクランブル交差点ですかね。渋谷のポスター広告を撮るためだけに大阪から上京したヲタクの話しを聞いたことがあります。嵐はよく、東京駅構内でポスタージャックが起こります。通勤通学で通る駅に張ることが出来れば万人の目に入りますし、今では撮った写真がSNSで更に拡散されます。

⑨ SNSを利用する。

昨今の一番手っ取り早く、費用も要らず、拡散力も有るプロモーション方法です。しかし皆が皆やってしまうと、埋もれる可能性も大きいです。不正利用、乗っ取り、なりすましなんかも怖い点です。でも結局、自分もやっているんですよね。

⑩ 超個人的に身近な人に売り込む。

デビューしていないアイドル・猪狩くんを嵐のファンにも、ゆずのファンにも、職場の人にも知ってほしくて、公式写真を配りながらステマしました。最も一般的で原始的なプロモーション活動といったらこれでしょう。聞かざるを得ない・写真を貰わざるを得ない状況ですので、的はとても絞られますがとても確実です。

 

 

⑩に至ってはファンがやることですが、以上10点がアイドルのお仕事を参考に挙がりました。しかし①~⑧は、宣伝広告費があってこそ、有名税があってこそ出来るものです。名もなき庶民が留学の宣伝でテレビ出演は出来ませんし、コラボ商品なんかを製作しても仕方がありません。⑧のポスターに関しては、今の職場に飾れないか問い合わせてみましたが、留学とはあまり関係の無い職種なので難しそうでした。私の力では①~⑧は却下。

 

のSNSに関しては、私もネット環境というものが揃っているので、面白みが出せていませんが新しく留学用にインスタグラムを始めてみました。このブログを更新した時などのお知らせとしても利用しているのですが(ヲタクゴトの更新もしていますが)、始めてみたらインスタグラムの投稿からはURLに飛べないという弱点が浮き彫りとなり、活かしきれていなくて困っています。でもTwitterはどう考えてもヲタクすぎて開示出来ないので、インスタグラムのフォローお待ちしております。そしてより良い活用法があったら教えてください。

 

の身近な人に売り込むというのは、会話の流れで自然とやっていることです。私が日本に4月までしか居ないのも「留学に行くから」ですし、何故留学に行くのかというと「One Projectの存在があったから」です。家族にも、職場の人にも、友だちにも、美容師さんにも、バーで仲良くなった人にも、ダイバーにも、スケーターにも、「One Projectという企画があって、それによって私は留学に行かせていただくことになった」と話して来ました。

この草の根活動は、成果も出ています。第8回のOne Projectに、職場の方が応募してくれました。「無料なの!?」「いいな~」と食いついてくれる方は何名もいましたが、ついに実際に取り組んでくれる方も現れたので、こつこつやること負けないこと逃げ出さないこと信じ抜くこと・・・それが一番大事~~。

 

 

そして、⑪点目を提案します。アイドルのプロモーション活動から案が浮かび、他のOneの方はやっていなさそうな、既出では無い、ちょっと奇妙な、趣味で培った手先も生きる、私が推したいプロモーション活動がこちらです。

⑪ 広告塔になる。

 

 

(あの、物凄く今更で、言うタイミングをずっと逃しているのですが、今は落ち着いていますが、実はゆずも追っかけていました。)