カナダ留学

第6章 フィリピンで日本語。

マメに連絡を取らないタイプですが、ブログを通じて友人が連絡やコメントをくれるのが、嬉しいです。ありがとうございます。いつも連絡せずにごめんなさいも込めて、書いていければと思います 😛  毎日のことで、申し訳ないのですが、お付き合いいただければと思います。

🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂

カナダでは1か月だけ学校に行きます。フィリピンに行った意味ない・・・と思うのですが、フィリピンから帰国した後、約半年日本で働いていますので、もったいないですが忘れます。今回は渡航理由がいつもと違うし、情報収集もかねて通います。理想とすれば、フィリピンからそのままカナダに行けたらよかったですが、計画性のなさを感じつつ、「思い立ったが吉日」をモットーに動いた結果でもあると思っているので、フィリピンに行ったことも、カナダで行きなおすことも、まったく無駄には思いません。(今回はその理由に触れたブログにもなっているかと思います。)

🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂 🙂

 

では前回のあらすじ。 フィリピン留学にて「学生」とは何か。「学ぶ」とは何か。ということを他国の学生から考えさせられたSunny。自身の考えが広がった経験をしました。第5章 学生(student)って誰のこと?

 

第6章「フィリピンで日本語」

前回でも少し触れましたが、「英語を話さざるを得ない環境」を求めて行った場所で「母国語」を話すのはできれば避けたいものですし、理想です。Sunnyもそういう考えでした。でも!一概に悪いことでもない、と思える経験をフィリピンはバギオでしたのです。

学校のそばに住むおじさんちでお昼をごちそうになったり。

それは・・・。学校に行くと同じ理由で勉強しに来ている日本人(もちろん他国の学生も含めて)がたくさんいたことです。「海外で働いてみたい・生活したい」 「海外の学校で資格を取りたい」。実はSunnyさん、ここで初めて「同じ考えを持った日本人」に会ったのです。就業中はなかなか「海外に出て生活したい」という人には出会えず、周囲に相談はもちろんしますが、ものすごい共感を得たり、話が盛り上がったりするところまではいきませんでした。ところが、バギオにはたくさんいたのです!「海外で働いてみたい」とは言うけれど、いまいち現実味がなっかったそれまでが急に「特別でもなんでもなく、自分でもできるんじゃないか」と思えてきたのです。(いい勘違い 😆 )

 

すでに経験をし学びなおしに来た人、日本でしっかり働いてきた人、いろんな人がいて、ワーホリについての疑問を聞いたり、話をしたり。今まで踏み込んで話をできなかったことが、ここバギオででき、これはかなり大きな出来事でした。(カナダで居候させてくれている方もバギオで知り合ったのです。)もちろん、他国の学生とも同じ話を英語でします。しかし、細かいニュアンスとか、育ってきた環境とか、社会人である・学生である、やっぱり共通する何かを持っているって、強いです。皮肉にもなりますがこの時点では「母国語」に助けられ、「私にもできそうかも!」と思えたのです。

😉 😉 😉 😉 😉

異国の地にきて、なんでも頑張ろうとするのはわかるし一部始終すべて自分でできたら自信にもなります。Sunnyもかなりそう思っているタイプです。

その精神はかなり大切、でもそうでない時もあると今は思います。

 

なぜか。

 

前半に書いたバギオでの経験がまず1つ。 2つ目が海外に出て自分で何でもやる、その最中に出会った日本語によって、いまいち分かっていなかった土地のことを知れたり、こういう時はなんて言えばいいの?っていうのを、一緒にいる日本人の人が発する英語を聞いて「あ!そっか」って気づくこともある。発音云々は置いておいて、ネイティブに聞くより聞き取りやすです笑(Sunnyだけ?でもそういう経験がバギオだけでなく、けっこうあります。)3つ目、そう思ってやって来たカナダでは(良し悪し別にして)今までのどの渡航よりも、気持ちが楽な気がしているから!

 

前回ブログは他国の学生と時間を共有することで得られた経験。

今回ブログは学びに行った異国で「懸念されがちな」母国語で話をすることで得られた経験。何かわからないことに出会ったとき、聞ける人が近くにいるのってかなり大きいと思います。それが英語のほうがいいなら英語を使って聞けばいいし、ドキドキしちゃうなら母国語で聞けばいい。解決した後、どうするかをちゃんとすれば「母国語を使う」ことを懸念しなくてもいいような気が、Sunnyさんは、しています。(そう思えるようになった)

 

今までのSunnyさんなら、この文章を読んで「何甘えたこと言ってるんだ」ってなると思います。でも、それも正解だし、そうであるべきと思う、けど今のSunnyさんは「母国語でヒントをもらった後どうしようか」って考えるようにしている、それも正解。と思います。

 

