ローマのお店事情*ぽんこつイタリー留学記7*

 

最近自分の身の回りに誕生日の友達がいたり授業が始まったりと、てんやわんやしていましたKonohaです🍂

今回はローマに住み始めてもう5か月になる私が、ローマのお店事情について、日本と違ってびっくりしたり面白いと思っていることを紹介します✨

 

ではではさっそく。。。

お店(negozio)について。

イタリアのお店はBar*(バール)以外基本的に朝は閉まってます。どのお店もお昼ごろオープンし、夜20時には飲食店以外のほとんどのお店が閉まります。

*ここで、一言にBarと言っても日本のバーのイメージとは違います。

日本のバーは、夜にしっぽりとオシャレにお酒を嗜む場所、というイメージですが(あくまで私のイメージ)イタリアのBarは朝から夜まで開いていて、朝はCaffeやCornetto、昼はPaninoやSandwichなどの軽食、夕方から夜にかけてお酒やチップス、とメニューが変わっていくので1日のどの時間に訪れてもおかしくないんです!

 

Barは至る所にあります。日本でいうコンビニなんていうレベルじゃない、一本道上にBarが隣り合っていることも普通にあります。イタリア人は毎日Caffeを飲みますからね~

↑お気に入りのBarのCappuccino💛

昼のイメージとしては日本のカフェテリアみたいな感じですね!!

日本と全然違うのは、お店に居座らないという点。日本人はコーヒー一杯で何時間でもおしゃべりしたり勉強したり読書したりしちゃいますが、イタリア人はもはやCaffeを立ち飲みして瞬速でお店を出ます笑

席に座るとTips(チップ)を取られることもよくあります。

↑こんな可愛すぎるTorta(ケーキ)が売っているBarも 😍

 

そして大抵のお店は日曜祝日お休みです。これけっこう知らないで旅行して行きたかったお店が閉まってた泣 という話をよく聞きます。日曜にまとめて買い物しよう!と思いがちな私も最初の方は困りました。。。

 

何よりもビックリしたのはお店にもお昼休憩があることです。完全にお店を閉めちゃうところもあれば、レジのお姉さんが何か食べながら仕事してるところもあって戸惑いました。日本じゃありえない!!!

ありえないって言ったら、店員さんの態度もけっこう驚きます。スマホに電話がかかってきたら接客中でも出るし、ちょっと手が空いたらチャットしてるし、店の商品いきなり食べだす人いるし、もはや怒るというかあきれてしまうレベルです。イタリア人は全然気にしてないけど。

あ、もちろん全てのお店がそうってわけじゃないですよ!ただローカルなところだとそういうお店も少なからずある、という話です。

 

適当に通りを歩いてみるとスーパーマーケット、八百屋、肉屋、魚屋、Pizzeria(ピザ屋)、Gelateria(ジェラート屋)、Pasticceria(お菓子屋)、Panetteria(パン屋),,,などたくさんのNegozioが並んでるのを見ることができます。見てるだけで楽しい♡

↑Pizzeriaのピッツァは基本的に切り売り。自分の食べたい分だけ指定して食べられます

イタリア人は小腹がすいたらPizzaという軽食的感覚でPizzeriaを利用しています✨

もちろんBuono(ボーノ)!! もれなく美味しいです💗

 

八百屋とかパン屋のおじさんは、イタリア語が未熟でドキドキしながら買い物する私みたいな子には優しく話しかけてくれます。たまに機嫌がいいと「可愛いからあげる~」とか言っておまけしてくれるし(*注;イタリア人は挨拶で可愛いねって言えちゃう人たちです)

忙しいお店に行くより少し暇そうなお店に行ったほうがイタリア人の人情に触れることができます!

 

ってなんだか話が脱線してしまいましたが、今回はローマのお店事情について紹介しました👐

次回はイタリア生活で不便なことを紹介したいと思ってます。