思い切って会社を辞め、飛び出してきたフィリピン留学。だからか、余計に濃く感じています。フィリピンの生活等々は他の方のブログがたくさんあるので・・・。そちらで笑 hehehe

 

Sunny


関連記事

  1. ヲタクOne(51)今日東京に帰ります。自分の弱みが出て来た留学…
  2. 3D ACADEMY卒業しました!
  3. 私が留学しようと思った経緯 Vol.2
  4. 〜語学学校ってどんなところ?〜
  5. ヲタクOne(57)「外国人のお節介」留学期間延長も考えていたけ…
  6. 行ってきます!🙋‍♀️
  7. 【密会?!】あの人達と会ってきちゃいました!
  8. 【大公開】社会人留学生の1週間スケジュール

ランダム 運命の10記事

[気分転換に(*´-`)] アイルランドでリラックスタイムをトップ3!

みなさんこんにちは!桃です。前回に引き続き、アイルランド特集…

アメリカ留学

4大プロスポーツスポーツが好きで、毎日テレビなどで試合とかをやっていると種目にかかわらず見入…

モントリオールのFamous Poutines!

こんにちは!Akaneです。カナダの有名な料理ってみなさんご存知ですか。移民の多い国カナダは多国…

The National Gallery of Ireland

12日目 月曜日 雨がザーザー降りました。本日は学校前にアイルランド国立美術館(…

コテコテ関西弁英語講師の地中海留学〜ホストファミリーのはずれという考え方とマルタのホストファミリー〜

Hi, 宇野ちゃんです。みなさんホストファミリー…

~ShiiのHyggelog*~世界で一番幸せな国!

Moi!あっさごはん〜🍚先日、3月14日のホワイトデーの日に国連から20…

猫の飼い主を探して居ます。

今日は、お願い事を書きます。シェアしていただけたら幸いです。なんとしてでもみつけたい…

留学直前:羽田空港にて

7代目カナダoneのかみです~ブログ更新にだいぶ間が空いてしまいました。…

第13章 カナダでワーホリ、仕事を探す話。

こっちに来て2週間が終わりました。早いのか短いかわからないけど、無事終わっていくなという感じです。1…

hawaiiでいきたいところ~ShiiのHyggelog*~

ご無沙汰しています(*`艸´)8代目ハワイOneのしおりです。体調崩してからの色々な…

ブログ奨学金留学GEAR

  

  

留学GEAR

campaign One porect オンライン英会話AIU保険t@biho保険

国別の留学情報

週間人気記事ランキングTOP10

  1. ダブリンのクラブ事情とよくある勘違い🇮🇪

    以前にもダブリンのオススメなクラブを紹介致しましたが https://ryugaku-gear.com/2018/06/emiishigeta/...

  2. ブログの収益ってどのくらい🧐

    アイルランドに来てあっという間に半年経ちました🇮🇪 東京で暮らしているベースと何ら変わって居ないので(レコ屋行ったり映画館行ったりな毎日) ...

  3. 【英語学習者必見!】シャドーイングに使えるアプリ3選

    Monolでの1週目が無事終わり、ほっと一息ついているMinaです! 自己紹介はこちらの記事を読んでくださいね:) 👉Mi...

  4. ベルリンのクラブ事情と闇。

    先週は日本のお盆休みとおんなじで。 ダブリンの学校も1週間お休みとなりました。 せっかくなので、お近くの国ドイツはベルリンに行ってきました🇩🇪...

  5. ワセジョ、羊飼いになる??? -Part 52 ブログの収益はベジマイトいくつ分???-

    こんにちは、Kanarisaです( *´艸`)💛 よくインスタグラムやTwitterで質問があるブログの収益について 今回はお話しようと思います!...

  6. [#留学] 夏休みの宿題を溜め込むタイプは留学で失敗する

    Hi     オクラは英語でOkraなのが可愛いと思うKetaです   前回、前々回と「ラ...

  7. トロントからモントリオールへ【メガバス】カナダの格安移動バス

    かみです~     まだまだ月半ば。 すでにピザを3回も食べ、留学すると太る理由を日々実感しています。 ...

  8. スペイン美男美女問題!!

    こんにちは RIKA です!!     留学に=ではない記事ですが。   私が外人好...

  9. [#留学] ホームステイで繰り広げられる最強の頭脳戦 ~しょくぱんマンは2枚目~

    Hi     どんな上の句にも、「ころもほすてふ あまのかぐやま」の下の句がしっくりきてしまうKeitaです。 ...

  10. 【永久保存版】男女別・海外の靴サイズ換算表(一覧表)

    永久保存版 海外での靴のサイズ換算表(一覧表)!!   こんにちは、はろです。 僕は、日本から靴を2足持って来ました。ブーツとスニーカ...

PAGE TOP